茶栗鼠の映画評論 フォーカス:Focus

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォーカス:Focus

あらすじ:
人の<視点(フォーカス)>を自在に操ることで相手を手玉にとる超一流の詐欺師ニッキー(ウィル・スミス)。彼は30人もの詐欺師のプロを束ね、カジノ、高級ホテル、ストリート、フェスティバルと様々な場所で、チームプレイ、頭脳戦などあらゆる手段と華麗なる手裁きで大金を稼いでいた。だがある日、ニッキーは美しい女詐欺師ジェス(マーゴット・ロビー)と出会うことで、人生の計画が狂い始める。ジェスの懇願により、ニッキーは未熟な彼女をチームに入れ、プロの詐欺師として育てる。メキメキと上達する彼女とニッキーはやがて師弟関係を超えた関係となってしまう・・・だが、大きなヤマに勝った後、彼はジェスに大金を渡し、別れを告げ、忽然と彼女のもとを去る。数年後、ニッキーはブエノスアイレスのモーターレース会場に一世一代のプロジェクトを仕掛けていた。しかし、そこには見違えるようにゴージャスになったジェスが現れたのだ。かつて愛した女の登場で揺れ動くニッキー。大金がうごめくモーターレースの世界の光と影。果たして、このプロジェクトは成功するのか?彼女の真の目的は?そして、2人の運命は?騙すか、騙されるかの二択しかないこの世界で、最後に掴むものとは・・・!?
26732_l.jpg

オーシャンズシリーズに、ウィットに欠ける生ぬるいロマンスを混ぜた代物。
トリックもいきあたりばったりの、事流れ主義。
ヒューマニズムのない薄っぺらな人物造形も、時間の流れを緩くしたのかも。
音楽もソダーバーグもどきで、一流とは言えないだろう

じゃあ、百歩譲って、詐欺映画としては優秀だとします。

それでも人間性のない映画って、見る価値ありますか?
その痴情の縺れがかなり重要な要素なのにもかかわらず、前半後半にわて、その所為でテンポががっつり悪くなるのは如何なものだろうか。

見なくてもいいとは思いました。
ウィル・スミスの脚本選びは置いといて、これは映画全体のクオリティが低く、驚かざるを得ない。

10点。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あはは、酷い映画だったみたいですね。
詐欺師を描いた作品って、犯罪者に感情移入させなきゃいけないのと、観ている人は騙される気持ちよさを期待してるという点でハードルが高いかも。
ウィル・スミス主演と聞いても、最近はあまり食指が動かなくなってきました(汗)

ところで、来月は冬の恒例ファンタジー企画がやってまいります。期間は2週間後の2月12日(金)からなので、よかったら観たい作品を選んでおいて下さい。
来月も映画を楽しみましょう♪

No title

宵乃さん、コメントありがとうございます。
ウィル・スミスも一時と違い、低迷しているような印象はぬぐえないですね。
詐欺師映画としても、はやり楽しめないのは事実だと思います。


ファンタジー映画、いいですね^^
ちょうど『インサイド・ヘッド』を見るタイミングを逸していたので、借りてみようかと思います!
プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。