茶栗鼠の映画評論 キングスマン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キングスマン

映画は見ていたんだけれど、会社の登用試験が間近だったので、ブログはあげれませんでした

まぁ、先の件で処分として登用試験は受けられなかったけどネ!
(なのでブログを更新しております)

51BUxiiTeYL.jpg
あらすじ

ロンドンにある高級スーツ店「キングスマン」は、実はいかなる国の干渉も受けない屈指のエリートスパイ集団だった。ブリティッシュスーツを小粋に着こなす紳士ハリー(コリン・ファース)もその一人で、日々極秘任務の遂行に務めていた。そんなある日、仲間が何者かに暗殺され、彼は街で不良少年エグジー(タロン・エガートン)をスカウトする。

感想を言うとすれば、私的には好きな作品だった、という事です。
これが、良い映画、悪い映画となると、正直、よくわからない。
ただ、映画好きの男がずぎゃん!となる程、ツボを押さえてくれている。

良かった所
・どっかの国の王妃が性に対して大胆なロザムンド・パイク似だった。
・下手な家族ドラマや恋愛要素を省き、英国紳士と面白ガジェットの応酬は面白かった

20150826233936.jpg

悪かった所
・R-15指定になるんだから、もう少し血が出てもいいのでは?
・冗談で「肩の荷を下ろせよ」という英語があり、それがかかった冗談があるのですが、字幕のせいで台無し。
・訓練シーンで強くなった感じがしない。
・アルティメットのシーンがもう少しあれば、主人公がもっと強くなるのに納得いった
・好きな人があまり出演してなかった。
ほかに特になし。

悪いところを結構書きましたが、それ以外にはほとんど完璧な作品です。
見る人を選ぶだろうけれど。

そしてやっぱりすごいなぁ、と思うのはコリン・ファースのアクションシーン。長回しするときに、若干、編集点が見えますが、それ以外は完璧なアクションに見えた。

90点
よかったです。
ただ残虐描写が嫌いな人はだめだろうね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。