茶栗鼠の映画評論 余命90分の男(原題:THE ANGRIEST MAN IN BROOKLYN)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

余命90分の男(原題:THE ANGRIEST MAN IN BROOKLYN)

「怒り男をしずめる方法」みたいな邦題であれば、延々と暴言を吐き続けていた所だったんですが、まぁそこまで悪くはない邦題ですね。

51TRnWbXBZL.jpg

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
あらすじ:2014年8月に逝去した、ロビン・ウィリアムズ主演のコメディードラマ。自分の命があと90分だと思い込んだ怒りやすくて嫌われ者の中年男が、それまでの人生で失ったものを取り戻そうとする。監督は、『フィールド・オブ・ドリームス』などのフィル・アルデン・ロビンソン。『ブラック・スワン』などのミラ・クニス、オスカー女優メリッサ・レオ、『X-MEN:フューチャー&パスト』のピーター・ディンクレイジらが出演。笑いあり感動ありの物語はもちろん、ロビンの滋味あふれる演技も見もの。

main_yomei90.jpg

ロビン・ウィリアムズが死んだんだから、もう評論はいいじゃない!
てな、感じ。
2014年のグーグル検索一位は彼じゃなかったっけ(多分、そう)

『ジュマンジ』の時からずっと大好きで、彼が義理の父親だったらなんとかやっていきそうな感じがするでお馴染みのロビンさんですよ(T_T)
家族愛と子供愛にあふれた彼と(晩年は別として)、幼少期をずっと過ごせた世代の茶栗鼠にとっては親戚の愉快なおじさんが死んだような悲しみがあるんですよね。
そりゃ、シーモア・ホフマンの時も驚きましたけどね。
彼との歴史がは長いんですよ。
私が小学校低学年ぐらいですから。
それが自殺してしまったわけですから。しかも、私が忌んで仕方ない首つり自殺で。

やっぱりさびしいですよね。
本当に。
高倉健さんはグーグルの検索何位なのかわかりませんが、なんでロビン・ウィリアムズの追悼番組がこうもないのかなぁ(別に高倉健さんが偉大じゃないと言ってるわけではなくて)

多分、こんな疑問を持ってる人ってずれているんだろうなぁ。
別にずれているからって、変じゃないんでしょうし、高倉健さん世代ではないっていうのもあると思うんですけれどね。

で、映画の評論です!
(え!? 今更ッ?)


2015-01-03a.jpg

良かったところ
・ピーター・ディンクレイジがいい演技をしている
・ロビン・ウィリアムズ節炸裂で、彼を見る分にはいらだちがない。
・彼の最期と重なる部分があって、泣きそうになる
・家族の愛的な昔ながらのやつはよかった。
・昔の所たまに思いだすんだが、そこもいい。
・彼が怒って、哀しんでいる所は、彼の死を悼む我々と似ている。

悪かったところ
・最後の主演作はもっといいのがよかった
・ミラ・クニスは『テッド』はいいけど、冴えないオヤジとすぐに不倫する感じが非現実的すぎ。
・それだったら俺もアリアナ・グランデとつきあるじゃん(何その理屈)

・笑えるところがそこまで多いかと言われると、うーん。
・最後がそこまで印象的じゃない

総評
・まず100点の映画じゃない
・彼の遺作としてみるなら、まぁ満足いくのでは?

65点

にほんブログ村 映画ブログ アメリカ映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


RIP:Robin Williams I love you so much. I can't imagine that I can't see you in new movie. I wanna be like you but I cant kill myself. Then I'm gonna think that you are still alive like me. Mrs, Agatha think like that, too.
Anyway thank you for grate time that your movie gave me.
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

茶栗鼠君、おはようございます☆

お久しぶりです☆
ブログ更新再開なさって、嬉しいです!

>彼が義理の父親だったらなんとかやっていきそうな感じがするでお馴染みのロビンさんですよ(T_T)

思い入れのある俳優さんなんですネ!
この行から数行で、よく分かりました。

私はそれほどでもないけど、
やはり一時期この方の映画を主に見ていた頃がありました。

この映画は未見ですが、ミラさんも好きなので、
いつか企画の作品か何かと一緒に借りて見たいと思いました。
鑑賞したら、またお話しいたしましょうネ~♪


.

No title

miriさん、コメントありがとうございます。
お久しぶりです。
社会人になってようやく余裕が出てきたので、再開いたしました。

>彼が義理の父親だったらなんとかやっていきそうな感じがするでお馴染みのロビンさんですよ(T_T)
そんな映画があったかは別として、そんな感じがするんですよね

幼少期は、J・キャリー、E・マーフィー、シュワちゃん達にお世話になった記憶があり、8~90年代に子供向け映画にでた人たちはやっぱり好きなんですねぇ。

ミラさんはいい役者さんで、「寝取られ男のラブ♂バカンス」が好きです。
この映画はなんとなく借りようかなぁ、ぐらいで見れば満足だと思いますよ^^
観賞されたら、お話ししましょう^^
プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。