茶栗鼠の映画評論 パラノーマン ブライス・ホローの謎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パラノーマン ブライス・ホローの謎

ギャグは意外と笑えるホラーコメディ
20130401195518.jpg

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

これってよっぽどピュアな人じゃないと感動できないですよねっていうのは思いました。
ただね、この勧善主義というか、「やられてもやりかえさない」のが素晴らしい! っていうのだけが、全てかというと違うと思うんですよね。
『悪魔を見た』的なエンディングも、茶栗鼠は好きですよ~
勿論、こんなストップモーション的な子供向けっぽいアニメをR18のグロエロ映画と比べるのは変な話ですが。
ただ、これが全てじゃないんだよなぁという気になってしまう。
特に大人は。
0554ff232ce61e4cc060f374a0c76191.jpg
平等とか平和とかを押し付けられている気がしないではない。

これで思うのがさ、子供向けのアニメって、主役が同年代かちょっと上じゃないですか。
上で20代ぐらい。
それで本作は何歳かぴんと来ないんだけれど、やっぱり『シュガー・ラッシュ』ってすごかったなぁと。
この主人公が逆に30代の冴えない男性だったら、かなり面白くなってると思うんだよ。
説教くさいところも立ち消えたんじゃないかと。
この少年に敢えて代弁させることによって、「最後の説教」の伏線をむりくりいれて、一日、もとい一晩で説教を完成させている。
それがなんだかなぁ・・・・・・。
良いこと言ってるんだけれど、友情もずっと前からあったもんじゃないみたいなのがあなぁ・・・
やっぱり、レビューを見ると、ハードルをあげてますね、皆さん。
これは、そこまでハードルをあげてみる映画じゃないと思うんだけれどなぁ。
ピクサーと比べるのは酷ですよ、正直。
しかも今なんて、ディズニー資本が加わってるんだから、期待値マックスでネームバリューも前評判もすごいんだから。
GALLERY009921_3.jpg
それでもノーマンの孤独は分かりやすいし、家族愛というテーマもまぁそれなりにはクリアしている。
ギャグも面白いし、悪がきはそこまで更生せず。
ただ、幽霊が見えている少年の話の割には、幽霊が出てこなかったね(笑)
ゾンビと数百年前の地縛霊のみ、な感じもしたかなぁ・・・

あと、家に亡くなったおばあちゃんがいるんですが、彼女の出番も微妙。
あったんだけれど、肝心なところではいなくてなぁ。
でも、その設定自体はかなり好きです。
おばあちゃんがずっと生きているなんて、いいじゃないですか。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。