茶栗鼠の映画評論 クローバーフィールド

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クローバーフィールド

はい、それでは皆さんに質問です。
明日はなんの日ですかぁ~~~~?















 二十四日は 「24 Twnty Four」の日!



 ごめんなさい。
 もうこんなことしか思い浮かばないのね。
 
 で、今回「ザ・フィースト」観るとか言ってたけど、明日からGEOが安いので(おいおいまたかよ)新作はお預けになってしまうでしょう。
 てか、誰かオススメ映画とかコメしてください;; 


 さて、今回の作品はみんな知ってる「クローバーフィールド /HAKAISHA」 
 なんか、 「GOZILA」みたいな感じが否めませんネ!

 内容
 日本への転属が決まり、赴任することになったロブ(マイケル・スタール=デヴィッド)のために、大勢の仲間たちがサプライズ・パーティーを開く。
 そのパーティーの最中、突然、とてつもない爆音が聞こえる。そしてなんか知らんけど爆発が起こり(ここはネタバレのため、禁止)ニューヨークの町はパニックに。
 そしてそのニューヨークの中、中間達と町におきざりとなったロブは、恋人サラを助ける為、外へと飛び出す。




  kuro-ba_R.jpg






 
 以下、ネタバレ。



 うん。
 別に怪獣ができても、茶栗鼠は別にかまわなかったですね。

 この映画はPOV(point of view)を採用している映画ですね。
 
 
 まぁまぁいい作品だと思いますね。
 でも、欠点をいうと、声がどうもね。
 吹き替えも息切れがダメ。字幕は聞こえずらくてダメ。

 別に、モンスターの格好とかCGは茶栗鼠はよかったと思います。

 しかし、最後にあの締めくくり方はなかったかもね。

 最初に


 ・・・・この映像は元セントラルパークから発見された物である。

 ってテロップが出たんだから、アレがナンだったのかっていうのをはっきり知りたいし。
 それと一回もPOV以外の映像が流れないのもダメ。 
 後日談が欲しいところですが、まったくありませんでした。
 それが欠点でした。
 
 それと血液感染がもういいナァって一緒に観てた人が言ってたんですが、うん。 
 ちょっともうその設定はねぇ。って想われるかたもいるんじゃないでしょうか。
 



 ですが、斬新な映画だったように思えますので、映画好きには必見ですね。 
 非常に面白かったという印象は少ないんですが、映画の歴史でPOV史上最初のアクションと言え、一回は必見かと。

 ※車に酔いやすい人は見ないほうがいいです。多分酔うでしょうから。

 
そんなこんなでWEBクラップお願い!!→にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ(別に思い出したわけじゃないヨ?)



 クローバーフィールドがなんだったのか、アレとはなんだったのか。
 最終的に説明はなかったんですが、それはそれでいいんじゃない?って思います。


 映画好きにはいい一品だと思いますので、81点で。
 オススメはできますヨ~
 
スポンサーサイト

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クローバーフィールド/HAKAISHA

『クローバーフィールド』  CLOVERFIELD 【製作年度】2008年 【製作国】アメリカ 【監督】マット・リーヴス 【出演】マイケル・スタール=...

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

映画館で観る方が面白かったです。うちの小さいTVではダメでした。続編で"あれ"のことも分かるでしょう(多分・・・ どうかな?)

「フィースト」、全然怖くはありません。むしろ爆笑です。定石をことごとく覆してくれるのがたまらなくおかしかったです。

リンクしていただいて、ありがとうございました。こちらも早速。
応援凸
またのぞかせていただきますね。

No title

Whitedog様

こんにちは、&コメ有難う御座います
「ザ・フィースト」はやっぱ旧作レンタルですかね。それなら。
この頃、いい感じに切り株がなくてちょっとビタミン不足気味?なわけで。
「テキサス・チェーンソウ」(ビギニング)で補給できたらいいナァ・・・
プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。