茶栗鼠の映画評論 素敵な相棒 フランクじいさんとロボットヘルパー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素敵な相棒 フランクじいさんとロボットヘルパー

こんばんは、茶栗鼠です。
えー、昔の記事とを見ると、近況+下に映画評
みたいな構成だったんですよね。
だからなんだよ、って言われそうですけれど、実際に茶栗鼠もPC画面を目の前に呟いちゃったわけですが(汗)、どうなんですか?
こうやって、誤字脱字にまみれた支離滅裂な映画評の上に、更にてんやわんやした近況を書き綴るにあたって、『下に続く』みたいなののほうがいいですか?
多分、不幸にもウィルスでなぜかこのブログがHPになってしまった皆さんにお尋ねしますけれど、この記事の構成でいいですか?
まぁ、答えはでないかもしれないですが。
さて、それでは本作はCM見て、面白そうだなぁって感じでかりたホームシアター的一作。

sutekinaaibo1.jpg

あらすじ: 宝石泥棒だったものの、最近では物忘れが激しい70歳のフランク(フランク・ランジェラ)。そんな彼を心配した息子ハンター(ジェームズ・マースデン)は、二足歩行ができ会話もする超高性能の介護ヘルパーロボットをプレゼントする。プログラムに基づき、常に親切丁寧にフランクに接し、健康改善に務め、やる気や生きがいを見いだすサポートをするロボット。意欲も体力も取り戻したフランクは、ロボットを相棒と感じるように。そして彼は、ロボットを巻き込んである野望をかなえようとするが……。

この映画の悪い所は、犯罪映画的な側面を持ちつつも、そこの詰めが甘く、終盤近くまで全貌を明かさないにしては、イマイチな点です。
犯罪計画自体はスティーブン・ソダーバーグとはいかないにしても、悪くはないです。見ていて楽しかった。
しかし、最後はしょうがないので、こういう流れになったような感じがして、見ていて、肩すかしを食らった感覚。
p17u5ai1ib1bbk1b5ubtbo8ksm67.jpg


それ以上に魅力的な点も多いです。
キャストもスーザン・サランドン、ジェームズ・マーデン、リヴ・タイラー。
低予算臭い本作で出てくるので、驚きます(笑)
しかもこのアシモもどきのロボットの登場があまりにも、張りぼて感が強く、ロボットは車のトランクから引きずり出されます。
このシーンのせいで、


ロボットの中には人が入っていて、最後にはヘルメットをかぽっと外して


「今回の老人はたやすかったぜ、へへ!」


と小男が出るような気もします。


それとロボットとの掛け合い。
これが面白いんです。フランク爺さんの偏屈な感じもそこまで嫌いではなく。
やはり家族と楽しめる娯楽作品かなぁ。
ただ、そうなると感動作、文芸っぽい雰囲気とは反するんですよね。

まぁ、これを一人で見るってきついです(・・;)
yjb_bor.jpg

これがさ、フランス映画だったら面白いと思うんですよね。
フランクとロボットが死んだりとか・・、そんな事になるんじゃないかなぁと。
最後の最後まで、なぜフランクがあそこに行ったのかわからない。
息子に強制されたのか、それとも自分から行ったのか。
それと、何故、ロボットのヘルパーをまぁまぁアルツハイマーが進んだ状態でつけられないのか。
説明不足かなぁと、思ったり。

75点
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>更にてんやわんやした近況を書き綴るにあたって、『下に続く』みたいなののほうがいいですか?

いいと思いますよ♪
でも無理にやることではないので、ご自分のお好きな方法で続けるのが一番だと思います。

この作品はタイトルは覚えてたんですが、何故か邦画のイメージがありました。
フランクじいさんなのに(笑)

ところで、今月もブログDEロードショーを行います。
作品名は「仁義なき戦い」で、ポールさんがリクエストして下さいました。開催日は6月27日(金)~29日(日)です。
実録ヤクザものでちょっと古めの邦画です。
よかったらまたご一緒しましょう。

Re: No title

宵乃さん、コメントありがとうございます。
それと告知もありがとうございます。

> >更にてんやわんやした近況を書き綴るにあたって、『下に続く』みたいなののほうがいいですか?
> いいと思いますよ♪
> でも無理にやることではないので、ご自分のお好きな方法で続けるのが一番だと思います。
ありがとうございます。
この構成のものがあるかもしれないです(笑)

> ところで、今月もブログDEロードショーを行います。
> 作品名は「仁義なき戦い」で、ポールさんがリクエストして下さいました。開催日は6月27日(金)~29日(日)です。
> 実録ヤクザものでちょっと古めの邦画です。
> よかったらまたご一緒しましょう。
指定暴力団数一位の県に住んでいて、成人式は一升瓶を持ち袴を着たオタクを忌み嫌う兄ちゃんと、売春婦以外の職業が考えられない花魁の恰好をした女性がうようよしている記憶しかないので(広島在住ではないです)、ちょっと抵抗がありますが、見てみます!
てか、もう借りました^^
プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。