茶栗鼠の映画評論 リービング・ラスベガス/Leaving LasVegas

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リービング・ラスベガス/Leaving LasVegas

100064_1.jpg
あらすじ:
退廃の街ベガスを舞台に、アルコール依存症の男と娼婦の短くも激しい愛の姿を綴る。J・オブライエンの原作を基に、「背徳の囁き」のM・フィギスが脚色・監督、それに音楽までも担当した渾身の一作。重度のアルコール依存症のために映画会社をクビになった脚本家ベンは、ハリウッドでの生活を処分してベガスへ向かう。そこで死ぬまで酒を飲み続けようというのだ。だがベンは街で出会った娼婦サラに惹かれ。やがて、ベンとサラは同居生活を始めるが……。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
感想:
よかったけれど、泣きたくなるようなシーンもなく、共感できるシーンも少ない。
娼婦が恋人になるもんんで、性的な描写に多少の息苦しさを感じることもあるだろう。
人生の苦節というものは、あちら側からやってくる。
そんな時に男は(女性は存じ上げない)酒を飲むもんじゃなかろうか。
勿論、アルコール中毒を肯定する気はないけれど。

そして良いポイントなんだけれど、ベンがサラと出会って、アル中を脱出するほどの邦画的10代向けご都合主義展開ではないところなんですよ。
これで大原櫻子さんにテーマソング書いてもらいたいぐらいですよ。
邦画だったらさ、新垣結衣さんはこんな役やらんだろう、と。
この陰鬱とした空気はさ、脚本臭さをも取り込む側面がある。
leaving-las-vegas-la-10-10-12.jpg
ニコラス・ケイジの演技は素晴らしかった。
惨めなアルコールがないと耐えられない中年男を見事に演じ切りました。
酒を飲みたくなる映画でも、恋愛をしたくなる映画でもありません。
しかしながら恋愛映画としては秀作だと考えられます。

ndyny.jpg

ただ、難点を言えば、最後が印象に残らなかったかな・・・・。
こと切れる、という雰囲気が強くて、凄まじさが感じられませんでした。
アル中の最期というものを、凄惨に描かないのは、ピンとこなかったかなぁ。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
75点
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。