茶栗鼠の映画評論 プレデターズ(Predators)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレデターズ(Predators)

4月5日に入学式なのですが、どきどきでしてます。

T0007548p.jpg
あらすじ: ある惑星にやって来た傭兵(ようへい)のロイス(エイドリアン・ブロディ)。ロイスをはじめとする囚人や軍人、工作員などから成る集団は、地球外生命体に選ばれた戦闘のエリートたちだった。しかし、実は自分たちが新種のプレデターに狩りの獲物として呼ばれたこと知り……。


全体的な印象としては、傑作や名作とは言い難かったです。
とはいえ、武器デザインや衣装がしっかりとしていて、B級のつまらない映画ではありません。

うーん、かなり愛着のある作品ですし、ロドリゲス監督も嫌いではなく、エイドリアン・ブロディもなかなかちゃんとしてましたので、最悪の出来とはいえないなぁ・・・と。
パート1・2から観てきましたし、『AVP』もちゃんと観ましたし(『AVP2』はかなり批判しましたが)、その体系で観ていって駄作と呼ばれるほどではないかと。
確かに、最終的にハリウッド的なハッピーエンドではない割に、驚きのラストではないので、ラストもあんまりはしまっていないです。
ちなみに製作側は『AVP』でもあったように、本作のシリーズ化を望んでいるようですので、ラストは仕方がないですかなぁ・・・・。


確かに、興行収入がふるわなかった作品でもあります。



豪華キャストの割に、ギャラが少なかったというお蔭で、黒字になった作品ですねぇ・・・。

ダニー・トレホ
ts.jpg
ロドリゲス監督作品常連で、『マチェーテ』の撮影もあったので、ギャラが少なくても文句がいえんかったのもしれないですね。
とはいえ、ちゃんといい味をだしていました。
実生活で麻薬にあったことや、刑務所に入った事のある経験が生かされているかわかりませんが、B級映画の雰囲気がでそうな人を起用しておいたわりには、まったく逆効果ではなかったですね。

laurence-fishburne-1.jpg
あと、やっぱりローレンス・フィッシュバーンは巧いですよね。豪華な感じがでました。娘さんの件でいろいろと、問題が山積していらっしゃるフィッシュバーンさんですが、あまり出番がなかったです。


img_1169206_32895112_4.jpg
で、一番違和感があったのが、日本のやくざ役の予想を上回る偏見。
 
日本人がTOEICスピーキングテストで全世界最下位というレベルだというのを知らないみたいです。

というか、日本人がまずカッコいい銃を持っているのに加え、持ち方が明らかに警察の持ち方だったり。

どうしてだか、いきなり裸足になったり。アフリカンでもそんなことにはなりませんよ。

第一、どんだけ指詰められてるんだよって話。そんな奴が暗殺を命じられたっていう設定なのが如何なものかと思います。

100423_PREDATORS_main.jpg
傑作ではなかったですし、最初の二作を大幅に上回れてはいないです。
それと最初の二作を上回るとか関係ないと思うんですよね。前作がどうだこうだっていうレベルの悪さではなかったかと。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト

テーマ : アドベンチャー映画
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プレデターズ  PREDATORS (2010年)

 △目が覚めたら落下してた。 そういう経験って誰にでもありますよね。  △アイデアはすごくいいと思うんだ、ほんと。舞台をチタマからプレデター星へ。パート1ありきで進む話。殺しのプロVS狩猟...

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

足跡から訪問させていただきました。
カラフルで見やすい楽しいレビューページですね♪
画像も綺麗ですねv-238

リンクいただきます<(_ _)>

B級大作?とでも言いましょうか・・

確かに、ストーリー的には特筆するべき所はありませんでしたね。
でも、『殺しのプロがプレデター星に集められ、お互いに狩りをして強い方が生き残る』という、設定自体は良かったと思います。要は演出力が足りなかったんだと思います。演出家がしっかりやってれば、もう少し面白く出来たんじゃないかと。あー、でもキャラ設定もイマイチだったかなぁ。トレホ兄貴の活躍をもっと見たかったです・・。
しかし、プレデター・マスクやプレデター・ドッグのデザインは非常に管理人好みです^^プレデターはマスクしてる方が男前(笑)

こんにちは!

以前のプレデター族は、ゲーム的に生物を殺して楽しむのではなく、真剣勝負を挑むことに誇りを持ってたんですけどね。今回は、長老プレデターに、さからった若者プレデターグループの犯行という感じですな。
ゾンビや化け物路線系の映画に当てはめた映画で、これはあまり面白くなかったです。

No title

mia☆miaさん、コメントありがとうございます。
ときどき、ホラーもレビューします。
miaさんのところもゴシックな感じで、きれいです^^。

こちらもリンクさせて頂きますね(>_<)。

No title

りとらさん、コメントありがとうございます。
ロドリゲス監督の当初の計画とは若干違う感じになりましたが、しっかりとよい設定が受け継がれていましたよねぇ。
もう続編が決まっているということらしいので、そっちにどうしても期待しちゃいますよね(>_<)。

トレホさんの活躍があまりないのは残念でしたよね。

No title

kinoさん、コメントありがとうございます。
なんだか「プレデター2」と『AVP』(パート1)はちゃんとプレデターが戦士的要素を持っていて、かっこよかったんですが、今回はどうも株が落ちちゃいましたよね(>_<)
たぶん、嫌な若者たちの仕業ですよね。

こんにちは

これは観てない・・・かな?
『AVP』とかなんとか『プレデター』関係のが多くて覚えられません。

>第一、どんだけ指詰められてるんだよって話。そんな奴が暗殺を命じられたっていう設定なのが如何なものかと思います。

ここに笑ってしまいました。洋画に出てくる変な日本人、日本の風習については、いつも怒りより笑いがこみ上げるタイプです。邦画にも外国についての間違ったイメージや、あえて間違えている場合もありますしね。

ところで、今月も「ブログ DE ロードショー」 のご案内に参りました。
初のリクエスト企画で選ばれた作品は・・・さて、何でしょうか?
こちらにてご確認ください→http://anoken.blog18.fc2.com/blog-entry-623.html

鑑賞日は4月8日(金)~10日(日)の三日間。都合の悪い場合は後日でも結構です。
今月も皆さんと一緒に同じ映画を観て、わいわい盛り上がりたいと思います。感想・レビューは強制ではありませんので、よろしかったらぜひご参加くださいね~!

また、引き続きみんなで一緒に見たい作品のリクエストを募っています。
どうかお気楽にリクエストください♪

No title

宵乃さん、コメントありがとうございます。
絶対にみると確約させていただくわけではありませんが、どうなるかわかりません。
入学式が5日ですし、そこらへんは忙しいので、見られなかったらごめんなさい。

こんにちは

プレデターが大きいのと小さいのがいるお話ですよね?
与えられる情報が少なすぎて、ちょっと苦しい感じでしたね。

ローレンスフイッシュバーンの散り方が残念すぎですが・・・・あんなものでしょうか(笑)

Re: タイトルなし

たかみやさん、コメントありがとうございます。

> プレデターが大きいのと小さいのがいるお話ですよね?
> 与えられる情報が少なすぎて、ちょっと苦しい感じでしたね。
何だかサスペンス的な要因を持ち出したみたいですが、
見ているこちら側としては、もう状況が分かってるもんで、見ていてつまらなかったですね。

> ローレンスフイッシュバーンの散り方が残念すぎですが・・・・あんなものでしょうか(笑)
うーん、彼はメインキャストじゃなかったんでしょうかねぇ。
確かに微妙な散り方で、すぐ去りましたよね(>_<)
プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。