茶栗鼠の映画評論 茶栗鼠の話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茶栗鼠の話

おはようから、おやすみまで、映画を観ている人に話しかける茶栗鼠がお送りします。


そういえば、高校を卒業したんですが、制服着た女の子ともう付き合える機会はないんじゃと思うと、そこはことなく悲しいなぁって思います。
もう付き合えないっていうか、もう付き合う機会がないっていうだけです。付き合ったことないです。てか、そんな時間ある? お金とかも。

あ、そうそう。ツイッターで返信してくれた方、ありがとうございます。大好きよ。

でも、もう高校卒業したから、制服じゃない人でも声かけてもいいんですかねぇ。。
まぁ、大前提である声かけはまだ一度もしたことがないので、その点は、茶栗鼠はそこまでじゃないので。

てかね、てかね、もう制服着てる子に話しかけたら『クリミナル・マインド』的な目で見られるのかなぁ・・。
だって、同い年とかもいるじゃないですか。(18歳)

可能性はゼロじゃないんですがね。

あと、明日明後日あたりに『アラビアのロレンス』の評論上げると思います。
なんかシネコンの企画で500円で観れました。
劇場は後期高齢者でうまっていて、しかも後ろには何かしらに障害のある人がいて、あり得ない所で笑っていらしたので、茶栗鼠は舌打ちしましたのよ。
何にも言わなかったり、怒ったりしないのは大人になったなァって思いました。


関係んですが、小さい美術館で働いている知り合いが、障害者手帳もった常連さんがいるって教えてくれました。その人は人のいない時間を狙って、パンツ一枚で来るそうです。お尻のところもやぶれているとか。まぁ、温かく見守らざるを得ないですね。害がない限りは。


そういえば、『フレンズ』っていうドラマで、マット・ルブランク演じるジョーイ・トリビアーニの名言を思い出しますね。

大学教授のデーヴィット・シュワイマー(『ラン・ファット・ラン』の監督)演じる、ロス・ゲラーが教え子と付き合った時の一言。



ジョーイ『おいロス。お前が90歳になった時を想像してみろ』

ロス『分かるよ。僕が90歳の時、彼女は80歳で、そんなに差はないっていいたいんだろ?』

ジョーイ『え・・・・・?

     違うよ。俺は、90歳になっても20歳の裸が思い出せるっていいたかったんだけど』


茶栗鼠、損してるじゃん・・・(>_<)。
とはいってもなー。
声かけって、条例で禁止されてなかった?
いや、なんか違いますね。

あとね、みんな、ブログだけで分からないと思うんですが、茶栗鼠は167センチの55キロです。
女子ともまともに話せます。
っていってもなぁ・・、『ウォーリー』とかも恋愛経験ない茶栗鼠が観ていいもんでねぇべっとかいう人間なんですよね。

もうちょっと、アブノーマル・アクティヴィティせんといかんのかな?



■邦題:ジャスティン・ビーバー ネヴァー・セイ・ネヴァー
ティーンエイジャーに大人気を誇るジャスティン・ビーバーの3D音楽ドキュメンタリー。
■配給:パラマウント
■公開:5月7日公開
観客の75パーセントが女性で、ほかの男性はゲイじゃなかろうかという噂まで(女性ンの割合はほんと)巻き起こした作品で、アメリカン・アイドルとしての地位を確立したビーバー君のドキュメント。



■邦題:アイ・アム・ナンバー4
特殊能力を持つ青年の戦いを描く。マイケル・ベイ製作、D・J・カルーソー監督の最新SFアクション。
■配給:ディズニー
■公開:初夏公開
正直言って、トレーラーを観ただけでラノベ臭の漂う作品。
中二病的な感じの作品をここまで豪華にするのは、アメリカンならでわの資本主義と、マイケル・ベイにあるようです。


■邦題:僕が結婚を決めたワケ
“不倫”をテーマにしたロン・ハワード監督の最新コメディ。
■配給:東宝東和
■公開:公開中(1月14日~)

『僕が結婚を決めたワケ』という、明らかにセンスどころか、意味さえ不明な邦題をつけられ、期待値が下がっている本作。
連綿と連なる映画をあまり観ない人であり、30代の独身女性にターゲットを定めているような邦題スタイルの石碑に、またもや汚いヘドロが塗りたくなれました。
どうやら、今日の茶栗鼠は正直なようです。
めったなことをいいそうなので、今回はこれでおひらき。

ロン・ハワード監督とヴィンス・ボーンという名作になりそうな感じもした作品(興行収入的には普通のラブコメ)。

それでは今晩も、茶栗鼠の駄文にひきずりこませてしまって、すいませんでした。
なにぶん、ブログの構成なんてものはないと思っていますので。
おやすみなさい。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。