茶栗鼠の映画評論 歌う大捜査線 THE SINGING DETECTIVE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌う大捜査線 THE SINGING DETECTIVE

卒業してから、何とも暇な日々が続いていますので、そろそろバイトの時かと思いました。
うーん、やっぱりツタヤとシネコンが無理だったのは痛手でした。
今度は地元のビデオ店にしてみようと思います。


          thesingingdetective.jpg
           B000TQ6H1G.jpg 
 かなり、見やすい映画だったわりに、とってもロマンチックで、レイモンド・チャンドラー風でもあり、97年の『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』も彷彿させる要素がある作品。
 近年ではわざと泣かせようとさせられたり、永遠と精神的不安定を理由に暗い気持ちにさせられたりしそうなものを、歌う探偵のお陰でとても中和されています。

 とはいえ、全面的に”歌う探偵”に対しての描写が少なかったという感想が、今回の映画を傑作と呼ぶに相応しいといい難いと思います。




 ちなみに、メル・ギブソンが製作にも参加しています。近年では監督業もしていたわけで、驚きではないですね。
        the-singing-detective.jpg
        冒頭にIcon Productionのアイコンがでてきます。メル・ギブソンが仕切っている製作会社です。
  いま思えば、メル・ギブソンのメイクも酷いものがありますね。 




 
 賛否両論なのようですが、ロバダニのメイクは非常に素晴らしかったです。しかも、メイクをしているときには、実際に肌が負けそうになったwけですね。

         thesingingdetective5.jpg
         エイドリアン・ブロディはかなり有名な役者ですが、本作は『戦場のピアニスト』(アカデミー賞受賞作であり彼の代表作)でオスカーをもらう前の撮影という理由があります。しかしそれにも、ロバード・ダウニー・JRが麻薬中毒から脱却して初の作品というわけで、有名な俳優たちがそろったわけですね。



     TheSingingDetective-postr.jpg 
     そして本作は小説と現実が融合、または混同されて、終末を迎えるわけですが、その際に”歌う探偵”もでてくるわけですね。その時が唐突すぎたと思いました。
 しかし最後にいきなりでてきたというわけではなく、彼が本当の主人公であるダン・ダークであるのかがわからない、というのは本作の謎ですね。その謎に対するもやもや感が、どことなく名作か傑作と呼ぶにふさわしい感じがしなかった気がします。



 しかし、素晴らしい音楽と、創意工夫を凝らした撮影はかなりよかったです。最高レベルでした

    singingdick_20110305002534.jpg
    で、分からなかったんですが、ロバード・ダウニー・Jrが本当に唄っているのですね。知らなかったです。後撮りとか吹き替えもあるかもしれなかったですが、エンドロールで流れる美声はハッピーエンド感を醸し出してくれましたし(最終的に製作側は謎や不安をのこしつつ終わらせたわけですが、ハリウッド的にハッピーエンド様式を採用した)、予想を上回るロバダニの声にも感動でした。
 

 そして何よりも驚いたのが、35日という『SAW』的撮影スケジュール。驚きました。
  
 一見の価値のあるいい感じの映画でした。
 
事件は解決した。にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト

テーマ : 今日観た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。