茶栗鼠の映画評論 トロン:レガシー Tron Legacy

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トロン:レガシー Tron Legacy

           バイトの面接は落ちました。
           角川シネプレックスに媚を売る暇はなかったのですが、ざんねんです。
           なのでTSUTAYAで面接してきました。
           明日も違うツタヤの店の面接にいきます。

tron_legacy_3-piece-poster-4.jpg

トロン観ました。
前作、『トロン:レガシー』からかなり時間がったっていて、いろいろと世界観にのめりこめない人も多いでしょうから、映画人口の少ない日本では興行収入が稼げなかったようです。

全面的に明るい感じがしなかったです。
Daft Pankが音楽を担当しているので、当然と言えば当然ですが。

TRON_LEGACY_20110202231142.jpg
あららすじ:エンコム社のCEOとなったケヴィンの謎の失踪から20年後。27歳に成長した息子サムは、父の友人アランが父から謎のメッセージを受け取った事を知らされる。手がかりを求めて父の経営していたゲームセンター跡を訪れたサムは、起動していた物質電子変換装置によってコンピューター内部世界へと送り込まれてしまう。

というか、『トロン』を観てない人にとって、物質電子変換装置の説明のないと、何が何だかさっぱりみたいです。そこがディズニーにしては珍しかったかなぁと。

また前作を観て、アラン役の人が似てるなぁ・・・・、よく探してたなァ・・・と感心しましたが、続騰しました。
ちなみに、ケヴィン・フリン役のジェフ・ブリッジスですが、近年で最も面白かった西部劇と称される『True Grid』に主演に加え(イーサン&ジョエル・コーエン監督作品、『勇気ある追跡』の二度目のリメイク)、『クレイジー・ハート』(2009年)による5回目のノミネートで第82回アカデミー賞・主演男優賞を受賞した経歴、といいかなり躍進していらっしゃいます。
jeff-bridges.jpg
今年、または来年は頻繁に見かけるかもしれないですね。

本作が視覚効果賞にノミネートされなかったのは茶リスとしては、年寄りばっかりのアカデミー賞会員『トロン・レガシー』についていけなかったといわざるを得ません。
3Dですが、確かに3Dの方がリアルでよかったです。半ばで右目がずきずきとしてきましたが、それでも3Dはよかったと思います。ちなみに、目薬がいるかもしれない、としてもです。

それとちょっと皆の同意は得られないかもしれないですが、ギャレット・ヘドランドじゃなくても良かったと思います。
他に誰かいる?って訊かれたら返答に困りますけれど。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト

テーマ : 最近観た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。