茶栗鼠の映画評論 トロン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トロン

茶栗鼠です。
『トロン:レガシー』を観に行きました。リメイク作品はオリジナルを観たいタイプなので、一応、『トロン』を観てみました。
 うーん、どうでしょう。
 

 toron.jpg

 いやぁ・・・、全面的にCGと思えないクオリティの映像に参ります。『トロン:レガシー』を観た後にこれを観ると何かしらの拒否反応を起こしてしまうかもしれないほどです。 
 なので年代順に観ていくといいと思います。
 
 あと、ハリウッド的なものがないです。どちらかといえば、ディズニーアニメの匂いがします。しかも古い奴。 
 で、tron_movie_image_light_cycles__1_.jpg
 
 それと『トロン』では、トロンが全面的に活躍します。
 で、ケヴィン・フリンがそれを助ける、と。
 
 全面的にストーリーが希薄といわれています。賛成です。世界観とかがあるようで、そこまで感心できない一面もあったりします。それで『E.T.』に興行収入で負けちゃったわけです。
 
 それと、ラスボスが変です。何だか、ネバーエンディングストーリーの匂いがしてきます。
 レトロチックなのはいいかもしれないです。 
 でも、全面的にあり得ないCGの使用方法によってモチベーションをそがれるかもしれないです。
 

tron-1982-cindy-morgan-jeff-bridges-pic-4.jpg

 本作にはストーリー性がない、といわれるかもしれないです。確かに驚かされたこともありますし、幻想的かつ独創的発想があります。しかし無駄に色恋沙汰とか、いささか強引かもしれない協力プレイ、ちょっとどうなってるのかわからないプログラムの感情。
 いまこれを劇場でやって、人がわんさかくるかといわれれば、賛成できない部分もあります。昔の映画をデジタルリマスターして上映するっていうことになって、うーん、呼ばれるかどうかですね。
 いまになって突っ込みどころが多いように思いますが、映画自体の質はまったくわるくないので、興味がある人は観てみるといいです(新作の前に、ですけれども)。

End of line-セリフの終わり-(製品の生産・製造終了、販売終了、サポート終了などの意味で用いられる。本作ではMCPが使います)→ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト

テーマ : 今日観た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

No title

オリジナル【トロン】じゃないですか~~~(´∀`)!!
これ、観てみたいんですよねえ。

私もリメイクを知るとオリジナルを観てみたくなっちゃう派。笑
なんだか気になりますよねっ(´ω`*)

・・・それにしても映画のCG技術とはやはり凄いものですね。
オリジナルが制作されたのが80年代。
そこから30年でこんなにも進歩するとは・・・!!

いやはや、私たち、素晴らしい時代に生まれたものです(´∀`)笑

No title

タシキさん、コメントありがとうございます。

なんだか、GEOとTSUTAYAでは新しいパッケージのやつを輸入しておりますね・・・・・。
CGはマトリックスを基準としているんですが、あれが1999年製作なのにこの映画は・・・・とか思ったりしています。

この30年間の進歩はすさまじかったですが、ちょうどいまが3D転換期ということで、嬉しいですね。

21世紀初頭万歳(`・ω・´)!
プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。