茶栗鼠の映画評論 『HOSTEL2』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『HOSTEL2』

隊員「いよいよだな」
チャンドラ(以下、チ)「え?何がですか?」
隊:「何がって、GEO80円連続日の」
チ:「ああ、そうでしたね。いやぁ、何かりようか迷いますね。うん」
隊:「この話さ」
チ:「長月さんとこのパクリじゃないですよ?」
隊:「分かってるよ『南青山少女ブックセンター』(桑畑さん)のブログのパロなんだよな?そうじゃなくて、あれだ」
チ:「とうとう、H君、退学になっちゃいましたね」
隊:「いや・・・・・、は?何で退学なんだ?」
チ:「タバコもって、カンニングして、またタバコが見つかったんですよ(実話)」
隊:「このごろの学生は厳しいな。てか、この前も一人やめたろ」
チ:「そうですよぉ。もう24人も目じゃないですよ」
隊:「なんだ、それ。教師がいい女だったら、「二十四の瞳」とか言いだすんじゃないだろうな」
チ:「12人でしょ」
隊:「は?」
チ:「24人いたら、瞳は48個です」
隊:「で?」
チ:「いや、」

 ジュク

チ:「いったぁーーーーい!え?なに?抓ったの?いや、血が!血が!」
隊:「それは・・・・・・この先の評論の序章にしかならなかった」
チ;「何?僕、売られたの?」
隊:「つーか、1作目が最初だろ、普通」
チ:「いやぁ、感覚的に」
隊:「ネオも分からんよ。その感覚」
チ:「う~ん、じゃあ、評論、乗せときますか」
隊:「じゃあ、また終ったら」
チ:「はぁーい。えーと、評論は ≪映画ブログ!≫から抜粋させていただいた、ホステル2レビューです」

main_20080912211547.jpg










 「ヒルズ・ハブ・アイズ」 がなく、「俺たちフィギアスケーター」も借りる気がなかったので、あえなくこれになったんです。
 で、R-18指定なのか、そうじゃないのかはさておき、一言イイカナ?
 日本人はァ、



 鎧なんてェ、 
 




 置いてませんから!
・・・・・タラちゃん貴殿、日本嫌いダロ。
 
 どうしてすぐにが出てくるのカナ!?
 しかも豪華に。でもまぁ、「ハンニバル・ライジング」では置いてなくてよかったァ、って


 飾ってるし! 
 以前、述べたように、「モテる男の殺し方 」とかにも、ブルターニャの民族衣装(この比喩は冗談です)よりファンキーな格好してた日本人が出てて、あの人はキれてしまいました(「あの人」については、後日説明するとして) 
 
 まぁ、今回の内容です。
 美術大学に通う女子大生。
 彼女たちはプラダへ行くつもりが、つい、
「スパ入りたぁい」
 という理由で、スロバキアへ。


①.そんなこんなで、以前と同じパターンへ。
②.新しい追加要素として、受付の人も一味らしい。
③.志望フラグ立ってる人が、血をたらたら流しながらころされる。
④.かなり世界規模でビジネスをしているらしい。
⑤.「デスパレードな妻たち」から、ジョージとザックのお父さん出演
⑥.そんなこんなで、拷問される女子大生を描く。



とまぁ、こんな感じのパターンです。


いや、ジョージ出てるし!

本国アメリカでも人気な「Dethpared wives」。
それはいいとして、で、実際のところ、面白かったのかというと、実はそうでもなく、じゃ逆に最低の駄作だったのかというと、そうでもなくて。
 日本の映画誌がすっごい残虐だって言ってから、戦いてたんですが、そんなこともなく、ただ
「わ~」みたいな、
「ぎゃー」みたいな、
お決まりの感じでした。
 で、なんだか最後がねぇ。 
以下、ネタバレ。
 というか、一話で折角生き残ったアノ人は戦闘シーンもなく首をバッサリ。
もう少し活躍が欲しかったのは事実。 「300」みたく、最後には戦い抜いて、絶望的ななかでも敵をなぎ倒して、的な事がよかったかもしれないですね。
 さて、それで、この映画の最後なんですが、平たく言うと、日本映画の駄作にこんなのあったナァと思いますが,正直、最後があまり好きじゃない。

 私は最後のワンシーンを重視するので、あまりこれはいい感じじゃなかったです。
 
 切り株がすきな方はどうぞ
 

 ジョーイ(仮名)の彼女が助けに来るのかと思ったのに。
 そんなこんなで、60てン。


 ほんと、どうでもいい話です。まぁ、一押ししていただいたら、こんな茶栗鼠も嬉しいです→にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ




 隊:「あ~、このガム不味い」
チ:「食べすぎですよ」
隊:「バカ。ガムで太ってたまるか」
チ:「だって、おなかゆくるなりますよ」
隊:「ガンジス川の水のんでも私は平気だ」
チ:「あれは排水ですよ」
隊:「は?
チ:「あれは聖なる川としてあがめられているから、遺骨を流したり、葉をみがいたり」


 うぃ~~~ん


チ:「ちょwwwwww、ダメ、抉れる。脅してたら、間違えてザックリいっちゃう!」
隊:「川をあがめてどうする。変態じゃないのは分かるが、まず説明しろっつんだよ」
チ:「何でそんなにそれ回転速度はやいカナ!?」

隊:「ロリコンに生きる道はない!」
チ:「遠いところ視ないで!つーか、ロリコンじゃないでっすって」
隊:「お前 I LOVE A wilsonって言ってたじゃないか。ええ?ダコタ・ファニングがすきなんだろ?」
チ:「違いますよ。堂真理子さんとか、蒼井優さんとか好きですよ」
隊:「
チ:「嘘だ!!!!とか言わないでくださいよ?」
隊:「っクソ」
チ:「ちょっと、どこいくの?椅子に縛り付けて放置?ねぇ!ねぇってば~~~」



 PS.アヤカ・ウィルソンとD・ファニングは別として、堂真理子さんとか蒼井優さんとかすら分からない人はごめんなさい。
Deriba fadj from abbrerr silent koming rom by茶栗鼠
スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。