茶栗鼠の映画評論 INCEPITON【インセプション】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

INCEPITON【インセプション】

茶栗鼠です。
もう日本史とか捨てて、TOEICに備えたいです。
というか、体育祭があるので、一日ずっと練習です。厳しいんじゃないんです。統制がとれてないから、時間がないんです。
『熱射病に気をつけて、予防するように!』とかいう話を炎天下の中、30分ほどするというぐだぐだ感(>_<)く

うん。




 お前、さき言っとけよ。(体育館とかで)


そういえば、スマスマっていう番組があるじゃないですかぁ。あれでね、月一ゴローっていう企画があるんですよ。
稲垣五郎さんが、なんか映画のランキングを発表するんですが、
『レポゼッション・メン』が五位、
『ローリングストーンズ』4位、
『踊る大捜査線3』が3位、
『トイ・ストーリー3』二位、
『インセプション』一位


まぁ、妥当かな。
(↑茶栗鼠の方が映画目はあると思います)


inception_photo0.jpg

最初のシーンで日本人がでてくるんですが、英語ではなかったのでびっくりしました。
『え!? 吹き替えだったの!?』と目を見開きましたが、ノーラン監督が日本語を話させてたみたいです。

それと夢では、一回だけビルから飛び降りた事があるんですが、ぜんぜん痛くなかったし、というか死ねなかったので(4階ぐらい)。

それとコブなんですが、理想的な父親になれるのに、なれない感じがいいです。

あとですねぇ、劇中でサイト―が航空会社を買うんですが、アメリカは商業が発展しているために、何本もエア・ラインがあるので、日本人からしてみると面白いです。
さて、コブの父親役に教授がでてくるんですが、それが誰だかわからないです。ちなみに『バッドマン』シリーズのマイケル・ケインです(執事)。いろいろ出てますが、分かりやすくはないですよね。



すごく緊張感があったです。
銃撃戦でありがちな、銃弾が当たらないというご都合主義が頂けない箇所以外、茶栗鼠はもう完璧!といわんばかりに、見惚れていました。

それと、劇中で中堅でも素晴らしい俳優が多いですね。

img_604991_11396643_2.jpg
ジョセフ・ゴードン=レヴィット
ディカプリオと同じように、子役から出世したタイプなんですね。
でも、名前が長いので、たぶん日本では口に出さないでしょう。日本の映画メディアは、よく舌をかむ人か、舌が千切れてる人か、友人の復讐が復讐のために自分の娘を拉致したので舌を差し出した人じゃないかと思います(最期は映画ネタ。でも、いい俳優さんだし、キャリアもあるからね。)

それと言うまでもなく、エレン・ペイジは渡辺謙よりも給料が高いはずです。

060727hardcandy_inter_sub2.jpg

2007年の『JUNO』ではアカデミー主演女優賞ノミネート
ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門)ノミネート
英国アカデミー賞 主演女優賞ノミネート
といろいろな賞にノミネートされてハリウッド進出を果たしましたね。

前観た時はかわいかったんだけど、なんだかいまはインテリジェンスな感じがあります。

それと夢の中での音楽が緊張感たっぷりでした。


『The time you go』『もう十分だ』(ちなみに、聞き間違えがあるかもしれません)にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト

テーマ : インセプション
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。