茶栗鼠の映画評論 近距離恋愛

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近距離恋愛

いろいろありますが、茶栗鼠は元気です。
さてさて、こんな恋愛を誰もがしたいと思うでしょうね。
若干、金持ちめ! と思ってしまいますが、ロマンチックな映画ですしね。

made-of-honor-poster.jpg

あらすじ: トム(パトリック・デンプシー)とハンナ(ミシェル・モナハン)は大学時代から10年もの間、一緒に食事をし、悩みを打ち明けあう間柄を貫いてきた。しかし、ハンナがスコットランドへ6週間の出張に行った間、トムは自分の恋心を自覚し始めるように。彼はハンナへの告白を決意するが、帰国した彼女には電撃的に恋に落ちた婚約者がいた。

全面的な意見としては、典型的なラブコメ映画です。ですけれど、ああ、これ観たなぁとか思わせてくれます。
とはいえど、非常にユーモアに富んで、面白いです。
彼の父親の結婚遍歴や、『奥さまは魔女』的なストーカーや、元カノが花嫁付添人仲間だったり。
それとこの手の映画で、コメディ要素のある映画で印象がいいタイプなのは、最初にでてきた変なキャラクターやらが後になって出てきてくれるのはうれしいです。それの方がハッピー感がありますしね。

それと、イギリス人の人が言っていましたが、『ダイハード』とか、アクション映画を観てでてくる悪役が話すのはイギリス英語だったり、南米英語だったり、自国以外が悪役になるのは新鮮味がないと思われるかもしれません。
まぁ、外国から。
ちなみに、『24』とかでの悪役が中国人だったりもしましたが、あれは日本人への目線として影響があるんじゃないでしょうか。

俳優さんですが、パトリック・デンプシーは新顔でした。茶栗鼠にとって、ですが。
1236355158991_f.jpg
かっこいいのに観ませんね。茶栗鼠だけ?
日本人にはあまり馴染みがないかもしれません。『グレース・アナトミー』を観てないと。それと『ウィル・アンド・グレイス』という、非常に面白いアッチ系なドラマがありましたが、それにもでているようです。
それでも、かっこいいですよね。
ラブコメでもっと稼いでもいいように思います。
ヒューグラントさんみたいに、シェアを決めたらもっと映画に出演してもらえるかなぁと期待してます。


ちなみに、パトリックさんは、ディスレクシアという病気にかかっているそうです。ちなみに、トム・クルーズやオーランド・ブルーム、アンソニー・ホプキンスも同じ病気を持っているそうです。(英語: Dyslexia、ディスレキシアとも)とは学習障害の一種である。失読症、難読症、識字障害、読字障害ともいう。1884年にルドルフ・ベルリン(Rudolf Berlin)によって報告され命名された(BY Wikipedia)。

それと女優さん、ミシェル・モナハンさん。
よく見ますねぇ。michelle-monaghan-20070525-261027.jpg
『イーグル・アイ』や『ライラにお手あげ』『Mr.&Mrs. スミス Mr. & Mrs. Smith』『M:i:III Mission: Impossible III 』にも出演しています。
 『ライラにお手あげ』では、すごくいい印象でした。
 さばさばしている割に、理知的な感じがします。それはオントシ、34歳ですが、いつまでも奇麗そうですね。
  

 large_made-to-honor.jpg

非常にコメディ要素の高い作品でした。
あと、茶栗鼠はあまりラブコメは観ないので、焦らし効果が新鮮でした。それでもその”焦らし”のテンポがいいので、非常にいい評価を得たようです(興行収入的に)。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Welcome Back♪

久しぶりのレビュー、楽しませて頂きましたvv
ミシェル・モナハンさん、お綺麗な方ですね~。
というかこの画像が素敵です☆

それとほんとに遅くなりましたが、18歳になられたのですよね?
お誕生日おめでとうございました!
(お引越しで大変でしたけど、ちゃんとお祝いできました?)

No title

あけぼのさん、コメントありがとうございます。
ミシェル・モナハンさんはあまり役柄を固定されていない、いい女優さんだと思います。
はい!ちゃんと18歳になれて、ちゃんとR指定の映画を借りられるようになりましたヨ。(フランス産のホラーとか・・・)。

うーん、誕生日は前々からそこまで祝ってなかったので、そこまで大差はなかったですが、夕飯はおいしかったです(漬けとからあげ。栄やのホールで500円なのにおいしいチーズケーキでした^^)
プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。