茶栗鼠の映画評論 『ウルトラ・ヴァイオレッド』 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ウルトラ・ヴァイオレッド』 

 なんか、こう、この頃、お得意のコメディがないよね。茶栗鼠のところ。
 この頃、良作に恵まれない所為か、コメディがあまりありません。
 つーか、コメディ1作しかないじゃん。
 
 はぁ・・・・。
 あ、そうだ!とかいいつつ、映画ランキング94位!
 こんな人の出入り少ない(十台じゃん、いっつも)サイトで、ランキングの底辺で蠢動していないということは、押してあげてるかたがやっぱりいるっぽいです。→にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
  やたー!そしてありがと~(ヒロ・ナカムラさんの隣にいる人は中国人です)。
 


 ミラ・ジョジョヴォヴィッチ主演作。


 
 324443view016.jpg



 
 うん。分かってたヨ?
 どんな映画かってね。
 
 いや、茶栗鼠は映画好きなもんでね、なんていうか、大きな穴ばっかりが気になってしかたないんですよ。
 大きな穴っていうのは、ストーリーの欠如なんですがね・・・・・

 や、面白くなかったとかじゃないって言えんが、美麗なCGじゃったね? 
 
 内容。

 
  病気に感染された人間、ファージ。彼らを滅亡させようとする人間。
この映画の見所。
屋上で中国語話す日本人との格闘シーンでは、銃を使わず、たれた玉を避けその流れ弾が敵にあたるようにするという

 ・・・・・正統派!!

 ・・スゲェ。


銃を撃たない敵。 
そして撃たれてもあたらないミラ

囲まれたら剣を持って一回転(そして皆殺し)。

銃を撃たない敵。


 軽く、重力無視。

銃を撃たない敵!
 
  324443view007.jpg

 
 子供を助けるため、どうしてだか墓場にいき、知り合い二人に遭遇。そして
「俺はお前より力は強いぜ」
「俺を見くびるんじゃねぇぜ」
 などと嘯かれながら、
ポニーテールで首を絞められ、レゲェ(髪型)で首を絞められ、十秒台で殺害。
・ ・・・正統派ぁ。


 そして出てくる「プリズン・ブレイク」の悪徳FBI捜査官!

 なんでしょうか。何で出演したんでしょうか。J・トラボルタの「パニッシャー」的なアレでしょうか。 
 
 大体この監督、 『リベリオン』がガン=タカにヒントを得たとか喚き、
 今度は新体操にヒントを得たそうですヨ。
 どうしましょうね!
 世間の風評もプロモ映画と呼ばれ、ストーリーに関しては笑えてしまう一筋。
 最後のシーンに至っては意味が分からないし、 『パニッシャー』みたいな事を愚痴り終わる。


 あと、少年との交流みたいなのが描かれていますが、はっちゃけた話、どーでもイ-です。 

 あれ?無理があるんじゃない?って思わざるをえないけど思ったら負けな映画でした。

 しかしこんな事を言うと、一年の歳月をかけてオリンピック選手並の運動をしたとか言ってる、ミラさんに申し訳ないです(まぁ、茶栗鼠は悪くないけど)。
 
 9点。
 
スポンサーサイト

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こいつは「グロリア」のリメイクですね。
…ぶっちゃけ前作のほうがいいです。SF設定もないし。
プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。