茶栗鼠の映画評論 ファイナル・デッドサーキット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイナル・デッドサーキット

ホラー映画が嫌いな方には、ただの死にざま映像以外の何物でもないこの映画ですが。
茶栗鼠は結構好きですよ
『スモーク』みた後の評論がこれか・・・・・って、思われちゃうかもですね。

    o0353050010274270334.jpg
 もちろん2Dだっていいですヨ
あらすじ: ガールフレンドのロリ(シャンテル・ヴァンサンテン)ら友人たちと訪れていたサーキット場で、レースカーがクラッシュして炎上し、会場が惨劇の舞台になるという予知夢を見たニック(ボビー・カンポ)。周りにいた数名とともにサーキットを離れ、難を逃れたニックたちだったが、死の運命を免れることはできず……。

一作目の主役の人って、イライジャ・ウッドさんじゃないですよね。なんかそういうイメージがあったんですが・・・。
もう、語るべきところがありませんよね。できれば、もうちょっと御笑いが欲しかったかもしれないです。そこがあったら、もう少し、マンネリ化を防げたんじゃないかと思います。もうなんだか、なれあいになったこの感じって、いやですよねぇ。

もう、プールが・・・・、あれって即死じゃないじゃない(涙)

というか、死んだ死なないの順番がいつになく、ややこしくなっています。
歴代のように、ラストで予知夢パターンがないのは、最後の後味が微妙になりますよね!実際、一作目と三作目の終わり方が、まともだったかなぁ。

うーん?どこか、目新しい事があったかな?CGがちょっと豪華だったとか?いや、まともなCGじゃなかったか!(笑)

finaldestination401.jpg
なんか、御金がかかってる割には、手が込み過ぎて血液量が少ないように思えます。
量より質って感じで、あまり多くはありません。
そういえば、生き残った(別名、死亡フラグさんたち)人たちが一番多いのって、どれなんでしょうかね。全部変わりなさそうですが、本作は少なかったかも。
それと、殺し方に躍起になってしまい、人物描写が描けていないのは、普通の映画好きに取ってはかなり苦痛かもです。

あ、目新しいこと、ありましたね。意味もないホームレスっぽい人。そうそう、その人って、死神?
まさかの自演お疲れ様?ていうか、あのワンちゃんは、チワワ?

というか、デスな奥さんですが死亡フラグを立てておいて、違うところで!という驚かそうとしているのが分かりますが、ごめんトレーラーで観ちゃった。

全面的に考えて、死神の出しゃばり方が普通ですよね。ホラーでありがちな洗車中という怖さ。あの時のサンルーフを締めてたらいいんじゃない?って思いましたが。

最後に、最初の時のシリーズへのオマージュがあったのは褒めてもいいんじゃないかなぁと。

うん。で、声優をけなしていきますね。(普通の発言のように言う。)

091016_fd3.jpg


いやぁ里田まいはかつ絶が悪いですよね。セリフを見ながら、言ってるんでしょうか。かとぅ舌が悪いですよね。
ココリコの人、やり方はわかっているだけで、巧い事は一つも有りません。
はるな愛さん。同性愛者は嫌いじゃないですが、あういう人は好きじゃないです。すぐに大声をあげるし、とにかく南海キャンディーズの女性パートみたいに、面白さがないですね。何回も練習すればいいんじゃないかな。
というか、声優と言う職業について、知られざる部分が多いように思いますね。テレビで日の目を見る声優さんとか、
『タッチ』とか『隣のトトロ』の声優さんばっかりで、マンネリ化!

泣けるアニメランキングで一位を取る、パトラッシュとネロみたい!
そんなの分かってるんだから。第一、そんな事をして何の得になるのかなぁって。本物の人は御金がかかるのかなぁ。



ちなみに、茶栗鼠は吹き替えが嫌いだったんで劇場に足を運びませんでした。

50なんぼのおじさんが、そんなのいいの!?とびっくりしてましたよ。ええ、父です。

吹き替えが声優じゃなくて、観ない!ってかたくなになってるのは、茶栗鼠だけかもしれませんが、断固としてこの吹き替え問題については、見かけるたびに貶していきますね


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト

テーマ : 心に残る映画
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ファイナル・デッドサーキット

『ファイナル・デッドサーキット』  THE FINAL DESTINATION 【製作年度】2009年 【製作国】アメリカ 【監督】デイヴィッド・R.エリス 【出演...

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは~

今作は、シリーズ中で1番サスペンス度が低いんじゃないでしょうか。
おっしゃる通り人物描写もなんだかイマイチ。
迫力も乏しかったような。
1と2は生き残り2人だった記憶がありますが、3は覚えてないです。
ラストはオマージュ的ですね。
あそこで交わして欲しかったんですけど。
身体能力、頭の切れももう一つな主人公でした。
今作は原題でナンバリングされてないので
3Dで見せる為の番外編のような香りがして、なにか適当くさかったです。

No title

hiroさん、コメントありがとうございます。
もう流れがわかりきっているだけに、死に様を映す性格が強かったですね。
人物描写が、イマイチだったですよね^^
なんか、いい感じの人だったのは、1、2がよかったんですが、3は女性でしたしね。
実際、3Dが売りですから、残念ですよねー(>_<)!

HNちょっと変えました

さきこされた~!
今、レンタル中だけどまだみていないのねん。
(先に、ディセント2を閲覧。)
評判、あまり良くないみたいなんだけど、やっぱりいまいちだった?
今週中には、観たいとおもってますよ!

No title

とらさん、コメントありがとうございます。
さきこしましたね(笑)!
レンタル中なんですか。まァ、面白いですヨ。
第一、物語の構成を変えようがないですからねぇ。死に様映画と言われても仕方ないでしょう。

4月のホラーラインナップは気になりますよね!
プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。