茶栗鼠の映画評論 スモーク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スモーク

春休みのくせして、かなり忙しい毎日を送っている風に時間浪費をしている茶栗鼠です。
映画の見過ぎ!でもいい!『シャーロック・ホームズ』『NINE』を観たい!(あくまで予定)

ブログdeロードショーの最新作を拝見しました。
遅れてしまい、ごめんなさい。

24ece17e.jpg
きっとある希望。

あらすじ14年間毎朝同じ時刻に店の前で写真を撮り続けている煙草屋の店長オーギー、彼の馴染みの客で突然の事故により出産まもない妻を失って以来ペンを持てずにいる作家のポール、彼が車に跳ねられそうになった所を助けた黒人少年ラシードの3人を軸に、ブルックリンのとある煙草屋に集まる男達女達の日常を、過去と現在を、嘘と本当を巧みに交差させながら進んでゆく。


限りなくある日々の希望を、しかもなんというか、だいそれた物ではなくて、温かいそれぞれの人々の微弱なつながりを見事に描いています。
この手の作品にありがちな、無駄な死亡や、テンポの悪さに見舞われることもなく、テンポが逆にいいです。

『パコと魔法の絵本』というのは、絵本の中の蛙と現実の会社会長がパコという少女を通じてリンクするという奇跡を描いています。言いたいのは、題名のことです。この『スモーク』なる映画は、スモークのように曖昧でも、繊細な日々の出来事を描いています。ちなみに、題名や主題を理解するにあたって、Smokeという単語の意味には、暗く愚かだとか、儚いとかいう意味の象徴性もあることを知っておくと、理解しやすいく、のんびり映画になってしまう可能性は低いでしょう。


1221.jpg



この、タバコの店という地域的交流のある場を中心として巻きあがる人情劇ではあるのですが、泣かせようとするのではなくて、ひとつひとつの希望を丁寧に拾い上げて、再生と成長を描いてくれています。


皆、気付いてると思いますが、主演のハーヴェイ・ミルク・・・・、うん?いやいや、ハーヴェイ・カクテル(名字が飲み物だったんで、間違えた)もさることながら、ポールが止めた少年の親であるサイラス・コール役の人を誰でも観た事があると思います。
ジャイモン・フンスーさんとか、故バニー・マックさんとかがでてきて、名前が思い出せませんでした。200px-Forest_Whitaker.jpg
↑はフォレスト・ウィテカーさんです。『ブラッド・ダイヤモンド』『バンテージ・ポイント』の主演されてましたね。

さて、この映画をおススメしてくださった『RELAX TIME』のユウ太さんです(リンク張ってあります)。
この忙しい時期におススメする映画としては、空気が読めていてナイスチョイスだと思います。



ちなみに、ハーヴェイが毎朝、ブルックリンの街角を同じ時間に毎日撮っているときの一言です。
Sometime same people,sometime deference.Sometime deferent one's becomes same,same one's disappear.御馴染の顔、ときどきみかける顔。ときどき見かける奴が、御馴染の奴になって、御馴染の奴が消えていく
(茶栗鼠がリスニングで訳したので間違いがあるかもしれません)にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2-558 スモーク

今回は下記の事情があり、いつものように月曜日にアップする事は出来なくなりなりましたので、 (皆さまのレビューを読ませてもらうためにも...

スモ-ク (再見)

【スト-リ-】 1990年ブルックリン。 14年間、毎日、同じ時間に同じ場所で写真を撮り続けるタバコ屋の店主、オ-ギ-・レン。 最愛...

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは!

ほう面白そうな映画ですね~
ツタヤでジャケが印象的なんだけど内容が?なんで
手が出なかったんですが、
ハーヴェイ・カイテルは、レザボア以来ファンなんで
観てみようと思います。

おはよう、茶栗鼠君☆

忙しい中、コメントとトラックバックを有難う~☆
早速、記録の記事にアップさせてもらいました。
皆さんの記事もお時間があったら、読んで差し上げてね~!

>泣かせようとするのではなくて、ひとつひとつの希望を丁寧に拾い上げて、再生と成長を描いてくれています。

若いのに、よく中味を分かっていて、凄いですね!
私も最後まで見たいです。

では、もうすぐ始業式かな?
残り少ない春休み・・・楽しい日曜日をお過ごしくださいね~♪

No title

hiroさん、コメントありがとうございます。
なかなか、いい作品でしたよ^^
ハーヴェイさんの『レザボア・ドッグス』は茶栗鼠も好きです。いいですよね。
ツタヤでも100円でレンタルされてましたよね^^

No title

miriさん、コメントありがとうございます。
記録の記事にアップしてくださって、ありがとうございます^^

みなさんのも時間があれば、読ましていただきたいと思います。
ホントに残りが少なくなってしまって・・・・。いい日曜日にしたいと思います。

No title

映画三昧の春休み、いいですね~。この作品も楽しめたようで、良かったです。

>限りなくある日々の希望を、しかもなんというか、だいそれた物ではなくて、温かいそれぞれの人々の微弱なつながりを見事に描いています。

おお、まさしくそんな感じ。”スモーク”の意味も踏まえて観ると、いろいろなシーンが意味深いものになってきます。
オーギーの写真を撮るという行為も、その写真も、淡々としているのにどこか惹かれるものがありました。ほっと一息つきたいときに観たい作品でしたね。

No title

宵乃さん、コメントありがとございます。
映画三昧にしたかったですが、何だか、そこまではじけられなかった感じが目立ちました。さすがに映画を見過ぎると、反動がくるかもしれないです(涙)。

この映画はいいですね。煙みたいな感じで、とってもよかったですね^^

No title

茶栗鼠さん(^^)こんにちは!
いつもありがとうございます。

遅くなりましたが先日のチャットもありがとうございました。本当に楽しかったですよ!(^^)

スモ-クの記事もとても良いですね!(^^)

>タバコの店という地域的交流のある場を中心として巻きあがる人情劇ではあるのですが、泣かせようとするのではなくて、ひとつひとつの希望を丁寧に拾い上げて、再生と成長を描いてくれています。

この部分はとても胸にきました。自分は暖かさや優しさを強調してしまいましたが、そうですね~「希望」、「再生」、「成長」とこのワ-ドも含まれていてもっと大きく深いものにお陰様で到達した様に思えました。(^^)

それとSmokeの意味合いも、自分にとって大変、勉強になりましたよ~(^^)流石、現役の学生さんですね!自分ももっと色んな人の意見や話を勉強にしなくてはと改めて思いました。

これからもまた勉強させてくださいね!

今回はご一緒する事が出来て本当に嬉しかったです。
また次回、楽しみにしておりますので宜しくお願い致します。

いつも本当にありがとうございます。(^^)

No title

ユウ太さん、コメントありがとうございます。
実際、温かさや優しさもありましたよね^^

横文字は、ついつい勉強しちゃうので(文系)、そこは理解を助けてくれると思います^^
やっぱり他の人の評価を知るのはいいですよね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。