茶栗鼠の映画評論 エスター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エスター

皆さん、お久しぶりです。
もしかしたら死んでるのかも、と思われた方も多いかもしれないです。
さて、miriさん主催で、 「RELAX TIME 」 の ユウ太が提案の『スモーク』、拝見します。(予定)。
今度、チャットを開く予定です。その時には色々話したいです。

で、久々の映画がホラーです。年がら年中5月病の茶栗鼠ですから、映画が生きがいです。特にホラーを観てると、日常のくだらないしがらみも忘れられます。
あと、終業式がありまして(来週から春期講習)、通知表をもらいました。平均で4.2ちょいです。
もちろん10段階評価でありません。
気になっていた、後味の悪い『BUG』を借り、『ドゥームズ・デイ』の評論を気にし、最終的に『AVATOR』を観たので満足しています。
で、今回かりた映画これです。
      
movie_orphan.jpg

   Orphan06.jpg
 孤児支援団体がお蔵入りを望んだ名作。

あらすじ
かつて3人目の子供を流産したケイト・コールマンとその夫のジョンは、孤児院から養子を貰うことを決意した。夫妻は前の家族を火災で亡くしたロシア出身のエスターという9歳の女の子を引き取ることにする。彼女は年の割にとてもしっかり者であり、すぐに手話を覚えて難聴の義妹のマックスとも仲良くなった。だが、やがてエスターはケイトの前でその恐ろしい本性を見せるようになり、周囲の人々へ危害を加えてゆく。


全面的な感想。幸せな家族が、孤児を引き取ったことによって崩れる様を描いています。
どことなく内容が分かっている割に、素晴らしいテンポで、それでもクラシックな風味を持っていてよい感じです。
満足のいく内容でした。
それと、エスター役のイザベル・ファーマンさんの愛らしさと演技のうまさにも評価があります。

※ネタばれありますです。
 最後のオチはいってません。


最初の笑った時は可愛いんですが。
ロシア人の設定です。
二人の優しい傷を負った夫婦に引き取られたエスターたん。
ダニーがちょっと死亡フラグをたててくれるので、嬉しいです。まぁ、ダニーがエスターに両親をとられそうになるのは見てられないです。
そしてしてやったりのエスターたん。
中盤からのログハウスなんかは、もう予告編でどうなるのか分ってるので、
ちょっとどきどきです。おばあちゃんもいい人らしいし、表面的にはエスターを嫌ったりしてません。
ていうか、奥さんはイエール大学で教職についてたというわけですね。

さて、開始30分でエスターが始動します。
まさか夫婦の営みをしている最中に、娘をひきつれてベッドに入るとは思わなんで怖いこと限りないです。
さて、首や手首にリボンをつけて、ドレス姿で初登校します。
ひゃーーーーー、怖い。
そしたら女子に、からかわれます。

Oh.loo.Little Bo Peep texted me. She wants her outfit back.
 おとぎ話のお譲さんが、衣装一式返してってよ。

(Bo Peepさんはナーサリー・ライムにでてくる羊飼いの少女らしいです。)


学校になじめないエスターですが、首のリボンに触られると、発狂します。
発狂のレベルが半端じゃないです。お馬鹿な男子生徒も笑うのをやめちゃいます。

で、ジェシカの末を訊いたエスターは泣きます。
こういうブリっ子も逆に怖いです。
その夜ですが、夫婦の営みを台所でしようと試みます。
まぁ、エスターが見るのは普通ですわな。
夫婦は驚きますが、アメリカンは分かりません(撮影はカナダ)
何か、強い洗剤をかけられたゴキブリを見るような目です。

その次の日、エスターは公園でマックスちゃんと遊んでいます。普通にブランコに乗ってれば可愛いんですが、殺意が所々あるんで怖いです。
それでエスターをからかっていた性根の悪い子は不安になって、公園をうろちょろします。勿論、エスターが高い所から落としにかかります。
ダニーは馬鹿ですが、素直ですね。やはり年端もいかない男子にとって、
異様な妹はやっぱり嫌みたいね。
ていうか、母親ですが、何だか詮索してたりするのはよした方がいいでうね。

orphan_xl_01--film-A.jpg


さて、エスターたんは妹のマックスに、シスターを追いだす為にヘルプを求めます。
大人版の『ホーム・アローン』みたいです。
ええ、銃が出てきては困ります。マコーレ・カルキン君もかないません。
そのごエスターは、原型が何かわからなくなるまで殴り続けます。
中盤、シスター殺して、実の妹といちゃいちゃします。レズっ気がない事も無いです。

ていうか、いじめっ子を殺すならわかりますが、シスターを殺すのに理由はないように
思えます。それ故に、シルアルキラー化していますね。

それでその夜に、ダニーに脅しにかかります。

If I find out that you are lying ,I'll cut your hairless little picle off....
Before you even figure out what it's for.

もしそれが嘘だって知ったら、あんたの毛も生えてない使い方も知れないペニス、切り取るから

ちょっとドキドキします。
実際、洩らしちゃいますよね。可哀想そうに。

それと序盤で、いい夫役であった夫も、途中から子供問題でありがちな嫌な夫になっていきます。第一、妻主観っていうのも結構飽きてきたなぁと思います。
夫主観でいくとコメディになりそうですよね。まぁ、仕方ないかもしれないですが。

ダニエルは、何とか阻止しようとしますが、ええ、なにぶん、マコーレ・カルキン君でもないですから、仕方ないですね。

というか、ダニエルは運が良かったですね。
死ななかっただけ御の字です。
そしてエスターの子、病院で笑ってるのが一気に無表情になるのですが、
それがうまいです。日本の顔だけアイドル子役にはできない所業です。そっからひと悶着あります。

で、ダニエルが殺されて、ぶっきれたお母さんは注射を打たれます。
日本ではありえない事ですが、アメリカでは鎮静剤がいっぱいあるみたいです。
それで終盤、エスターが色づくんですが、そこがイタかったです。
ていうか振られて泣くのね。かわいそうに。


そして王道らしく、警察に通報しても早く来ないのは、気に入りませんね。まぁ、
距離感がつかめないのでわからないですが。

この作品、怖いです。
もう最後のオチって、どうやって思いつくんだろうって、思いました。
日常的な家族にふりかかった悲劇という使い古された題ながら、頑張ってくれました。

orphan1.jpg
幸せな家族が壊れていく模様、クラシックなホラー感覚でテンポもよかったです。
★★★★★

夫がユアン・マクレガーみたいです。にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

エスター

ORPHAN/09年/米/123分/劇場公開 監督:ハウメ・コジェ=セラ 出演:ヴェラ・ファーミガ、ピーター・サースガード、イザベル・ファーマン <ストーリー> 子供を失った夫婦の家にやって来た幼い養女は、愛くるしい顔の殺人鬼だった!? <感想> いやぁ良い意味

エスター

エスター / ORPHAN 2009年 アメリカ映画 ワーナー・ブラザーズ製作 監督:ジャウム・コレット=セラ 製作:ジョエル・シルヴァー スーザン・ダウニー レオナルド・ディカプリオ(!) 製作総指...

コメントの投稿

非公開コメント

いつか絶対観よう

と思っているので、ネタバレは読まずざーっと画像を見ましたが、エスターの眼が怖いぃ~!!
皆と一緒にいる画像では可愛らしい表情をしているから更に怖い・・・闇が見えるようです。

>孤児支援団体がお蔵入りを望んだ名作。

ほほぅ、そんなことが。いい宣伝になりますね。ますます観たくなりました。
最近ホラー映画の感想を書いてませんが、わたしも実はホラー(悪魔払い系除く)好きなんですよ~!

『エスター』ですか…

僕、ホラー苦手なんで『エスター』を借りられません。結構、高評価らしいんですけど、怖いんでね…
サム・ライミの『スペル』は楽しかったですけど。

『AVATOR』と記事にありますけど、ジェームズ・キャメロンの『アバター』ですか?もしそうなら、正しくは『AVATAR』ですよ。僕は『AVATER』と書いてました。こっちのミスだったらごめんなさいね。

No title

宵乃さん、コメントありがとうございます。
ネタばれはできるだけしないように心がけているのですが、ホラーだとやっぱり。
仰る通り、演技のうまい若干13歳のイザベラ・ファーマーちゃんですが、さすがハリウッド女優だなと、思わせてくれますよ。

というか、孤児支援団体の所為で、若干公開か延期されましたので、アメリカではご存知の方は多い感じの事かもしれませんが、日本でそんな報道がないのが残念です(>_<)

宵乃さんもホラーがいける口だったんですね!まぁ、当方も悪魔払い系は『コンスタンティン』ぐらいしかみていませんし。あらかたのホラーはいけます^^

エスターちゃん

こんばんは~。
昨日観ました。
誕生日に観るには最高のホラーでした。

やっぱ、あのオチには誰でも驚くでしょう。

もうね、オチを知った後のエスターちゃんが益々怖さが増して、ハラハラもんでしたね。

子供が大人を殺してはあかん!
子供がファッ●なんて言葉使っちゃいかん!!

って思ってましたけれど、終盤ではそんな事どうでもよくなっちゃいますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ヒロ之さん、コメントありがとうございます。
あのくらいの子が、ファ●クとか言っちゃ驚きますよね(>_<)b

というか、あのオチに頼って、やりたい放題してくれたおかげで、大変素晴らしいものができた気がします。
誕生日に『エスター』。いい趣味してます^^!

No title

ちわ~!
なかなかよく出来た、ホラー(というより、スリラー?)でしたね。
今までに、ありそでなかった展開です。

しかし、しゃべれない女の子がかわいかったなぁ~!
彼女も演技がんばっていましたね。

一番したの写真が幸せそうで、結末をしっている者としては、悲しい。。。

No title

とら次郎さん、コメントありがとうございます。
エスターはホラーでもあり、スリラーでもありますよね。サスペンス的要素も有りつつ、切り株ではないけれど,
やってくれる時はやるという、しっかりとした境界線的なものを持っていてくれてうれしいですよね。

難聴の妹を演じた子もかわいかったですね^^。
でも、ダニエル役の子がパッとしなかったかもです。ていうか、イザベラ・ファーマンが大きすぎて、ちょっとかすんじゃったのかな?><;

No title

これがお気に召しましたら
ジョシュア 悪を呼ぶ少年 もいけるはずです。
こちらは男の子です。

No title

やまねさん、コメントありがとうございます。
あー、何か聞いた事ありますけれど、内容が分からなかったので、敬遠してました。
GEOにあると思いますんで、借りてみます^^

No title

茶栗鼠さん、こんばんは。

ダニエルとマックスは気の毒だけど、ダニエルはすでにDQNの兆しが見えてたので、ある意味お灸になったかも。
ってか、ダニエル、死にましたっけ?
マックスはイイ子イイ子してあげたいくらいかわいいですね。

似たような設定で夫主観の作品だと「不法侵入」「ドメスティック・フィアー」ですね、僕が知ってるのは。

確かにあの夫、ユアン・マクレガーに似てた。ユアンとキーファー・サザーランドとラッセル・クロウを少しづつ足した感じ。

「ジョシュア 悪を呼ぶ少年」は確かに「エスター」を連想しました。何しろお母さん役が同じ人ですし。
父親はサム・ロックウェルが演じてました。でもエスターほどスリリングじゃなくて淡々としてたかな。

No title

バーンズさん、コメントありがとうございます。

ダニエルは結構、あれはあれで環境の影響もあると思われるんですが、イザベラ・ファーマンみたいな妹ができた割にはいけすかないし、巧く立ち回れない故にDQN街道まっしぐらといった様子でしたね(>_<)。

こういう作品ってまどろっこしかったり、テンポが悪かったり、大事なところをオブラートで塗り固めたりする傾向になると思うんですが、それが本作では少なかったように思えます。

ユアンとキーファー・サザーランドとラッセル・クロウを少しづつ足した感じ。 ≫そうですねー。なんだか、イギリスからの移民系っぽい顔立ちの人ですよね。あまり本作ではいい印象ではないというか、奥さん主観+あんまり意思疎通がとれてないので死亡フラグまっさかさま(笑)

「ジョシュア 悪を呼ぶ少年」は、どうしようかぁ・・・・。茶栗鼠は映画に大事なのはテンポだと思うんですが、スリリングじゃないとなるときついのかなぁと不安になったり。
プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。