茶栗鼠の映画評論 マーターズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーターズ

※分かっていると思いますが、『茶栗鼠の映画評論』は、わんわん又はにゃんにゃんの沢山でてくる映画や、J・キャリーがくるくる回る映画も、デロリアンが空飛ぶ映画も評論しますが、時折ゴアな映画も評論します。
ですから、下記の画像は苦手な人がいるかもしれないので、その方々は
「まぁ、茶栗鼠だしね」
と思って、ウィンドウをちゃっかり閉じる前に1ポチしてくれたらうれしいです→にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ




行間稼ぎ→にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


martyrsfly.jpg
77860f6e.jpg




『マーターズ』70年代初頭のフランスで、少女リュシーは何者かによる長期間に及ぶ、監禁・拷問・虐待の末、自力で脱出した。彼女は施設に預けられ、そこで知り合ったアンナの支えにより心の傷を癒してゆく。しかし15年後、リュシーは復讐を果たすため猟銃を手にし、犯人と思われる家族を皆殺しにする。
冒頭は、リュシーがショットガンで一家を惨殺します。
その後、リューシーは怪物に襲われますが、それは拷問の際のトラウマらしいです。

どことなく、かなり説明不足な所がありましたが、分らない事もないです。
そしてリュシーは狂人なら、病院に収容すべきじゃないでしょうか。

そんなこんなでリュシーは頓死します。

さて、中盤でですね、アンナが秘密の小部屋的な物を見つけるんですが、そこへ丸腰で突入するのはいささか間が抜けているように思えます。
そして、母親と電話していた時にみつけた部屋ですが、母を普通に放置します。
「あ、ちょっと待って、変な音がしたから」
ぐらい言えばいいんですが。それは見ようによっては、どうでもいいと母親の事を思っているように見えます。そしてそれが事実なら、何故母親に電話したのか。
どうでもいい相手なら、こんな緊急事態に電話できませんし。
うーん、もうちょっとそこで描いて欲しかったですね、折角、馬鹿っぽくないあんなだったのに、いきなりキャラが崩れた感じがします。
発見された監禁された女性に、一言も声をかけなかったのは何故でしょう。
mayter_04.jpg
↑みたいな状態。


ていうか、その人をどうするかまったく判然としません。
アルコール持ってきて、治療ができないとかいいますし。何故か、風呂に
いれますし。一面、傷だらけ。
そして、アンナ、かなり言葉数が少ないですね。
淡々とした印象を与えるだけです。
そしてやはり、警察を呼ばなかったアンナは開始一時間で捕まってしまいます。

茶栗鼠は展開が早い物が好きですが、開始一時間ってことはですよ、仮に逃亡シーンがあったとしても、かなり拷問されるじゃないですか。
もう、その時間配分の絶望感。


これならポテチ食べながら『ギニーピック』シリーズ見れるわ!と、茶はびくびくしながら見てました。
『スッキリ!』とかが、何か、井戸端会議レベルの論理で「こういう映画がオタクを殺人に駆り立てる」とかいいだすんじゃないかと冷や冷やものです。

ていうか、映画倫理協会の人よくGOサインだしたな、と感心します。

『ムーブ!』の人が見たら『脳波に影響が出る』とか言いだしますよ。
そんなえせ報道鵜呑みにするくらいだから、『この水飲んだら癌が治る』って
信じる人がいても仕方ないですね。


090729_martyrs_main.jpg


さて、本作ですが、細切れにアンナが原型を留めなくなっているのを、
長名が何十分も使って見せてくれます。
攻防戦とかじゃありません。攻めまくりです。ベネッセや東進衛星予備校もびっくりの
『攻め』(SEME)の姿勢です。ちなみに大手学習塾は、大型店舗立地法も気にせず色んなところへ進出していきいますから、CMでやるような『攻め』の姿勢でも張り合えるんじゃないでしょうか。

さて、拷問から話がそれましたね(この一文で誤解されるでしょうが、正しく
熟読されて考えても、良い意味には受け取れませんな)

その後、アンナは死んだリュシーの声が聞こえ始め、もうどうでもよくなってきます。
そして拷問生活が結構過ぎたころ、「あと一段落よ」と女性がやってきます。
で、お医者さんの服を着た人がアンナを手術台的な台に乗せます。
どうやら、あの女性と同じ格好をさせるつもりです。
今まで、刺したり切ったりが無かった分、とても見てるこっちはぞわぞわ
してきます。
でも不意にシーンが変わり、車イスに乗せられています。
なんだ、器具の設置シーンはないのかと安堵していると、どうもアンナは
皮を剥がれています。
もうどうでもよくなってきます。
正直、何が何だか分からなくなってきます。
もう峠は越えた、って言う感じです。

何だかジム・キャリーがでてきてもおかしくないような、明後日を見たような顔になります。

そして劇中のアンナも同じように、目に変な光が宿っちゃいます。

なるだけ茶栗鼠は愛らしい表現をするように努めていますが、
実際に見てみると、鑑賞後すぐに瓦そばを食べられるか心配です。(19:20分。
ちなみに、DVDをPCで見ながら、メモ帳に評論をかいています)

ちなみに、管理人はここでいったん、瓦そばを本気で食べに行きました。居間へですね。


それで、見た後の一言ですが、もういやだの一言しかありません。
これほどまでの破壊力を持った映画があったかと言われると、無かったと云うほか
ありませんし。
この映画が何を意味しているのかも分りません。

実は二人の愛の話だった気もします。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

観ましたか、この作品。
妙に、印象が残ってしまう映画でしたね。
というか、ほんと映画倫理協会はOKだしたなってなりますよね(汗)
いや~、フランスホラーはここまで来ましたか。
アメリカホラーはちょっと追い抜かれちゃった感がありますね。
リメイクばっかりなんで。

とにかく、凄い映画でした。

初めまして

うえだと申しますm(_ _)m
あけぼのさんのブログからリンクで飛んで来て、
楽しいレビューだと思って何度も来ていたのですが、
初めてコメントさせて頂きますorz

>マーターズ
確かに救いのない話ではありました。時間配分の絶望感は凄まじい。
そして映倫関与なしにおののきました 笑
絶対クレームくると思うのですが・・・w

私もほぼ同時期に観ていたので勝手に
嬉しくなってコメントさせて頂きました。失礼しました―!m(_ _)m

No title

うえださん、初コメントありがとうございます。
茶栗鼠もあけぼのさんの所から、行った事があります。はじめまして。
たぶんクレームが来たかもしれないですねぇ・・・。
というか、拷問シーンは少ない割に、重さやきつさが冗談じゃない映画でしたね。

あー、うえださんもご覧になったんですね。
これはキツイとしか言いようがない感じはしますが、どこか救いがない事も有りません。ですので、酷評もしずらいかなぁと。

凄かったですね・・

とら次郎さん、コメントありがとうございます。
映画倫理協会は、まったく、と思っちゃいました。
フランス映画、はじまりましたね!
全盛期を誇ったアメリカホラーを凌駕する恐怖を生産するフランス産に、これからアメリカが勝てるのかが心配です。
実際、リメイクばっかりのアメリカは商業主義に走っていて、好きじゃない人が多くなるのも、しかたありませんね(>_<)
プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。