茶栗鼠の映画評論 ネバー・サレンダー 肉弾凶器

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネバー・サレンダー 肉弾凶器

 4988142609526.jpg


目立ってるのは某液体窒素。

 アクション映画の三大要素をぶっこんだ様な有様。
 だが、それがいい。(別に元ネタに思い入れがあるわけじゃない)

 内容。 
 第一要素
 主人公が元海兵隊員。
 第二要素
 主人公のに放たれた銃弾が、すべてあたらない
 第三要素
 主人公の妻が誘拐
 
 
 海兵隊員のジョン(ジョン・シナ)は、イラクでの決死の救出作戦の成功で英雄となる。しかし、その行動が軍法に触れて除隊処分となり、故郷で愛する妻と静かな生活を始める。そんな中、逃走中のダイヤモンド強奪団が妻を誘拐してしまう。怒りに打ち振るえたジョンは妻を無事に取り戻すため、命がけで追跡を始めるのだが……。(シネマトゥデイ)
 魅力的なキャラクター(多分)に加え、液体窒素のロバートさんまで出演。

 もう、別にどんな映画か、言わなくていいんじゃないかと・・・・
 いや、結構ありがちなシーンだけじゃなくて、コメディ要素もあって、皆殺しサンバ状態でしたし、
 三人がかりでマシンガンをぶっ放しても全くあたらないところとか、もう圧巻です。
 ちなみに。パトカーの原型もとどめない感じに全弾発射されたパトカーに乗ってるジョン・シナさんに向かって「た、ターミネーターかよ(悪役A)」が叫ぶシーンが好きです(すると液体窒素のアップが)。

 爆発シーンに多額の資金を挿入しているのは分かりましたし、同性愛者に氷砂糖を尻につっこまれるっていう衝撃的な発言も斬新でした。
 

 多分、嫌いな人はとことん嫌いだろうと思います。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

 
スポンサーサイト

テーマ : 今日観た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。