茶栗鼠の映画評論 ブラッド・パラダイス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラッド・パラダイス

 GEOで『ブラッド・パラダイス』ありますか?って訊いたら無いって言われたんですが、あったんですけど?
 ネェ、どういうこと!?
 ちょっと答えなさいよ!

(かなり迷惑な高校生。学校に通報されたら停学は免れないでしょうね)。
 

 もう、人攫いの代名詞こと『ホステル』に続く人身 売買サスペンスになるのかと思ったのですが、旅行先ではっちゃけていいのは先進国だけみたいですね。

 スロバキアに、オーストラリアに、テキサス(テキサスは途上国)
 それで今回の、ブラジル。
 旅行者がぎったんぎったんにされる(切り株派でない方々への配慮。ユニバーサルアーティクルデザイン茶栗鼠)場所っていうのは、もう行きつくしたんと思うんですね。
 次の舞台をどこにするか、配給会社は戦々恐々でしょうね(>_<)。
 
 だから、次はタイあたりかなぁと思うけど、タイはムエタイ映画が見たいし、なんだかなァと思います。
 だから・・・あの・・・・、ギリギリ中国アリじゃない?(中国広いから、どっかるでしょ。まだワンちゃん食べてるところ)
 
 まぁ、そんなこんなで、

 B001LM182U_09_LZZZZZZZ.jpg
 Turistas.jpg

 あらすじ: 妹とその友達と一緒に、ブラジルにやって来たアレックス。そんなバックパッカーの若者たちが罠にハメられ、薄着一枚でおろおろした揚句、何やかんやと切り裂かれるホラー。

 こう、逃げようと思えば逃げれる感じが微妙ですね。
 『ルーインズ』でも言ってましたが、これは事件になるんじゃない?って思われちゃ大変ですね。(『ルーインズ』ではならないでしょうね)

それで悪役の人ですが、彼が『一番いいことは、最善の行動をすること。二番目にいい事は、悪くても行動すること。一番悪いことは何も行動しないこと』 と言って、切り株るんですが(変な動詞)、そのシーンが怖かったですね。

 それで『ホステル2』みたいに、絶対的に逃げられないという組織があったらもっと怖かったかなぁと思います。
 色々と言い出したら止まらないんですがね

 やっぱり皆さんの評論を観て思いますが、最後に洞窟で追いかけあいをするんですが、そのシーンがなかったんで「新感覚潜水ホラー」という呼び名が高いです。
 『ディセント』がある気もしますが、そんなに水へは潜ってませんので。
 
 turistas-wilde-george-duhamel1_1164738696.jpg

 ていうか、アメリカ人だから助かるだろうみたいなエゴがあるように見えましたが、それはないんじゃないかなぁ、と。
 普通にそんな危険地域は、どんなに旅行し慣れてても危険だし、その危険性はしっかり理解するべきでしょうね。
 はしゃぎすぎた所為で拉致されるっていうのはいやですね。
 turistas3.jpg
 ↑だけみると『食人族』みたい。『アポリプト』でもこんなシーンあったですね。
 
 死ぬのをただ待つだけじゃなくてよかったです。
 ★★★。
 普通かな。もう少しいいのかもしれないですが、いかんせん、長かったり、悪役のキャラクターが立ってなかったりが残念でした。
 暇で気になっているんなら、観たがいいじゃないかな?という感じです。
 アメリカの友達初めてできた!(現地の工作員の一言)にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト

テーマ : 色あせない名作
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。