茶栗鼠の映画評論 「LEVEL13」 このサイトの環境設定変更

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「LEVEL13」 このサイトの環境設定変更

茶:「はい、というわけで(どんなわけ?)今日はね、ゲストをお招きしていまぁ~す」
チャンドラ(以下、チ)「どうも~、おはようからおやすみまでHi!さて、それでは今日の映画言ってもましょうか」
茶:「今日はですね~、最近発展途上なタイ映画です」
チ:「タイといえば、トニー・ジャーさんですね。やっぱりムエタイで殺しまくりですか?
茶:「いえいえ。今回はホラーというわけで(カテゴリは切り株)「LEVEL13」を用意しました。内容は、借金で首が回らずそして会社をクビになった男の携帯に、指令がきて、その指令に答えることで大金がもらえるということですね」
チ:「なんだか、チープながらも面白そうですね。内容もストレートで」
茶:「それじゃあ、ちょっと内容を入れときますか」
  
内容の前に、一押しお願いします→にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
 
セールスマン、プチットは、会社を解雇されてしまう。一方、故郷の母親からは借金の無心が引きもきらず、クレジットカードは限度額いっぱい。車のローンさえ滞納する彼は破産の寸前だった。
思わず会社の非常階段に座り込み、頭を抱え己の不幸を呪うプチット。
すると携帯電話が鳴る。
「おめでとうございます。幸運にもあなたはゲームの参加者に選ばれました。これから13のゲームをクリアすると、最大3億円の賞金を獲得できます。挑戦しますか?」
電話の主はからかうような声で祝福した。

「あなたの目の前に蝿が留まってますね。足元には雑誌が落ちている。その雑誌でうまく蝿を叩き落してください。さあ、ゲームの始まりですよ」


プチットは次のゲームの中身も知らされぬまま、一つクリアするごとに掛かってくる指令によって、バンコクの雑踏を彷徨い、事件を引き起こしてゆく。
 ph01.jpg






茶:「この映画。じゃあ、ネタバレですが、悪かったところはありますか?(最後のオチには触れない)」
チ:「う~ん、やっぱりph04.jpg
ウンコを食すのがダメでしたね。しかもそれが、レベル5ですし。そういうところでは、「レベル」という言葉はダメじゃないでしょうか。
 それと、なんでも、裏にそびえる組織ができちゃうのは、ご都合主義じゃないでしょうか まぁ、そのご都合主義でスピード感があったとは思いますが。
 それと、最後のワンシーンがはっきりしなかった。
 あと複線がいきなり思い出したように入ってきます。
 
 なんと、この残虐ゲームはオンラインゲームだったぁアァ。って誰でも分かっているのに、長々とシーンを繋ぎます。

 しかも管理人は子供!超~びっくり~。 『東京原発』並に緊張してて、どうしたのボク?
「ボクが殺したんじゃないんだからネ! 皆ダヨ?」とか、棒読み!
 

 誰かが楽しんで、見ているっていうのは分かりきっているのに、それが驚愕のラストみたいで嫌でした。 

 誰が、どんな目的で。 
 とか主題じゃないです。

 ただ、緊迫し、壊れていく男が面白いんでしょうね。」
茶:「皆、アメリカリメイク版に期待って言ってますからね。やっぱり、ストーリーに不備が多かったんでしょうね」
チ:「まぁ、気分悪いけど、悪い作品ではなかったね。インモラルであるとか、無視しちゃえば」

 ph02.jpg


 結果。 
 67点
 
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。