茶栗鼠の映画評論 デイブは宇宙船(Meet Dave)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デイブは宇宙船(Meet Dave)

最近、Black Eyed PeasnとFergieにハマっている茶栗鼠です。
なんか、豊な感じが好き(ブラック~)。


茶色「今日ね、学校で終礼時にする英単語テストで微妙な事がったんだよ」
ポメ「どうでせ、“俺としたことが一問も間違えてしまった”とか言うつもりなんだろ?」
茶色「そんな厭味ったらしいキャラじゃないだろ。
    でもまぁ、どうして皆が不合格になるか分からないけどね。
    でさ、greedyって単語があってさ、不合格の常連の生徒がさ、
    「あー、『はがれん』(「鋼の錬金術師」の略)のグリードか!」
    っていってんだよ」
ポメ「それが?」
茶色「”グリード”っていえば、やっぱり『ザ・グリード』な所、茶栗鼠みたいなのは茶栗鼠しかいないんだなぁって」
ポメ「そりゃ、お前みたいなのはお前以外いないだろうな」

 この掛け合いで十分だよって方はこちらからどうぞ→にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


 てなわけで、
 今回の映画評論はうれし懐かしのエディ・マーフィー主演作。
 546642.jpg


CTC-3299-image4.jpg
 80年代のコメディ彷彿気。 

 この作品も含め、連続で失敗作に見舞われている星の王子様、エディ・マーフィーですね。
 その不人気のあまり、日本語吹き替え作成の場でも、あまり金を使えないって感じで、
 声優が山寺さんじゃありませんでした(>_<)。 
まぁ、本作の江原正士さんは、トム・ハンクスの声優さんの人ですね。
 とはいえ、ナッティ・プロフェッサーとかビバヒルは多分、江原さんだと思います。テレビ版とかで違うとかの差違はありますが、やはりマーフィーは山寺さんでしょうというのが、身勝手ながら茶色の意見ですね。
 
 あらすじ
 故郷の惑星の危機を救う重要任務のため、形も大きさも人間そっくりの宇宙船で地球に降り立った体長数センチの宇宙人たちが騒動を繰り広げていくさまを描いたエディ・マーフィ主演のSFコメディ。


 感想なのです。
 なんか、『ダカタ』的な人たちダネ!? と思っていたら、地球の陽気さに感化されるという筋。
 で、コメディパートなのですが、やはり正攻法ですね。
 これが古いとか、客を満足させられなかったとかいう理由でしょうか。
 
 でも、これがエディ・マーフィーじゃない。 黒人故の、ぎりぎりのジョークもなしに、クールなユーモアが光ってるのが彼じゃないかなぁと、最近思っているのですが。
 どうでしょう。
 これ、面白くなかったですか?
 ファミリー向けの作品なので、 いい感じだと思います。
 
 ちなみに、エディ・マーフィーが惨敗しだした初期の『プルート・ナッシュ』を連想させないよう元々は『Starship Dave』だったのを『Meet Dave』にしたとかで。
 
 まぁ、あれではラジー賞食らったしナァ・・・・・・(残念な栗鼠)。
 

 なんか、最後にはお金掛けてブラックホークダウンみたいなヘリコプター出しておいて、あの興行成績では酷いわな・・・・・。

meet-dave-20081217004231722-000.jpg
 
 でも、子供の成長をしっかりと描いたのは、御都合主義すぎない終わり方にしたのは、十分偉いと思う。
 『Step brothers』とかのご都合オチは、あまり好みじゃないな。
 ふと思ったけど、宇宙船内って、どことなく『スタートレック』っぽいですよね。
 ドクターの位置があれっぽかった。

 ハッピーならいいじゃない!という感じはいいと思うです。
 確かに。大ヒットはしないでしょうが、決して、ファミリー映画としては悪くないですね。
  
 ★★★☆

あんな風に踊れるのは、ゲイか宇宙人だけだわ(奥さんの一言)→にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト

テーマ : 気になる映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
わたしゃ好きですよこの映画。音楽も70年代だし、ギャグ冴えていたし、何故ヒットしないのか不思議なぐらい。
コメディ映画は笑えてこそコメディ。
この映画は大笑いしました。
多くの人に見て欲しい作品ですね。

No title

ロッカリアさん、コメントありがとうございます。
この映画好きですよ。70年代らしい感じがあるのは、いいですよね。
『星の王子様~』的なものはもう作られないかもしれないのが残念です(>_<)
ファミリー映画としても成功しててよかったですね^^
プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。