茶栗鼠の映画評論 007 慰めの報酬

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

007 慰めの報酬

茶栗鼠、再始動。
復活はまだです。
というか、なんというか。

茶栗鼠が大量生産型故に、某すきなものだけでもいいです様みたいに、頻繁に更新せずとも問題ではないことなど、ないので、一週間無更新は意外なことかもですね。

p-0874.jpg


あらすじ: 愛する人を失ったジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、彼女を操っていたミスター・ホワイト(イェスパー・クリステンセン)を追及するうち、新たな悪の組織の陰謀を知る。それは謎の組織の非情な男、ドミニク・グリーン(マチュー・アマルリック)が南米のある政府の転覆と同地の天然資源を手にして、世界を支配しようとするものだった。

いまだに、『ターミネーター』に次ぐ、主題歌ですら有名な映画ですが

あら?寝たのはフィールズだけ?ボンドガールであるカミーユとのベッドシーンがないのは意外でした。キスしても微妙な雰囲気みたいな。

うん。前作よりも若干、ボンドは年を取った様子ですね。
まぁ、筋肉質なのは変わりないですが。いいことですね。

何て言うか、新ボンドプーチン説は完全に打ち消されましたね。
ゴツさがなくなって、渋さとスマートさがました感じでダニエルさんは成功してますね。
シリーズ最短だったり。

007E685B0E38281E381AEE5A0B1E985ACEFBC91.jpg



うーん、前作を観てからすぐだったら、もっと高評価だったのに。
Pさんかな?前々からの、突飛なボンドグッズがないって思ってた方。ソニーの携帯を使っているところ、やはり時代の流れがあるようで・・・・。

なんか、ありきたりなのか、ありきたりじゃないのか、わかりずらいストーリーでしたが、濃厚な感じといいアクションシーンといい。前作たちよりも悪いことはないです。

★★★★~★★★★☆

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


死者に復讐は無意味だ。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

これは・・・
私的にはかなりツボでしたね!
もう、ダニエル・クレイグのボンドは最高!な人なので。
これまでのボンドが物足りなかったので、
新シリーズは断然楽しめてます★


お母様の具合、よくなって大変良かったですね!
茶栗鼠さんの優しさもすっごく伝わりました!

なるはさん、コメントありがとうございます。
新シリーズでは、凝ったアクションが売りでしょうから、ごつくないクレイグさんはいいでうしょね。

いえいえ、恐縮です。

今までとは違うボンドくんでしたね~
走る走るまた走る・・・・
観ていた私が息切れをおこしました~
『ターミネーター』みたい(@_@;)

で、ボンドガール、キャスティングは良かったのに・・・
あれ~何も無い・・・
まぁ、最愛の彼女が死んでしまった直後だから?
そしたら、殺されてしまった情報部員は・・・

病気よくなってよかったですね~ダダダダの気持ちわかります~

盆さん、コメントありがとうございます。
違うボンドで、どことなくさみしいのか嬉しいのかわからなかったです。
『ターミネーター』ばりに走ってましたよね(笑)

うん。キャスティングはよかったですよね。
何かベッドシーンが欲しかったんで、諜報部員をだしたみたいな感じだったんでしょうか・・・・・。

ありがとうございます。なんか、ダダダダダァ!ってしたくなりますよね^^
プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。