茶栗鼠の映画評論 ドリーム・キャッチャー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドリーム・キャッチャー

ええとですね、友達が『崖の上のポニョ』『Earth』を貸してくれました。
090825_1628~01

持つべきものは友ですね。

そういえば、『化物語』を知ってる友達ができたりとか。意外。誰も観てないと思ってたのに・・・。
さて、今回の映画ですが、以前というか、小学生の頃に観た映画ですね。

モーガン・フリーマンの
「アメリカ国民の生活は、フレンズを観て寝ることだ」みたいなことがあったので、よく覚えている作品ですね。

99e6527b.jpg



 メイン州の小さな町に住む4人の少年、ジョンジー、ヘンリー、ピート、ビーバーはある日、風変わりな少年ダディッツを助ける。4人はその時、ダディッツから彼の持っている不思議な力を分け与えられ、以後その秘密を共有することで強い絆が結ばれる。20年後、大人になった4人にとってそのパワーは今では重荷として彼らにのしかかっていた。そんなある時、ジョンジーが交通事故で重症を負うが、奇跡的に一命を取り留める。やがて4人は北方の森にある狩猟小屋で再会を果たす。それは彼らにとって毎年恒例の楽しいイベントのはずだったが…。


うーん。
何というか。SFですね。全面的にSFなのですが、簡単な分かりやすさはあまりありません。
序盤は『スタンド・バイ・ミー』風なのはあまり関係ないですね。

色々と細部にまで入り込ませてほしいとか、もっと時間を取ってもいい気がするとか(でも136分)、そう思うこともあるでしょうが、原作者のスティーヴン・キングは『私のホラー小説の映画化された中で、本作は最高の出来だ』とDVDに収録されているインタビューで語ってるそうですし。
『シャイニング』は気に入らなかったようですが、こっちはお気に召したようで。


『ショーシャンクの空に』で出演していたモーガン・フリーマンがちょっと違うキャラクターになって登場するのも見所かもしれません。というか、フリーマンの軍事サイドでちょっと笑えるシーンがあったりして、そこら辺がポイントにもなりますね。


あと、ちょっとイタイシーンがあったり。
最終的に納得させてくれたので、★★★★☆ですね。いや、4つでも妥当かもしれないですが、好きな作品なので。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ドリーム・キャッチャー』

 制作年:2003年  制作国:アメリカ  上映メディア:劇場公開  上映時間:135分  配給:ワーナー・ホーム・ビデオ  監督:ローレンス・カスダン  主演:トーマス・ジェーン      モーガン・フリーマン      ジェイソン・リー      ダミア

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
原作はこの映画の10倍面白いですし、泣けます。
でも、映画の方も気に入ってます。車のルームミラーの所に、このドリーム・キャッチャー(¥1480)をぶら下げてます!

No title

ロッカリアさん、コメントありがとうございます。
原作、あまり読まないのですが、機会があれば読んでみます。ていうか、体育祭が近いので、体育祭練習時に読んでみます(外道)。

いやぁ、飾ってみたいですね。机にかけようかな・・

お話にならない

茶栗鼠さん今晩は

ロッカリアさんのおっしゃるように原作はめちゃくちゃ面白いしラストは本当に感動します
ダディッツを含む4人の友情もしっかり描かれておりラストではそれがしっかり生きている
ので余計に感動てきですよ、映画に関しては原作ちゃんとよんでんのかおまえら!
ってくらいめちゃくちゃです。

実際にはキング氏この映画版には結構怒り心頭だったそうですよ・・・本音と建前は
しっかり使い分けてるね~
キング氏が自分の原作の映画を本心で本気でほめたのは『ショーシャンクの空へ』と
『グリーンマイル』のみです。
あのキューブリックが監督した『シャイニング』ですら全否定してましたから

No title

おばんです。

衛星放送か何かで見ましたよコレー
えーと・・・ そこそこ、って感じでした(笑

「I'm ダディッツ!」って言うシーンは
不覚にも笑ってしまいました。(ネタバレかな?;)
笑うところじゃないっての。

No title

最近忙しくて更新できませんでした><
これからも更新していきますのでよろしくお願いします!

No title

せつらさん、コメントありがとうございます。それと遅れてごめんなさい。

そうなんですかぁ・・・。あえて、違う話になったことで、吹っ切れたのかと思ってました。
体育祭ですので(理由になってねぇ)、原作を読んでみようと思います。
ありがとうございます。

炭酸さん、お久しぶりです。
そしてすぐに、眠ってしまって申し訳ないです。
いやぁ、衛星放送であったんですね。

あそこ、結構、演技が問われるところですね。


チキンさん、コメントありがとうございます。
また行き違いで、復旧されてた時に、静止してしまった申し訳ないです。
で、復活しました^^

No title

デザイン変更したんですね!

この映画、確実にみたのですが全く内容が思い出せず。
一応、家にあるきがするので、振り返ってみようかな?

みなさんの意見では、原作がいいみたいですね。
でも、キングの原作ってすっごくよみずらいんですよ。なんで、やっぱり映画で見るのが一番かな。

とら次郎さん、コメントありがとうございます。
原作がいいのは知ってるんですが、どうも洋書は苦手で、翻訳家さん要になってきますよね。

映画で観る場合は、なかなか観易いので助かりますよね^^
プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。