茶栗鼠の映画評論 「ノー・カントリ-(原題No country for Old men)]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ノー・カントリ-(原題No country for Old men)]

  この頃、「BONES」観てます。
 主人公の女性が、知り合いに似ていてなんか面白いです。
 
 で、この「BONES」なんですが、

 昨今の面白い海外ドラマブームに乗ってきたとしか思えないワケじゃないけど、ちょっと緊迫したドラマになるまで時間がかかるんじゃないか?とか感じたり。
 
 「CSI」の方が面白いです。 彼らは、現場の証拠ではなくただ骨だけを頼りにしているので、内容はありきたりですし、なんといっても人間の心理がご都合主義です。
 
 いや、面白いことは面白いんです。
 でも、「デスパレードな妻たち」とか「24 Twenty Four」とかと比べると、見なくてもいいかなって思います。
 
 あ、あと「クローザー(The closer)」も観てます。 そして、それもまたまぁまぁな内容なんですね。ゴールデンタイムに何もなかったら、絶対に観るけど、後々の展開が気になってDVDを借りようってレベルのドラマじゃないんですよ。
 
 やっぱり、初心者の人にオススメっていうのじゃ、「BONES」とかは、ちょっと勧め難いかな。
 
 で、以下評論なんですが、ちょっと一癖ある映画です。
 茶栗鼠は「オーブラザー」を観てから、この監督が好きになりました。イーサン&ジョエル・コーエン監督。

 アカデミー賞は「ファーゴ」でノミネートか受賞しています。
 よく、S・ブシェーミさんと、ビリー・ボブ・トーソンさんを起用しています。
 
 この映画は、やっぱり難しかったですね。 
  
 というか、前もって映画好きでもねぇ癖しやがって、アカデミー賞受賞の文字に躍らされて見て文句言ってんじゃねぇ!
 つーか、お前、アカデミー賞腐敗したとか言ってけっど、アカデミー賞好きなのか!?
 つーか、「バーバー」とか「バッド・サンタ」とか「オーブラザー」とか「ブラッドプラン」とか「ファーゴ」とか「レディー・キラーズ」とか観たのか? 

 ごめんなさい。
 以下、評論です。
 
20080105007fl00007viewrsz150x.jpg



解説: 1980年代のテキサスを舞台に、麻薬密売に絡んだ大金を手にした男が非情な殺し屋に追われるサスペンス。監督は映画『ファーゴ』のコーエン兄弟。大金を手にした男を映画『アメリカン・ギャングスター』のジョシュ・ブローリンが、彼を追う殺し屋を映画『海を飛ぶ夢』のハビエル・バルデムが、殺し屋を捕らえようとする保安官をトミー・リー・ジョーンズが演じる。独特の緊迫感と恐怖を演出し、人間と社会の本質をあぶり出すコーエン兄弟マジックが見どころ。(シネマトゥデイ)


あらすじ: 狩りをしていたルウェリン(ジョシュ・ブローリン)は、死体の山に囲まれた大量のヘロインと200万ドルの大金を発見する。危険なにおいを感じ取りながらも金を持ち去った彼は、謎の殺し屋シュガー(ハビエル・バルデム)に追われることになる。事態を察知した保安官ベル(トミー・リー・ジョーンズ)は、2人の行方を追い始めるが……。(シネマトゥデイ)



  この映画は、まったく分かってない人が見ると、とっても、イスに縛り付けてガスバーナーで眼球を溶かしたくなる感じです。(ホステル)

 にしても、意味が分からないとか、こんなんが好きで勝手な解釈してんだな、とかいう奴等を、斧で立てに切っちゃいたい(クライモリ2『原題wrong turn2』)です。
 
 にしてもさぁ、
 第60回カンヌ国際映画祭
 第64回ヴェネツィア国際映画祭
 第32回トロント国際映画祭などで上映。

第80回アカデミー賞にて作品賞をはじめとする8部門にノミネートされ、作品賞、監督賞、助演男優仮に、面白くなかったとしても、理解不能なワケないじゃん。
 
 映画を観ている人なら、面白い、又は「深い」って思える映画でした。
 
 100点。 
スポンサーサイト

テーマ : ノーカントリー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして~

B級さんのところからきました!
BONES大好きです。美人な才女が好みなんでコールドケースも好きです。
くらいもり、2があるんですね~
後でじっくり拝見したいのでお気に入りにいれました。
またきます。。^)ノ

「ノー・カントリ-(原題No country for Old men)]

 森乃様、こちらこそはじめまして~。
 
 クライモリ2は、1よりもまぁ、なんだかクレイジーくてよかったです。最終的には終ってないけど、まぁ人物たちはまぁちゃんと〆ることができてましたし。

 美人な才女、というなら「トゥルーコーリング」?「CSI(本編)」?、「ミディアム」? もっと早くseson2が観たいですね~^^
プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。