茶栗鼠の映画評論 レッド・クリフ Part1Ⅰ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッド・クリフ Part1Ⅰ

明日はなんでか模試がある~。
今日が勝負ですね!(なんのだよ)
あと、太宰府の宰がやまいだれになてました。

avex2.jpg


photo174987.jpg



何か、これすっごいキャストがいいですよね。あ、声優さんじゃないですよ。声優さんも素晴らしいできですが。

でもなぁ、どこか長い。
2時間と半分の長さわなぁ・・・・。

うーん、三国志ってのは、こういう感じなのかな?
軍事的な策略、カンケイを図ってみるのが面白いって思ったのですが・・・・。

これ、確かに中国人さんがお好きそうな感じ。
そういうとアレですが、なんか観たことある。

あと、周ゆの声優さんが山寺さんなので、どこかチャウ・シンチーに見えました。

chn34_rpt2304_sub3.jpg



中村獅道さんの出番がそこまで多くなかったのはいかがなものかと。

けっこう知れ渡っている話ですが、欧米、西洋では一本にまとめた二時間バージョンがありまして。

それもどことなく理解できないこともないかナァと思うわけですね。



あと、中国映画で(香港)ありがちな、悪役の高笑いが懐かしい感じでしたね。
で、チョウヒの役者さんがなんか、はまり役で・・・・。
中盤戦のチョウヒさん、強すぎでしょ。あれ。
でも、原作ではもっと強いらしいですね。

でも中盤もなかなか普通でしたよ。
あの亀の甲羅の作戦のやつ。

なんか、黒沢監督の時代活劇の方が、リアリティがあるし、敵が攻撃してくるって言う感じで・・。
まぁ、比べると元も子もないですけどね。

あとなぁ。
なんだか、そこまで殺陣がよくなかったというか。

あと、その亀ちゃんの作戦で、『300』と被るとこがありましたね。
『Meet the spaltans』を観たくなりました。

maguro757.jpg

っていうか、敵が多いなというか。

はっちゃけていうと、あまり撮り方ががうまくないというか。全体像がわかりづらいかも。



この映画で称賛したいのは、音楽ですね。センスがいいというか。ドコドコという太鼓?系の音もよくて。
最初のテーマソングも好きです。


うーん大作って感じはしたんですが。

やっぱ原作読まないとね。

★★★

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


対岸の、あの岸壁に詩を刻んでやるぞ!
赤壁のま向いだ!


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト

テーマ : 私が観た映画&DVD
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レッドクリフ Part I 【史実とも 演義とも違う ジョン・ウー版】

『レッドクリフ Part I』 赤壁 2008年・アメリカ=中国=日本=台湾=韓国 西暦208年の中国を舞台とした三国志モノ映画。演義寄りでなくて、正史ベ...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

面白そうですね。
DVD化になったら見ます、見たいです。
v-254

No title

TAKEOさん、コメントありがとうございます。
三国志好きなんですね。
面白いランキングに入ってらしてますね。
見て損な映画ではないですので。あと、DVD化もうしてますよ~^^
プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。