茶栗鼠の映画評論 WANTED

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WANTED

『ウォンテッド』の画像を探すとですね、ジョリー姐のばかりで、さびしかったです。
マカヴォイどこ行った


080917_3.jpg





字幕版とDAIGO of the dead verを観ました。

ええ、一つ言いたいのは、DAIGOの声が全然あってないところですね。
あと、
平凡でイケてないサラリーマンの僕だったが、親父は暗殺者で実はすごい戦闘能力を兼ね備えて、世界を救うZE☆みたいな。
元特殊部隊隊長の娘が誘拐された気分です(『TAKEN』観たいです)
そう、これは、アメコミの王道を疾走されておる映画です。

でも実は、まさかの超特急de STAR WARS!というハチャメチャな一面も備えているんですね。
ストーリーとしては、もう上記で十分なんですが。

恋人にも捨てられ、人生にうんざりしているウェズリー(ジェームズ・マカヴォイ)。そんな彼の前に突如現れた謎の美女フォックス(アンジェリーナ・ジョリー)は、ウェズリーの亡き父が秘密の暗殺組織をけん引するすご腕の暗殺者だった事実を彼に知らせる。しかも父亡き今、ウェズリーは組織を継承する立場にあると言い……。(シネマトゥデイ)



さて、これで思うのですが、アクション映画にはテンポが大事ですよね。訓練シーンが2~4割ぐらいを占めてるんと思うんですが、それがちょっと長いかナァ。
どうでもいいかもしれないんですが、最初の目標を殺したときのマカヴォイさんの顔が、J・キューザックに観えた気がしました。
モーガン・フリーマン、大御所ですねぇ~。ですけど、セリフもないし、けっこう黙っているので、ヒューマニズムの欠片もありません。

なのに主人公の元親友が、殴られたとき、「お前って最高!」みたいなことをいうのですが、それがちゃんとキャラ立ちしてた反面ってのが気に入らないですね。

気に入らないのが、吹き替えの台本。
第二の目標を殺すとき、『I'm sorry』から『残念でしたぁ~』に変わってます。確かに、主人公が成長して、変わるのはわかりますが、ちょっと違和感があったカナ?と思います。


脚本が、いわゆる中2病設定と言われてますが、大丈夫でしたね。

キャストがけっこういいですね。それと、椅子に縛り付けてマカヴォイを殴る人って誰ですかね?あまり質問しても答えてくれないので、ちょっと心配ですが、どうでしょう。調べても見つからないんだなぁ。Yahoo!知恵袋に相談すっかね。


よかったところは、音楽も気に入りましたね。アウトローみたいな感じで、しかもノリがいいです。
なんだかなぁ。一番ダメなのが、マカヴォイの声優、DAIGOでした。

2008091800101.jpg




Q:マカヴォイさんはDAIGOさんが吹き替えされた映像を観ていかがでしたか?


J: 僕は自分の役がアフレコされているのを初めて見たんだ。前に人形劇の吹き替えをしたことがあるんだけど、人形と人間では大変さが違うだろうね。実際に人間の演技に声を入れるのは大変だったと思う。すごく良かったよ!

D: あ、じゃあ自分グッジョブ(Good Job)って思っていいってことですか? めっちゃ光栄うぃっしゅですよ。


茶色は、へッ!とか思いました。
そしてすっごい羨ましかったです。
声大きいもん。あと、「座れ!」のシーンが全然成長してへんじゃったよ。



Q:DAIGOさんの日本語吹き替え版は、まったく違和感がなくてすごく自然な仕上がりでした。アフレコに初挑戦した感想はいかがでしたか?

D: しょっぱなはこんなにせりふが多いと思ってなくて、もっと気楽にいけると思ってたんすよ。でも台本見たら7割8割ウェスリーのせりふなんでぇ~、ヤバうぃっしゅだと。まぁでも、日々びっちりやりましたよ。一番の見せ場はカーチェイスのシーンで、結構ずっとシャウトしてるんすよ。「ノー!」みたいな感じで。そこはねぇ、おれもボーカリストなんでね、いい感じでシャウトしましたよ。全力でぶちかましました。出来栄えは103点くらいじゃないっすかね。


・・・・・マジで?茶色の耳がおかしいのかな?そういえば、最近耳にエイリアンが舌を突っ込んできたような・・・・・・(『エイリアン2』)。
  
 あと、渓谷に挟まった電車での告白シーン。それで衝撃の事実を知った時の、カメラの位置が、ホラーっぽくてキュンってしました。(変な心臓・・・・)
 
まぁ、見せ場は最後の紡績工場に乗り込むところじゃないでしょうか。
スピード感がよかったです。CGもよく、グロテスクな部分もグッときました。

うーん、★★★☆じゃないでしょうか。 



wanted_15_1680x1050.jpg
E382A6E382A9E383B3E38386E38383E38389E3839DE382B9E382BFE383BC.jpg




にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

君は弾道を曲げられるか?

にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日本映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

No title

殴る人、リペアマンはマーク・ウォーレンという英国俳優です。テレビドラマでご活躍です。
映画では『シャイン』ぐらいでしか・・・。
Marc Warrenで調べてみると良いですよ。

No title

Pさん、コメントありがとうございます。
そうだ。華麗なる詐欺師~の人ですよね。
テレビドラマで観たんですよぉ、そう言えば。映画でリンクがつながらないはずですね。
ありがとうございます。
けっこういっぱい、画像がでてきました^^/

ラスト・ショット!

フォックスのラスト1発は実に重みのある1発でしたね~

この映画大好き!丁寧なご紹介ありがとうございます・・

実弾射撃も趣味れすよ・・・

No title

Surfriderさん、コメントありがとうございます。
フォックスの最後の一撃と、セリフがいい感じでしたね。
どくどくの雰囲気がある映画で、楽に観れる反面もあってよかったです^^/
プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。