茶栗鼠の映画評論 ハロウィン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハロウィン

ええと、はい、そうですね。
これでニュージーランドに行ったときに出す予定だった評論は終わりです。
前の回でも述べてますが、茶色の通っている学校は優秀ではないです。
お金持ちの小っちゃい子が、毛虫を見た時のような反応で、新型インフルに挑んだ形になっています。見てると、だんだんイラつきを通り越して、カワイソウに見えてきます。

ほんと、変な子ねぇ。みたいな。

あと、本作もそういう映画です。

B000VCU0HK_09__OU09_SCLZZZZZZZ_.jpg
ijhj.jpg

犯人は最寄の精神病院へ搬送されました。


やっぱり、ホラーならなんでもござれ、ってわけにはいかないですね。
っていうか、日本語パッケージの『DEATH TOUR 』って、意味分からないです。

友人もなく、家庭でも愛されず、孤独に苦しみ続けた少年マイケルはハロウィンの夜、不気味なマスクを被って、赤ん坊の妹だけを残し、母親の恋人、姉、そしてそのボーイフレンドを惨殺してしまう。その夜からマイケルは厳重警備の精神病院に収容され、小児行動学者ルーミス医師の治療を受ける事になる。彼がマイケルの魔性を理解できる唯一の人物だったのだ。そして17年後のハロウィン―成長したマイケルが精神病院を脱出する…。(映画サイト)

あらすじ。
いやぁ、僕マイケル。10歳。身長135cm。
皆からマスクの趣味でヒかれてけるけど、マスクオタクなんだ!
もちろん、みんなジム・キャリーは好きだよネ!?

家族はみんな、阿婆擦れと、不良なんだ。
でも、マザコンなんで母親は好き。
で、学校でいじめられてブチギレたもんで、その勢いで、家族やら皆殺しにしちゃった。
そっから精神病院へ入れられて、途中でまた狂うんだ!
看護婦さん殺すんだけど、何か「ハンニバル」みたいでしょ!


っていうか、今まで普通に話してたけど、そこから全然話せないの。

それから厳重な手錠とか、軽く外して、精神病から抜け出したのは15年後。
ってなわけで、今までほったらかしだった妹を迎えに行くんだ!

手ぶらなもんだから、野生の感を便りに歩くんだ!でも、ただなんとなく分かるんだ!
でも、中盤から一言も話さないもんで、何をしたいか分かりませんケド、言いたいことわーかるでーしょ?

それから、ハロウィン近くは、どんな格好で歩いても職務質問されないから安全だもんで、徘徊するんだ!

そしたら妹に会うんだけど、赤ん坊の時しかしらないからちょっと自信なさげなの。
でも勇気を出して、迫ってみるね!

精神病院からどんだけ近いんだよ、って話だけど、そこは気にしないでネ!


<あらすじ完>




これ、あんまり面白くなかったです。
ある意味でも笑えないし。

最後、女が銃を持ってるのに、ぎゃんぎゃん逃げ回りますし。
なんか、全体的に古い。
これって新しい映画なの?って思ってしまいます。古き良き感じなのかもしれないですが、それならオリジナルを借りたいです。

いえ、前半はいいんですよ。
いたいけな子供が、サイコ野郎になっていく、というやつが。
スピード感もいいですし。


tgrw.jpg


でも、後半から、あたしたち馬鹿ですけど何か?みたいな女子高生?が出現しますし。
ハロウィーンなんで、セックスしようヨ!みたいな、ノリもあんまり好きじゃないし。

で、主人公の男を見つけると、叫ぶし。
これ見よがしに叫ぶし。
なんだかなぁ。

最初のちょうどいい感じの、狂い始めはよかったんです。

でも、最後あたりで警官がおどおどしてほぼ銃を扱い切れてなかったり。

たぶん、警察官と見せかけておいて、そこら辺のコスプレイヤーかもしれなかったです。
主人公が銃をとって、尚非好戦的なのはあんまりにもホラー感を出し過ぎた感がありました。

銃持ってるんだから、戦えよって、思います。
腰ぬけは嫌いじゃない。だが、銃を持った腰ぬけは嫌いだ、ということばはまさしくホラーのためにあったのですね。(『シューテム・アップ』)

正直、最後のあたりも減速が半端なかったです

主人公が屋根裏を伝うんですね。そしてサイコさんが、木の棒かなんかで天井ぼっかぼっかするんです。
なんか、そこで引きづり込まれなくて。
早く終わらないかなぁ、って。
一言もサイコ野郎が口を開かないので、減速がすごいです。

人物描写がなってなくて、基地GAYなのにまったく緊張感のない主人公にダメ出し。


★★☆。
うーん、これぐらいが限界かなぁ。
期待してた分もあったから、結構残念点も含まってるかも。スプラッターが大好き、っていうなら、観てもいいんですが。
ではでは。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


私はあの子の中の悪魔を追い払えなかった

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


スポンサーサイト

テーマ : DVD
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あ、まさしく私もこれから観ようと借りてきたところです。
って、見る前から点数低いと、テンション下がるし・・・。

しかも、続編も結局出すそうですねぇ。

ニュージーランド行くんですか?学校で?
それは楽しみですね~。

No title

とら次郎さん、コメントありがとうございます。
っていうか、ごめんなさい。
続編、観る感じですが、そこまで点数高くないのが実情です。

っていうか、前前から言ってるとおり、学校の交換留学で行く予定でパスポート取ったんですが、トンフルの所為で早々と休止に。
ということで、ニュージーランドの行く予定だったんですが、行けなくなって落ち込み中なんです(5月ごろにアイツら休止しやがって・・・・・怒)
プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。