茶栗鼠の映画評論 11:46

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11:46

皆さん、こんにちはです。

今日のテストは古文と、英語Ⅱでした。

思ったより文法がなかったもんで嬉しかったです。

さてさて、Pさんに間違って『11:46』を観たと話を振りまして、ごめんなさい。


あと、コメントの返事が遅れてしまって、申し訳ないです。中間考査で忙しいというのもありましたので申し訳ないです。
なんども言いましたが、これが終わったら、家族が居ようと居まいと『東京残酷警察』『パコと魔法の絵本』、『ヘルライド』『明日に向かって撃て』とか、いろいろ借りるつもりです。

あと、『明日に向かって撃て』って面白いですか?

じゃなくて、チャットを開くんで週末どこが開いてるが言ってくれると嬉しいです。

ろくにコメントも返せず、申し訳ないです/


7417d0920ea0b884c1e8f110_L.jpg


超絶なB級映画となっておりまして、人には勧めません。
ひさびさのアルバトロス的な映画となってしまって、ほんとレビューのしがいがあります。


開始1時間経っても、だらだら映画。
最初あたりはよかったのですよ。地下鉄に乗ったら、怪物っぽいのが襲ってきて=、って話でした。

ですが、精神病院勤めの主人公が地下鉄にのって、その地下鉄が止まって、軽く千万人もいる

ちょっとイタイ男の人と、すっごくキモい童貞男と、アジア系と、家族のいる男と、馬鹿なカポーがおります。

電車が止まって、ポケベルが鳴ります。
そしたら狂宗教たちが文字色15cmほどの短剣を取り出します。

のちの展開っで、どうもこれは量産品だそうです。
どっかの工場で作っているんでしょうね。
ええ、おそらく中国です。

げへへ、救ってあげるわぁ。
人を殺したら救われるのぉ。
という人たちです。

某サイトさんで、ツンデレをやった、という記事がありましたが。これはいま巷で最新のヤンデレってやつなんですね。
初めて見ました。
しかも、アメリカとかの映画で。

人物一向は電車を降ります。その後、地下鉄をだらだら歩きます。
予算が低くて、何人も殺すわけにもいかんので、ダラダラ歩きます。

するとさっきの童貞男がいたんで、椅子に縛ります。
童貞の変態で狂信者の奴を殺せばいいじゃないって思うのですが、善い方たちです。みんなクリスチャンなんだと思います。
あと、こんな酷く暇な映画はありませんね。

あと妊婦さんが刺されるシーンがあるのですが、それがあまりに屑です。
なんか未熟児っぽいことどもが取り出されるんですね。
もう、なんかそれ観た時に、こいつら面白くないな、って思いました。失敗作を確信したしたシーンですね。
『屋敷女』って、主人公がほぼバスルームにいるにも関わらず、非常にスリリングです。


ここまでイライラする映画はあまりないと思います。

あと、童貞男ですが、そいつが集団で逃げる途中で会うのです。
そして縛ります、
カポーが取り残されます。童貞男はなぜか信者のお偉いさんなので、そのうち仲間がきて、殺されるぞ、といいます。
神がどうたらこうたらです。
カポーの女は、幻覚を観たんで、童貞男を解放します。
殺したら魂は救われるんで、彼女は彼氏を殺そうとします。
自分が童貞男の縄をほどいたんで、もう死んだも同然なのですが、彼女は泣いてばっかです。

童貞男に襲われる彼女、サラですが、仲間がきて取りやめになります。そしてその後、殺されます。
童貞男は童貞を最後まで守り通すと、スティーブ・カレルもびっくりの誓いをしたので、おとがめなしです。

童貞男アルティメットは、集団を追いかけます。
さて、一団は三人ほどの信者に出会います。
4対3なので、有利なのですね。それに小さい剣相手にバールを使うも負けてしまいます。

なんか全面的にみみっちやりとりが続きます。
アジア系と、医者が戦おうとするのですが、ライトを当てると女が怯むので延々とライトを当ててます。こいつらなんて馬鹿なんだ、と思いながら、観ています。

ちょっとイタイ男は、太ももを小さい刃物で刺されたので重症だそうです。

彼をおいてはいけないわ、と言った瞬間、茶の限界点は即効で超えました。
どこかの火山が噴火したので、河口近くの泉がコバルトブルーから、茶色になったそうですね。

200901_1_2.jpg




一向は先に進むのですが、医者が叫んだので後を追われてしまいます。

さて、童貞男は医者の後を追うのですが死亡フラグが立っているので死ぬこと間違いないでしょう。

アジア系はふらふらと走り、信者に追いつかれます。

存外にマッチョな家族思いの男性は、なんとか外に出ようとします。でも外は信者がいっぱいでどうにもなりません。
この宗教は世界的に有名らしいです。
アルカイダの二つぐらい軽く潰せるでしょうね。

そこで成人男性の二倍ほどの速さで走る婆さんに忍び足で追いつかれて殺されてしまいます。

アジア系は、なんとか逃げ切ります。
ポケベルがなって、死ぬように指示があったんで、青酸カリを服用して死にます。
そっからどうなったkが、ほぼわかりません(;一_一)


最後あたりで童貞男が、自分には神が見えないんで、死ぬことにしました。
ちょっとお腹を切ります。



そしたらさっきの超人的なおばさんがやってきて、殺されます。

童貞男はやはりスティーブ・カレルになることを捨てられず、主人公を襲う事にします。
童貞男がキスをしたら、皮膚を食いちぎられ、ぽいっとリモコンみたいに落ちていたナイフで刺します。
さっきの超人のおばさんのおとしたナイフです。

海兵隊員の妻が殺されるれるくらいに、観たことある感じです。
最後は信者の腹から宇宙ジ人が現れます。
ちょっとなんか、『ディンセント』の親類みたいです。
地底人みたいです。

ショーン・オブ・ザ・デッドのゾンビと同等の強さでしょう。


最後に、主人公の女医さんのアップで終わります。

ちゃんちゃん。

ここまで、面白くないえいが は久々でした。
これはきつかったです。
いやぁ、酷かった。

もうどうでもいいおバカさん映画。
そんなにグロテスクでもないですし、ドキドキもない。
アルバトロス?これ?


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

(海外ドラマ、『フランズ』にて)
ねぇ、ロス。もしかしてとは思うけど、こっちに売春婦送った?


にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : DVD
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 11:46

グロなしドキドキなししかもそれがホラー映画ww
ある意味レアな映画かもしれませんねwww

Re: 11:46

チキンさん、コメントありがとうございます。
ホラー映画は洋画に限り、失敗作が多いですヨネ。
邦画に関しては、グロもないし、オチかたが気に召さぬものばかりですので、ついつい倦厭してしまいます(>_<)
プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。