茶栗鼠の映画評論 屋敷女

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋敷女

さてさて、茶色は文化祭の練習真っ最中ですが、
受験に失敗した高校がお化け屋敷、
茶が通っている高校はダンス。

あっちがいーいー。
茶は踊りたくナぁ―いー!
(駄々栗鼠)(>_<)

まぁ、やってみればたのしいのでしょうけどね。


なんか、映画観たい。
というわけで、今回の映画「屋敷女」です。Gomプレイヤーで再生して、FLVで保存されています。

こんなに悪趣味な高校生がどこにいるか分かりませんが、いたらご一報お願いします。
でも、茶の映画好きは、ジェフリー・ダーマー並に異常ですので、並大抵の映画好きでは太刀打ちできませんからね。
FBI心理捜査官を、読んでいますので、「秩序的殺人者」にならなければ、茶は何があっても大丈夫だと思います。
そんなに当てはまりませんよ。5個中1個ぐらい違います。
ええ、うちの親は健在で、精神異常もきたしておりませんので、ご安心を。

ダンス、するべさ。
がんばれ、とかいわんでほしーの。


ストレスがたまったので、「屋敷女」をちょっと観て、気晴らししました。
もっと落ち込むんじゃない?って思われるでしょ?そうなんですよー。
そのために存在するんです。

でも、ホラー好きの人は観れないでしょうから、
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
このバナーからどうぞ、お願いしますネ★
学校の食堂では、うどんがかき揚げをつけても210円で食べられます。
500円もらっているので、おつりが290円。それが週に二回程度なら、580円。つまり、ゲオで映画が8本借りられるレベルなのです。

いえいえ、高いお金を払って最寄の旧作100円、新作200円レンタルをしても、十分に満足できます。
でも、時間がないのが問題なんですよね(>_<)

茶栗鼠は普段、食堂に友達と行くのですが、その時こうつぶやきました。
「今日は、フランス産ホラーかぁ」

すると友人のTが

「なんでワインみたいなノリで言うん」といいました。
そういえば、茶栗鼠はアメリカ映画大好きっこだったのに、映画とあらば何でもござれという映画レベルまで達してしまいましたねぇ。(でも携帯小説が元のとかはダメ)

あとその日の夕食に母が、「面白いDVD借りてないの?」というので「フランス産ホラーしかない」というと
「どんな映画なの?」
と、訊いてきました。ですから茶栗鼠は
「ネットで結構DVDが批判されてるんだよ」
「何で?つまらないから?」
「いや、刃物を使うシーンでモザイクを入れてるんだって」
「・・・・・・」
 という会話もありました。

 ええ、今日の映画は『屋敷女』です。
 人生にはいつか対峙せねばならぬことがあると思います。誰かから推すめられねば観ない映画や小説。茶栗鼠はパソコンがなかったら借りなかった映画でしょう。同様に『いきながら火に焼かれて』という小説があるそうですが、(ノンフィクション)それを読む勇気がないので、誰かから勧められるのを待っているんでしょうねぇ。

 誰も絶賛しなかったら、黒沢映画も観なかったですし。

 そういう映画の一つです。


inside_poster.jpg


前前から予想していましたが、これほどまでに怖いとは・・・・・
あと、猫ちゃんが・・・・・。ネコちゃんが。出てくる頃には、恐怖は絶頂に達しています。

ええ、もう、老若男女問わず、吐き気を催す映画となっております。

ここまで切り株られると、もう別世界です。

<セリフ>
赤ん坊は、私が面倒見る

感想
こう、全体の雰囲気が暗いので、こんなに眠気とは無縁な映画は久々です。
『HOSTEL』を観たんですが、こっちのほうがきつかったです。
あら?『クライモリ2』って、ミュージカル映画だったかな?と思わせる作りとなっております。

inside011.jpg


すっごく怖いですねぇ。
もう全面が血だらけ。
警察がやってきて、ドキドキはらはらな部分があるのですが、それがもっと怖い切り株を誘発するのですよ。
ジャケットの絵となっている部分ですが、それがスタイリッシュですね。
っていうか、何人が死んだんでしょうか。
中盤に差し掛かるまでに、2人は死んでます。

どこを観ても、いい気分にはなれません。っていうか


inside009.jpg

これ、リンク張ってるお友達の中で、観る人がみたら、気絶するんじゃないでしょうか。
小さい頃に観たら、軽いトラウマになりますね。

もう、誰もが言うことでしょうけど、妊婦さん厳禁。これを妊娠中の人が観たら、どう思うんでしょうか。

あと・・・・・・、くろぼかしですヨォ。
何か、そこまでぼかさなくても・・・とは思いますが、ぼかさなくちゃこれは無理だって映画なんですね。
多分、比率的にぼかしありの方がメンタル面で助かるって人多いでしょうし。
これ・・・・・、劇場で観たかったかも。
いや、甚くお気に召したんじゃなくて、二人以下で観るにはあまりにつらすぎる映画です。



酷かった。

で、後日たっまたまニコニコ動画で屋敷女の映像があがってたんで、観たんですが、いやぁモザイクがかかってませんでした。
http://www.nicovideo.jp/mylist/5541923から行けます。怖かったぁ。 この後味は『ミスト』を俄然超えております。
 ホラー映画としては、日本映画なぞ勝てませんね。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

「ビンゴが麻薬発見したんでしょ?ね、合わせてよ!」
「いや、今はちょっと・・・・・、10㌔の麻薬でラリってるんだ」

 
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ
スポンサーサイト

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ホラー好きの私にはうってつけというわけですねww

No title

チキンさん、コメントありがとうございます。
茶もホラー好きですが、これだけは避けては通れぬ道ということで、鑑賞しました。
チキンさんのブログでカタコンベがグロイ、と仰ってましたが、これは数十倍グロイです。
モザイク無しなら、トラウマもんですね。
お勧め(していいのかな?)の一品です。
プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。