茶栗鼠の映画評論 ダークナイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダークナイト

2度ほど、回線が切られたんで、薄っぺらい評論になってるかもしれないです。
でもね、観るに十分値する映画でしたから、評論しますね。
面白かったです。


これは凄いですね。
ジョーカーが異常にかっこいい。
正義と悪との壮絶な戦い。
これが嫌いなら、『恋空』を観るか、アメコミは『アイアンマン』に任せましょう。


2007121804.jpg
正義と悪


いやぁ。
これは、長いだけ面白い娯楽映画でしたねぇ。
バットマンの成長もちゃんと含んでありますし。ビギニングでの若干、進行の遅さがうって変わって、そっこう勝負。
武器もすごければ、飛行中の旅客機に乗るなんてことも朝飯前なんですなぁ。


あらすじ

「ジョーカー」と名乗る正体不明の犯罪者がゴッサム・シティーに現れる。不気味なメイクに身を包み、嬉々として犯罪を楽しむジョーカーは、その日も白昼堂々と銀行強盗をやってのけると姿をくらませた。

一方、「暗黒の騎士」バットマンことブルース・ウェインはゴッサム市民を守るべく、毎晩悪と戦い続けていた。しかし、悪の芽をいくら摘み取ってもゴッサムに平和は訪れない。バットマンは、ゴッサム市警のジム・ゴードン警部補と協力してマフィアの資金洗浄元である銀行を摘発するという手段に出る。市警に潜む内通者の存在で一時は失敗も危ぶまれたが、新任の地方検事ハービー・デントの後押しもあり、ついにマフィアの資金源を絶つ事に成功する。

バットマンと違い、白日の下に姿を晒して正々堂々と悪に挑む「光の騎士」ハービー。そんなハービーの姿に、ブルースは彼こそゴッサムが求める真のヒーローだと確信し、バットマンを引退しようと考え始める。かつての幼なじみである検事レイチェル・ドーズに未だ想いを寄せるブルースは「バットマン引退の瞬間」こそ彼女と結ばれる時であると信じていたが、一方のレイチェルはブルースとハービーとの間で揺れ動いていた。

その頃、資金源を絶たれて悩むマフィアたちの前にジョーカーが現れた。ジョーカーは彼らの全資産の半分を条件に、大胆にもバットマン殺害の提案を持ちかける。罪なき市民や警官を次々に殺害し、さらには市長暗殺を企ててバットマンを追い詰めるジョーカー。これまで自身のルールに従って犯罪と戦ってきたバットマンは、「秩序」を一切持たないジョーカーに苦戦を強いられるが、ジョーカーの真の目的は金でもバットマンの命でもなかった。ジョーカーの唯一の目的、それはゴッサムに「恐怖」と「混沌」をもたらす事だったのだ。

果たして、バットマンはジョーカーの「死のゲーム」に勝つことができるのだろうか…?

mfjmj.jpg



感想

監督自身は全体像を『ヒート』に似ている感じ、といっていまして、あと、プリブレの狂ったFBI捜査官のフィクトナーさんも出演しています。

キャストの方は、モーガン・フリーマンと、H・レジャーは日本語吹き替えだと、子供向きな感じがしますねぇ。変な声優さんじゃなくてうれしいですが。

町の雰囲気とかが、町そのものを映すシーンが多くなくてもシビアに伝わってきます。
前バットマンシリーズの中で、これが一番面白いかもしれないです。

最初はジャック・ニコルソンが「ジョーカーやりたーいのっ!」と、駄々をこねてたようですが、どうもヒースが面白いということで、納得されたようです。


bgdh.jpg



もしもバットマンがアンパンマンだったら、という評論を観たことがありますが、その通りですね。確かに、一筋縄ではいかない現状になることがありますね。
善と悪、善が悪へと取り込まれたとき。


実際、『アイアンマン』『ハルク』『スーパーマン』『パニッシャー』とは違う、娯楽大作になりずらい映画です。
暗くて長い映画!と言われてしまえば、そこまでかもしれなません。

でも、それはあくまで携帯小説映画好きの方のお話であって、非常に面白い映画だと茶栗鼠は思います。

あと、ジョーカーのナース姿はすごかったですね。
マイケル・ケインも執事の鏡です。
Showbiz Coutdownの字幕の方が面白かったかも・・・。


歴史的な映画に変わりがないですね。
正義と悪だけ、というのは主題がそれであるからですね。
ジョーカーは嵌り役でしたね。あの楽しい話を一度はしてみたいものです。

これを長いと感じる方がいらっしゃるかもしれないです。展開をしっかりと観れていないというか。今までそんなに長い映画を観たことがないんじゃないかと思います。映画好きならざらに、130分程度の映画は年に数回出会うことがあるんですね。

若干、911の影響を受けているかもしれない、という批判的な意見には断言的な否定はできません。
ですが、大勢が大好きになった最新作バットマン、ご覧になられては?

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

楽しい仕事なんてない。それを楽しいと感じる人がいるだけだ。

にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 見た映画
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ダークナイト

色々な意味で話題であったこの作品、ようやく観ることができました ヒース・レジャーの遺作であり、彼のジョーカーは言葉に言い表せられないほど、本当に素晴らしかった。観ているこちらが圧倒された。彼の演技がもう観られないのが、本当に本当に残念です アメコミもの...

ダークナイト

THE DARK KNIGHT/08年/米/152分/劇場公開 監督:クリストファー・ノーラン 出演:クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイン、ヒース・レジャー、ゲイリー・オールドマン、アーロン・エッカート、マギー・ギレンホール、モーガン・フリーマン、エリック・ロバーツ ...

コメントの投稿

非公開コメント

Re: ダークナイト

デターー!!ダークナイト!

結構前に見たので詳しいことは覚えていませんがジョーカーの顔が怖すぎだったのはまだ覚えていますww

あんなメイクの男が玄関前に居たらどうする?ww

Re: ダークナイト

すごいよね、この映画。
とにもかくにも、ヒースのジョーカーに尽きます。
映画館で観ましたが、迫力も満点でした。
時間のたつのも早かったですね。

また、ダークナイト見たくなったからレンタルするかな!

Re: ダークナイト

チキンさん、コメントありがとうございます。

結構前ということは、劇場でご覧なさったんですかね?
いやぁ、怖かったです。
玄関でナース姿で立たれたら、もっと不気味です。。。
近いうちに玄関もとい、家が爆発されるかもですね^^/

Re: ダークナイト

とら次郎さん、コメントありがとうございます。
いやぁ、いいな。劇場鑑賞、迫力があったんでしょう。
ヒースの演技力に尽きますが、他の映画はあんまり知らなかったり・・。

もう二度は観る機会がありそうですよね^^/

FC2の調子、悪かったですよね;

ダークナイトだ~。
これは観ましたv
ジョーカー役のヒース・レジャーは凄かったですよねっ!
あの口の説明が一回一回違うところにゾゾーッとしました;
でもアメリカでは去年ぶっちぎりのNo.1映画だったんですけど、日本ではそんなに受けなかったんですよね?(←間違ってたらごめんなさい;)
私も茶栗鼠さんのおっしゃる通り、吹き替えより字幕の方が絶対好いと思いますv

Re: ダークナイト

あけぼのさん、コメントありがとうございます。
ヒースは大人気ですね^^/
口の説明、一回はしてみたいですねぇ(無いですけど、傷)

アメリカでは5億ドル稼いだみたいですが、日本ではあんまりっぽかったですねぇ。
吹き替えより、字幕の方がいいですねぇかお^^

Re: ダークナイト

これは、恐かったですね。
ジョーカーというカードは、引いた人の気持ちが反映されるので、
これに、打ち勝つことは、無理なような気がしました。

>これを長いと感じる方がいらっしゃるかもしれないです。
すいません、これ、長いと感じました。
ジョーカー=ヒース・レジャーが良かったので、
他の二名のキャラが映ってる時、不要に長く感じてしまいました。
結果論ですけど、ジョーカーをもっと主力で描いても面白かったと
思いましたです。

Re: ダークナイト

kinoさん、コメントありがとうございます。
ジョーカーは、、魅力的なキャラな割に、すっごいB級感を出す危険性があるので大変ですよね。

140分ぐらいあったですよね。これ。
ジョーカー、かっこいいっちゃかっこよかったですが。歴史的な悪役ですよね(>_<)

Re: ダークナイト

僕も全然長いとは感じませんでしたねぇ。
ヒースのジョーカー役ばかり話題になってましたが、いやいや、ストーリーも濃厚で見応えありましたよ。
一度私も、大金を燃やしてみたいですね。
(一生無理!!)

Re: ダークナイト

ヒロ之さん、コメントありがとうございますagain。
全然、長くなかったですねぇ。
ヒースが急逝しちゃった部分も手伝ってか、ジョーカーは名演となりましたね。

あのストーリーがダークな感じが素晴らしかったですよね

大金、燃やせるかなぁ。(犯罪ですが・・・・)

Re: ダークナイト

ジョーカーが背中越しで登場するシーンは不気味。
特にBGMの不安を誘う上手さは素晴らしかったです。

個人的にはハーヴェイがトゥーフェイスになる過程が上手いと思います。
もちろん、バットマンが悪名を自ら引き受ける辺りは格好いいの一言です。

Re: ダークナイト

明茂さん、コメントありがとうございます。
ジョーカーはかなり魅力的な悪約でしたね。

トゥーフェイスになる過程ですよね。あれはダークな雰囲気が満点でしたし、この映画の主題と繋がり、ジョーカーの勝利を意味していますので、意味深でしたよねぇ^^/
プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。