茶栗鼠の映画評論 Mr.ボディガード/学園生活は命がけ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mr.ボディガード/学園生活は命がけ!

さてさて、まだまだ映画祭りありますよぉ~。
あと、今日ですね、授業中に『フレンズ』を観ようと試みたのですが、字幕がなくて観れなかったです。
はい、そうです。
TVQ平日の11時30分から『フレンズ』絶賛放送中!!(なぜか宣伝栗鼠)
さて、今回の映画です。

ごめん、ジャト・アパトーさん。

最近の作品は無理かもです(>_<)


img_1501982_60392768_0.jpg



あらすじ。
どこにでもあるアメリカのハイスクール。
ドリルビットはツキに見放され、ホームレス生活を送る中年男。
ある日彼は、イジメに悩む冴えない高校生3人組にボディガードとして雇われる。
しかし彼は、全うから180度外れた男。なし
金銭を巻き上げようとしたところ、なし崩しに雰囲気が好きになったという適当なノリで、
子供たちを見守ることに。
子どもたちは、アメリカの負け犬なので、すぐにドリルを信用。
どうでもいいホームレスの、戯言も、馬鹿なアメリカンスチューデントなので、即効で信用。
後半からは、ドリルに視点をおいて、アメリカのおバカな高校が描かれます。
その前後も、主人公の三人は戯言を延々と信じて遊んでおります。


シャイア・ラブーフ似のいじめっ子がドリルがホームレスであることを知り、殴られてしまう。

だが、ドリルは持ち前の説得力一割と、高校生のお頭の悪さ9割でなんとか持ち直そうとするが、ホームレス仲間が、子供たちの家へ押し入る。

それでも依然と言い訳を連ねます。

っていうか警察通報しろよ、って感じなのは放っておくそうです。
多分、アメリカの馬鹿でイケてない変態高校生なので、そこら辺はわからないそうですね。

それから、ドリルは
シャイア・ラブーフに偽物とばれた為に、ちょっと殴られて、鼻を殴られます。

なんかもう、すべてが思い出したようにとってつけて、家庭と変な親と恋愛といじめと。

あと意味が分からないのですが、なんか学校で戦いを申しつけるのですが、それの訓練が

ゲームをする、チョコを食べる、小突きあう。

ええ、ほんとこれを作った人は、たぶん変態なんでしょうね。

っていうかそれって、『ナチョ・リブレ』じゃない?


drillbittaylor_1.jpg



最後あたり、ちょっとウザい展開が続きます。



なし崩し感が否めません。
全体的に、暇な時間が多いですね。
うーん、O・ウィルソンがかっこいいだけに、ちょっと頂けないですねぇ。全体的に、痛々しいんですよ。
ほんとに、どうしようもないくらいの高校生たちですので、どうしようもない感じとなっております。

後何か、痛々しい。

最後のシーンもなかなか、微妙でしたし。
いいところは、爽やかなラストと、ちょっと笑える一面とかですね。

ではでは。

にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ

◆ここからランキングへどうぞ~◆
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。