茶栗鼠の映画評論 シャイニング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャイニング

スタンリー・キューブリック祭り第二段!(第三段までしか予定がない)


一回はREDRUMって、言ってみたいかも。
(最近、誤字脱字が多いことに気付きました。ほんと、ごめんなさい)

けっこう、原作に忠実にやってほしかったなぁ、と思う一方でも、気が狂うのを如実に描いたすばらしい芸術的な面もある作品だなぁと思いました。



805169.jpg


4_59330.jpg



Hello,Jernny!
お客様だよ!




あらすじ

コロラド州のロッキー山上にあるオーバールック・ホテル。
雪深く冬期には閉鎖されるこのホテルに、管理人としての職を求めに来た小説家志望のジャック・トランス。
妻のウェンディ、一人息子のダニーと共にホテルでの生活が始まるのだが、息子のダニーのシャイニングという能力や、曰くのつきの部屋まであり・・・・・。





感想文・評論


最近の映画では、じょじょに正気を失っていく主人公を描いている作品はほぼ失敗に終わっているにも関わらず、ニコルソンの名演によってその心配は軽減された。



主演の子役さんがメイキングで。僕の給料は500~600ドルになるんだ。2ドルぐらいかと思ってたのに。
しかも、僕は認めるよ。頭がいいって、とかかなりハリウッド色に染まっています
その後、彼はケンタッキー州の大学で化学を教えているそうですけどね。
茶栗鼠もうまいと思うので、将来有望かと思ったんですが、子役は大成しずらい場合がありますね。


あと、所見、奥さんのシェリーさんがちょっと面白い顔をしているなぁって思ったんですね。彼女のいいところは目が大きいところですけど・・・・・。

美人なのかなぁ。もう59歳と、茶栗鼠の父親よりも年上です。

あと、ほんと、どうでもいいですが、あの双子ちゃんは実際の双子で、現在は微生物学者だとうですね。
なかなか巧いと思いましたが、どうでしょうかねぇ。
Twins_from_the_Shining.jpg

 いま、違う感想を読んでいるのですが、奥さんの顔が面白い、っていっていますが、それはいかがなものかと思います。
 そうでしょ?
 邦画を馬鹿にするな!(演技どころか、顔もそんなによくない人の集まり、と湾曲していっています。突然うっとうしいこといって、ほんとごめんなさい。っていうか、読んでくれてるだけでも嬉しいのに、愚痴まで読ませるなんで最悪ですよね。ごめんなさい)


あと原作と違って、能力が発揮されていないとか、爆発がないとか、茶栗鼠はちょっと思います。。。

うーん、これはねぇ、映画鑑賞レベルが高くないとダメかもねぇ(何気に自画自賛)
茶栗鼠は元々、オールマイティーといいつつ、コメディ、アクション、ホラー、切り株、ドラマが好きなので得意分野ではあるのですね。

この映画はジャック・ニコルソンの演技をしっかりと観ていないと、ダメかもですねぇ。


20081120002646.jpg

噂どおりの映画でした。
ちなみに、最後の雪などは全部塩なのだそうですね。
前回のホラーチャットでの話題でした。
いわれてみれば・・・・、っていうことってありますよね。

ではでは


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
スポンサーサイト

テーマ : 今日見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

Re: シャイニング

原作を絶対読むべし。
映画より10倍怖く、そして面白いんです。
文庫で上下あるけど…。

キューブリック好きというと即座に偽インテリだとか気取り屋扱いされるご時勢ですから、大きな声では言えませんが…一時期自室の壁にポスターを貼っていました。すごく好きな映画です。

原作は中古で買ってやろうと浅ましい事を考えていますが…ニコルソンの演技だけでもテンションが上がってしまうのに、撮り方の素敵な事。

そういえば、キングが脚色に文句を言って自身が監修した映画っていうのもありましたね。

Re: シャイニング

ロッカリアさん、こんばんわです。
原作、実は持ってるんですが、何分、洋書ですし、長いものであまり読み進める気になれなくて・・・・
現在「FBI心理分析官」を読んでます。
これまで読んだキング小説というのは小学生の「図書館警察」だけでして・・・・・。

でも、目を通してみますね^^/

Re: シャイニング

スコット様、こんばんわです。
キューブリックって、インテリなんですか。
ニコルソンの演技を観て、あ、ジョーカー観たいなぁって思いました。

あと原作は小学校の頃に「ミザリー」といっしょに中古で買いました。
あの時分に読める書物でなかった、と知ったのは中学になってからでした(>_<)

ちょっと前に、『シャイニング』をテレビで観ました♪
子供の頃にも一度見てて、その時はこの双子と血の海にうなされた;
今見たら、画面が凄く綺麗!
というか一つ一つのフレームが物凄く計算されていて、
そこが凄い、って思った。
・・・って、まともな映画ブログの管理人でもない癖に偉そうですね(汗)

チャットされるんですね~。
土曜日の午後8時は日曜日の朝4時…残念;(←え、来なくていい?汗)
一周年おめでとうございます☆
チャット企画、一杯楽しんで下さいねvv

Re: シャイニング

あけぼの様、コメントありがとうございます。
ニコルソンがあの若さであの映像は凄いですよね。

あけぼの様は、あら、お住みが違うのですか?時差?

結構ライトな感じのチャットですので、週末の夜あたりにでも声をかけていただいたら、チャット場にいきますよ。

Re: シャイニング

この映画、どこかのランキングで、映画史上一番怖い映画の1位でしたね。

確かに、怖い。
ニコルソンの演技が凄いですよね。

こういう精神的に来る映画は、観る方も疲れます。

もうすぐお互い1執念(←わざと)ですね。

Re: シャイニング

とら次郎様、コメントありがとうございます。

どこのランキングでしたっけぇ。聞いたことはあるんですけどねぇ(>_<)。

精神的に来る映画だったのですがしっかりしていて、驚きました。
あんなに「は?」って思わせる様な映画でしたのに、ちゃんと仕舞までできるとは・・・・

一執念、ホントそうですねぇ。夏休みに暇だから開設したら、生活の一部を占めちゃいました。

あ、そういえばチャットには参加されますか?
プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。