茶栗鼠の映画評論 1408号室

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1408号室

 死体から派生したウジ虫の成長に応じて、その死体がいつから死体なのかを判断したいです。
 ええ、ほんと、CSIが好きなんです。あと、クリマイも最近はじめまして。もう少しで全盛になると思います。
 NHKさんが『デス妻』(season3)を配信してくれてるので、うれしいです。
 
 そうだ!SunLive Cityがちょっと遠いんですけど、行ける距離にあるんですね。
 そこになんとあの有名人が!!!!
 

  090329_1655~01

 だ、だって『24 Twenty Four』好きなんだもん!
 さて、今回の映画はキング原作のホラーです。
 いや、敢えて『1408』を借りようとしたのには理由があります。昨日、祖母の家に泊まりに行ったんですね。
 最近、心配なんですので、様子見に泊まりへ。
 
 面白い映画を借りようと思ったんで、キングの原作ならだいじょーぶ!と行き勇んで借りました。

 そしたら、なんだろう。
 以前、んじゃめな本舗の方がこのようなことを言っていました。

 『となりのトトロ』を観ようとしたら、『ほたるの墓』でした、と。
 
 そう!まさにそれ!
 純粋なホラーと思いきや、『ハイド・アンド・シーク』風味に


 511gO-WUhkL__SS500_.jpg



 
 あらすじ。
 ほら話でにぎわう宿に泊まって、批判する本を書いてみた~
 という本の著書、マイク(ジョン・キューザック)のもとに、一通の手紙が届いた。
 その内容はドルフィンホテルの1408号室には絶対に入ってはならないというもの。好奇心をかき立てられたマイクはホテルに出向き、入るのをやめさせようとする支配人のオリン(サミュエル・L・ジャクソン)を説得する。
 っていうか、オリンが物で釣ろうとしてるんですけどね。
 そこから、ちょっとビビりながらマイクは部屋に侵入。
 オリンからかっぱらったお酒片手に、いやぁ意外と普通じゃない。
 とかいってると、いきなり枕の上にチョコが乗ってたり、使ったトイレットペーパーが元通りになってたり、 
 これは可愛い子ちゃんがいるなということで部屋中をくまなく探しますが、無駄骨を折ったのでぷんぷんしていると、窓の手すりに手を置いていると窓がいきなり落ちてきて、けがをしてしまう。
 これは死んじゃうと思ったのか、部屋を出ようとします。

 

そこはなかなか、いい見切りだと思います。


 ですが、扉があきません。。
 窓に出て、たすけてーと叫びますが、何分NYの夜なのでさっぱりです。
 
 そしたらお向の窓に自分がうつって、これは面白いとパントマイムをしていると、新作のハロウィンのジャケットに出てくるような人が襲ってきます。
 と思ったら、襲ってきませんでした。
 
 最終的にどっちでもいいのですけどね。(なんか、ラリッてらしたみたい)

 そこから、まぁ、いろいろなラリりかた(ラリって動詞だったかな?)を表現します。

 I withou! 
 私は出たぞ!
 


 っていう、のが印象に残ってます。
 

 ええ、ラリるところを省くと、ネタバレになるので、以下感想。

 ferf.jpg




 さて、茶栗鼠は祖母が一人暮らしですので、ホラー映画好きというのですし、DVDもなくて、映画も観れないでしょうから、借りてあげようと思っていったのですが、あからさまな地雷でした。 
 
 今年に入って、はじめて地雷を踏んだ気持ちがします。
 
 これ、祖母にはわからないでしょうねぇ。いえ、茶栗鼠も若干、わからないところがありましたから。
 
 最終的には部屋から出る、という当初の目的はなくなっていますねぇ。これは、どうしてキング原作興行収入一位、と呼ばれるのでしょうか。
 21世紀のキング原作といえば、『ドリームキャッチャー』を観ましたが、こちらの方がかなり面白かったですねぇ。

 あと、言うも愚かですが、『グリーン・マイル』『アトランティスのこころ』はどうだったんでしょうか。(古い映画はチケット代が安いから、それは無理だとわかるのですが・・・)

 うーん、これは、キングらしいといえばらしいのですが。どうでしょうか。
 
 P様がこういう映画好きっておっしゃってましたが、ええ、音がすごくよかったです。
 
 どかーん、ばこーん、ぺかーん!


 なかなか、怖かったです。

 まぁ、祖母がボリューム減らしんたんですけどね。

 さて、点数的に賛否両論がまたありそうな映画ですね。

 まぁ、正統派ホラーが好きな人にはいまいちかもですけど、『ナンバー23』が好きな人にはおすすめな感じですねぇ。

 
 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサーサイト

テーマ : 私が観た映画&DVD
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 1408号室

この映画の中に、個人的に笑いのツボがありまして、枕の上にチョコが置いてあったんですが、それをどうするのかな?と思ったら・・・「普通に食べてる!」

あんな部屋に入ったら、個人的には5分と持ちませんよ!



Re: 1408号室

フルノリさん、コメントありがとうございます。

いやぁ、ジョンさんの行動がいきなり受身に変わったので、前半の行動が面白くなりましたよね。

1時間だけならなんとかなるかなぁ、とは思いますが、あの窓枠を伝うのは、失神して即死しそうですねぇ^^/

Re: 1408号室って笑えますよね?

茶栗鼠さん!
コメントありがとうございました(ペコリ)

ですよねぇ~ホラーなのに肩肘張らなくて済む作品でしたね(笑)
フルノリさんも仰っているように
チョコレートのシーンは・・・
1408号室にいじられまくりでしたね!
ジョン・キューザックもキレて忌々しげに
もう一つのチョコレートを勢いよく投げ捨ててしまって・・・
笑えるホラーっていうのもまたオツなもんですけどね。

Re: 1408号室

DragonWomanさん、コメントありがとうございます。
クスっ、っとできるシーンはいいですねぇ。
チョコレート投げ捨てたのは笑えました^^/
笑えるホラーなら昔、バートンさんが作ってましたよねぇ。

でも、今回はちょっとどっちつかずかも・・・;;
プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。