茶栗鼠の映画評論 サムバディ・ヘルプ・ミー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サムバディ・ヘルプ・ミー

 最近、いい切り株に出会いません、こんにちは茶栗鼠です。

 薄々は感じていたんですが、どうも切り株不調が続いております。最近は気怠るいことが多かったように思えますから、仕方ないと思っていましたが、違うようです。

 まぁ、あからさまのミスチョイスなんですけどね?

        4988103631733_200.jpg

  『JUNO/ジュノ』を観た翌日、これを鑑賞するとは中々の強兵になったナァと思います。
  
 あらすじ。

 血に飢えた外科医のメスが獲物を求めて夜を彷徨い、彼女たちの旅行は楽しい思い出作りのはずが血塗られた惨劇へと一転した。次々と消えてゆく美しい女性たち。彼女たちを待っていたのは、連続殺人者の魔の手によって繰り広げられる、死よりも恐ろしい拷問劇だった…。
R&Bのアイドルグループ「B2K」の元メンバー、オマリオンの主演で描く驚愕のソリッド・ホラー。 
  

 お話の流れ。
 
 ブレンダンは、休暇で仲間達と森に囲まれた叔父さんのコテージに遊びに来る。
 四組のカポーがおり、二組はパーティが行われたその夜に失踪。

 残ったのは、ビッチ、キャビンの持ち主の甥、その友達、そしてその友達の彼女。

 彼らは、のんべんだらりと森の中を探しますが、見つかりそうもないので、町の保安官を呼びます。

 そこで空かさずビッチ役の方が、

 
 「失踪したのは白人だぁ!」



 と騒ぎます。どうもこれはオバマ大統領就任前の映画みたいです。


 それから、男二人は自分たちの彼女を置き去りにして、お向いさんが変態だから様子みにいってくらぁと、夜中に出歩きます。

 二人はコテージに一緒にいれば安心だったのですが、ビッチさんが


 「ごめん、トイレいってくる」
 「それじゃあ、早く帰ってきてね」
 

 (ホラー訳

「ねぇ、二人でいるとこに犯人やってきたら困る感じやしー、ちょっとどっかいってくるねぇ」
「それっちさぁ、私らのうち、どちらか1人は死ぬくねー?」

                                          )
 

 っというわけで、別行動です。
 そこからビッチの友達の女が首に注射をプすりされます。

 
 そしたらビッチが駆け寄って、
 

 犯人がゾンビ風におしかけられたんで、蹴り倒して。

 ゾンビの方が早いレベルでビッチは追いかけられるのですが、


 すっごい勢いで小さい屋敷を疾走します。ビッチは隠れるのですが、どうやら
 
 外の空気でも吸いたくなったのかクロゼットから脱出しますが、
 

 通路に変態がいたので、階段一番上からダイヴした揚句


 壁に頭打ちつけて失神しちゃいます($・・)/~~~


 もういっそ死亡でよろしいんじゃないかな?とは思ったんですが、G並の生存力をお持ちのようです。

 そっから、カレシ二人が保安官を送り込んだりしますが、殺されてしまい、

 かなり遠い保安官事務所をいったりきたりします。


 それから二人仲良く、木材と金属バット持って歩くのですが、


 
 人のいいおじさんが「乗ってきなよ!」   
 というので、主人公風味の奴が



 これはありがたい!といって乗り込みます。
 友達が制するのですが、



 俺を信じてくれぇ!頼むぅっ!



 と、たぶん、MTV(『24 Twenty Four』)の影響ですね。まったく(*`д´)b

前半で黒人は警戒されるとかいってるのに、物忘れの激しい人たちです。

 そこから主人公がなんか逃亡して、
 金髪の比較的可愛い子がやってきて、犯人の所へ導いて、犯人がお向さんに殺されて終わりです。

 ええ、これがもしかしたら所謂、衝撃のラストかもしれません


 あと、追記みたいなのもあって、
 
  
 直訳すると、続編つくりたいです!ってことでしょうね。


 なんか、ぐだぐだの評論に感じるかもしれませんが、見どころもないし、ビッチが騒ぐし、配給がハピネットだしで、もうテンションがだだ下がりです。

  
 うわ!怖い!とかのノリじゃないんです。

 いや・・・・・、それはキモいよ。(真顔)
 ってノリなんです。

 ゴーもんやってれば受けるだろう、っていう安易な考えだったんでしょうか。

 それにしても見どころが少ないし、拷問シーンは気持ち悪いしで、最悪でした。

 もう、ぼっけぇ、きょうてぇ、の作者さんの岩井志麻子さんの作品でも(まさかのエッセイ)読んで寝るとしますかぁ。

 それでは、おやすみなさい。
 
 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

Re: サムバディ・ヘルプ・ミー

 なんか面白そうですね。ぽすれんのレンタルリストに入れておきます。

Re: サムバディ・ヘルプ・ミー

B級映画大好き!様、こんばんわです。
なかなかの地雷で、画質は普通ですが、半端ないおもしろくなさでした。
評論楽しみにしてます^^/
プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。