茶栗鼠の映画評論 さよなら。いつかわかること (『Grace is Gone』)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら。いつかわかること (『Grace is Gone』)

最近、バンペイユとでこぽんがわからなる時ありますよ。
っていうか、アクセス数がた落ち!え?なに?不適切な発言があった?あったら教えてくださいね。(ドラマネタで、「教えろぉ、教えるんだぁ。さもなきゃ、左足を打ち抜き、椅子に縛り付けてアキレス腱を切るぞ!(最後ホステルだし)」的なネタをしようと思ったんですが、滑りそうなので委縮です。




51sV-HvPWlL__SL500_AA240_.jpg

 子役は、アビゲイルとダコタぐらいしかわからないのですが、今回の子役二人は演技がうまいですね。


あらすじ。


 シカゴのホームセンターで働くスタンレー(ジョン・キューザック)。家族は、12歳とは思えない程しっかりしている長女・ハイディと、8歳の次女・ドーン、そして陸軍の軍曹で現在イラクに単身赴任中の妻・グレイス。

父がいない時にこっそり戦争のニュースを見るハイディと、毎日母親と同じ時間に互いのことを想うという約束を守るドーン。
ある日、グレイスが亡くなったという報せがスタンレーの元に届く。
彼は、衝動的にドーンが以前から行きたがっていたフロリダにある遊園地に車で行くことにする。
父親の突然の行動を訝しがるハイディと無邪気に喜びはしゃぎまわるドーン。そして、夜中にこっそり自宅に電話し、
妻の声で録音されている留守番電話の応答メッセージを聞くスタンレー。
遊園地での至福の時を過ごした後、覚悟を決めたスタンレーは浜辺で娘たちと向き合った―



感想。

すっごい地味ですね。

 こう、日本だったら完全に反戦色が強くなるでしょうね。戦争だめー、戦争ダメー。でも、茶栗鼠はそれが結構すきです。
 でも、けっこう仕方ない感があるかもですね。

 あと、ジョン・キューザック好きなんですよ。(『アイデンティティー』から)。
 それで今回、いつでるのかなぁと思ってて観てたんですが。
  
 気づきました。気づいてはいけないことに。目をそらしてもよかったんですが、いいますね。


  middle_1230689231.jpg

 

 
 老けてない?

 
 うーん、音楽がいいですねぇ。C・イーストウッドも参加しているということですが。
 あと、二人の関係がいいですね。しっかり者の姉と、やんちゃで騒ぎたいさがりの妹。彼らの関係がなんともうまいです。そして演じる二人もなかなか好きですね。
 
 なんだか、追悼があまりないですし。この映画は回想シーンがないですね。どこか期待とは違うけど、 秀作でした。
 
 全体的にそこまで感動するシーンは一切ないですね。でもなんだか、沁み入りやすい映画です。
 キューザック、『1408』(原題)ではいい感じでしたが。父親役をするのはちょっと残念ですねぇ。

 あと、役柄の為かちょっと太っちゃってるので残念です。
 監督は地味な映画が多いですね。『リターン・トゥ・マイ・ラブ』の人だそうです。

 しみじみとしたい映画を観たい人のおススメ。

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
 


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : 今日見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは、チャンドラーさん☆

私も前にNHKの特集で見て、イラクに女性が(母親の立場の人が)
沢山派兵されていると知って、本当にビックリしました。
色んな事を考えました・・・。

この映画は、アメリカに残っている家族の話なのですね。
いつか見てみたいなぁ、と思いました。

もうすぐ春休みですね、何か予定はありますか?

コメントありがとうございます。
日本ではあまりないように思いますよね。(根本的に憲法できないですが)
 派遣先で母が死んだ娘たちに、どう母の死を伝えるか、というお話ですが、地味でした。でも、それなのにいい映画でした。

沁み入る感じ、ですねぇ。
春休みは春季講習と、祖母のところへ行ったりしようと思ってます^^/
プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。