茶栗鼠の映画評論 スケルトンキー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スケルトンキー

おげん~(お元気でしょうか、の略)。
いやぁ、この頃になると茶栗鼠の学校では成績の悪い子が校長室に呼び出されるのです。
日本一の高校生(映画で競ったら。・・・いいぇ、ごめんなさい、洋画にしてください。)の茶栗鼠はなんとしてでも、市立のいい学校に行かなくてはならいないのです!


それで茶栗鼠は、二年生が山場だなと、受験で差がつくのは二年生だと思って、おもいきって勉強することにしました。



Q,それは何故ですか?

A,それは茶栗鼠が中学校2二年生の頃に全然勉強していなかったからです。

Q,その結果どうなりましたか?

A,親に高いかね払わせて、お頭の少ない高校に通っております。


やっぱ、勉強しなくちゃナァ・・・(うち俯く茶栗鼠)。
 でも、なかなか解けないんですよ。
  
 ∑c=nc

 
     1
 ∑k=_n(n+1)
     2
 


      1
 ∑k×k=_n(n+1)(2n+1)
      6



           1          2
 ∑k×k×k={_____n+(n+1)
           2


          n
   k-1   1-r
 ∑r   =_________
        1-r



やっと等差数列と等比数列が終わったと思ったら、次はこれか!(理数はほんと苦手)
 thesis    論文
 evidence  証拠
 courtesy 礼儀正しさ
 

 amount to~ 統計で~に達する
devote oneself to~ ~に専念する。



 自分では勉強しているつもりなんですがねぇ。やっぱりつらいですねぇ。時々、教室の隅でトランプしたり。今日なんて、高校生活ではじめて鬼ごっこを・・・・(ちょっとダメな子)
 
 以下、映画評論
前々から観ようと思っていながら、興行収入的に『ゴシカ』より「サイレント・ヴォイス」か「リング」みたいになるかもナァ、と危ぶんで見なかった作品。

 51BQ1ZP9SPL__SS500_.jpg




「スケルトン・キー」 原題THE SKELETON KEY。

 あらすじ。
 
 心優しい看護婦が、老夫婦の住む巨大な屋敷に住み込みで働くという設定。
主演の微妙に売れているケイト・ハドソン。『君に読む物語』のジーナ・ローランズ。『Vフォー・ヴェンデッタ』のジョン・ハート。そのほか、まぁまぁ豪華なキャストで送る、ハラハラドキドキのサスペンス。
      

・・・・・・・・・。
 感想。

 いや、別に暇じゃなかったですし。
 映像も暗くて、なかなか見えないとか、思わせぶりな態度で実はお手伝いさんだったとか。
 チープな音楽とかは、とりたてて記憶にはないです。

 
 


最後の終焉方法が悪く、大変厭な思いをすることもなく、トワイライト・ゾーンでみたことあるネタでありながら、ハラハラ感、ドキドキ感、納得あるオチ、複線。

 全てにおいて模範的であり、強いて言うなら、終わり方がきらいな人は多いでしょうねぇ
 ですけど、ホラーで、無茶苦茶になっちゃうよりもうどうでもよかったかも。
  でも、一言言えるのが、

 赤レンガは無敵説・・・・・・・・・


69点ぐらいでお手軽に観れます。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ




にほんブログ村 映画ブログへ

スポンサーサイト

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。

チャンドラーさん、先日お知らせしたように、今日、こちらのブログをリンクにさせてもらいました。
もしマズかったら、ご連絡くださいね☆

ところで勉強と他の件ですが、前にも書いたけど、私は「集中」すれば良いと思うのです。
遊ぶ時は遊んで、映画はシッカリ見て、勉強は集中して・・・
ああ、またおせっかいで、ゴメンナサイね☆

こんばんわ。
コメントありがとうございます。
全然、マズいとこなんてないですよ~^^/
「集中」ですね!もう、喜怒哀楽妬嘲驕のすべてをその一つのコトに(特に勉強)!

でも、ちょっと映画鑑賞が減りそうだなぁ(大学には受かりたいので;;)

勉強ごくろうさまです!
やりましたねぇ~、こういう計算。
今となれば、ただの暗号にしか見えません(爆)
これでも、一応理学系(物理学専攻)の4年大学卒業しております。
んで、社会人になった結果、習ったことはほとんど使わず・・・。

唯一学生のときにもっとやっとけば良かったと思ったのは、英語です。
英語は必要だなぁ~。

って、たまには映画の話題をしないコメントです。

http://princesschu.blog23.fc2.com/blog-entry-255.html

B級でもなければ、良く練りこまれてもいない、どの辺を狙った映画なのか、良くわかりませんでした。

コメントありがとうございます、とら次郎さん。

いやぁ、大学に入ったら、単位を取る以外に勉強はしたくないですよね。
社会人になって使うって、どんな時なんでしょうねぇ。
英語、ちゃんと頑張らないと・・・・

チュチュ姫さま。
そうですねぇ。下手したら星さんの短編集とかにもありそうですもんねぇ^^/
プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。