茶栗鼠の映画評論 CSI科学捜査班 CSIマイアミ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CSI科学捜査班 CSIマイアミ

死体があったら、幼虫の成長具合で死亡時刻を判定したい。
どうもCSI大好きっこ、茶栗鼠です。

今日は、アメリカで大人気のテレビドラマ『CSI科学捜査班』『CSI:NY』のレビュです。

img5e632327zik3zj.jpg


csi.jpg


 CSI科学捜査班 第一話・第二話 ネタバレなし。

 第一話、最初は新入生の女性、ホリーがやってくる。
 彼女は主任のブラス警部に嫌われつつも頑張ろうと必死になるが・・・・・・。

 うん、まぁ、まずサラがいないです。 
 あとグレッグともう一人黒人の、なんかイケイケな男子がおります。
 
 ああ、アル先生もいない。

 ウォリックはギャンブル中毒だし・・・・・。 でも内容の質は落ちてないです。
 あと、キャサリンが何気に赤髪です。
 

 いいなぁ、こんな職場。
 いきなり廊下歩いてたら、
「ソルビトール、セチルアルコール、イソプロピル・エステル、グリセリル、ステアリン酸からなる物質は?」
 
 とか聞かれたい!(文系なんでわかんないけど)。



 ―以下、茶栗鼠の映画評論バージョン―
 
「刑務所、冤罪、銀行員、横領、仮釈放、空、脱獄、キング。 
 これらの要素で構成される映画は?」


茶「『ショーシャンクの空に』!」


 み・た・い・な。


 ―以上、茶栗鼠の映画評論バージョン―



51f3KaYadZL.jpg
51PZN16097L__SS500_.jpg

 
 シーズン1
 を、三回ぐらい観てるんですが。
 まず、ホレイショの声優さんあってない(>_<;
 
 なんか声優さんが時々、タイミング掴めてないかも。
 あと、キャラがわからないな。金髪の子と、ホレイショしか分からないですし。全体的に画面が明るくないんですねぇ。NYは明るくて、観やすいんですけど。

 あと、黒人の方がいらっしゃいませんねぇ~。
 
 いや、本家にもいないか。

 そういえば、茶栗鼠は一回だけ黒人の方ににらまれたことがあります。いや、悪いことをしたんじゃないんですが、あれ?何してるんだろ、みたいな感じで。ちょっと怖かったです。
 まぁ、それは明日にでも話しましょう。
 
 
 うーん、検死医さんが、スパニッシュの女性なのですが、なんか捜査にも同席してるんですよね。
 検視医の人はアルが一番ですね。

 ではでは。
 あ、こっからCSI全シリーズの壁紙がとれますー。http://www.skyperfectv.co.jp/matsuri/hamaru/kabegami/index.html
 

 にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ



 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


 
スポンサーサイト

テーマ : 今日見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。