茶栗鼠の映画評論 すべてはその朝始まった

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すべてはその朝始まった

クーウェン祭り。

今日のひとこと(No ネタバレ)。
 

クーウェンもっと頑張ってよォ(><;

514M835C6SL__SS500_.jpg

クライヴ・オーウェン、ジェニファー・アニストン、ヴァンサン・カッセルの豪華共演による全米スマッシュ・ヒット・サスペンス。
 互いに大切な家族がありながら、ふとしたはずみで不倫に奔ってしまった一組の男女が謎の男からの執拗な脅迫に追い詰められていくさまをスリリングに描く。ごく普通のビジネスマンのチャールズは美しい妻とかわいい娘と幸せな日々を送っていた。そんなある日、彼は通勤電車の中で偶然知り合った美しい女性ルシンダと恋に落ちてしまう。彼女にも愛する家庭がありながら、2人はついに一夜を共にしてしまうが…。

なんだろうこの。
 
 心の中で、銃を撃ちまくってほしい衝動に駆られるのは。

 img1_1210843382.jpg

 いやぁ、序盤はあれですね。
 ショコラ文庫でも読んでいるかのようなノリです。

 でも中盤からレイプやら恐喝やら、ショコラ文庫らしからぬノリとなってきます。
 ニューヨークは怖い町ですねぇ。やっぱりラスベガスじゃないと・・・・(いや、違うか)アメリカに行ったら、まず銃を買わないといけないですねぇ。
 あと、恐喝するヴァン・カッセルは
 
4_81878.jpg
 なんですねぇ。
 
 うーん、なんか緊張感がないねぇ。イライラはあるんだけど。
 なんか黒人が『デッド・ゾーン』の相棒的な感じですね。途中で黒人が悪役かなぁとか思いますね。
  
 終盤あたりで、黒人が頑張るなぁと思ったんですが、どうしたんでしょうか。
 

 娘が病気なんで金が要るのですが。いやぁ、娘は大切でしょー。何より守らないとだめですよ。終盤あたりはこれでまとまらなかったら、チャーリーが悪いですが。
 

 あと、終盤のネタが分かった所らへんで、クーウェン顔隠さないといけないところで、オールオープンとなっております。
  
 あ、なんだか難所を突いておりますね。悲惨な事柄で、オチを隠しておりますね。なかなかです。
あと、よくホテルが出てくるのですが、『1408室』の監督をしているみたいなので、そこら辺はうまいですね。
 
 
 さてと、まさかのハッピーエンドなわけですが。
 茶栗鼠は恋愛映画を珍しく借りたナァと思ってたんですが、あきらかにサスペンスでした。
 
 でも、恋愛映画に入れておきます;;
 
 にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 今日見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

きゃ~このクライヴ・オーウェン最高!

http://princesschu.blog23.fc2.com/blog-entry-163.html
プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。