茶栗鼠の映画評論 L change the world

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

L change the world



l_change_the_world.jpg

 あ、言っておきますけど、

 主題歌の「I’ll be waiting」は好きですよ!?




なんだろう、この間の悪さ。


 あらすじ: 名前を書かれた人間は必ず死に至る“デスノート”を駆使して犯罪者を粛清、新世界の神になろうとした“キラ”こと夜神月の野望を阻止するため、天才的な頭脳で応戦したL(松山ケンイチ)。しかし、キラ事件の解決には、Lにとって多くの代償が伴った。そんなLの前に、彼自身が解決しなくてはならない難事件が立ちはだかった。(シネマトゥデイ)



 子役は、仕方ないとしてもさ、000000000001.jpg

 この人、演技が下手というよりも、脚本がだめ。

 『死に花』の星野さんもそうですけど、まったくセリフがダメです。

 自分でかっこうつけてるつもりでも、他の人が観たら、そんなこと言わないだろうし、
 ましてや、それはシリアルキラーかなんか、別にもう見飽きちゃったのと、過激風にしてみたがってるのが、うっとうしい極まりないです。

 あと、父親の職員さんが死ぬ際。

 長い!
 とっても長い!

 そしてそれを子供が観ていて、
 
 心に傷を負った設定っていうのが、見え見えで嫌でした。
 

 そして猫娘(みたいなの)がいきなり殺してやる!とかわめく始末。

 あとね、だんだん少年が心を開いていく設定が、非常にむかつきます。

 嫌いなんですねぇ。
 たぶん、映画を見慣れてない人は感動するかもですぅ。





 このテロリストは、

 ふはははは!
 世界の人口は増えすぎたのだァッ!
 
 



 と、はしゃいでおられます。
   


 そんな理由なら、もっと他になんかあっただろうに。

 なんだか、テロリストは、

 上記のシリアルキラーと、ショットガン構えるだけの若造とリーダー格と女王様と、メカニック担当がおります。

 なんか、パソコンできる人はオタクみたいな偏見があるのでしょうか・・・・

 dfafafadfdd.jpg



なんだか、一通りそろえたRPGのパーティ感が否めませんが、

 それがちょうどいいと思ったんでしょうね。
 


 その人たちしか観たことがありませんが、とっても大きな組織らしく、
 テレビ出演までしております。

 テロリストがテレビに出るけども、実は大きな黒幕だという設定らしいです。 

 


 ああ、なんか旅路の途中で、
 傷心子役の二人とLが一緒に
 
 初めてのお遣いみたいなことをしておりますね。

 

 そして、なんか小さい研究所で未知なるウイルスのワクチンを生成をします。

 それでなんか、科学者さんが、怒りながら、

 
 「まぁ、べ、別にワクチン作らないこともないんだからね!」
 と
 ツンられたので、ワクチンできるまで、

 一緒に昼ごはん食べたりと、心を開いて仲良しムードとしゃれこみます。
 

 ですが、猫娘(てぇーきーなー)は復讐のためにテロリストを呼び出し、
 
 ちっちゃい刀みたいなので殺そうとしますが、
 いつのまにかいた000000000001.jpg
 
 に、
 どこからともなく出てきたので捕まってしまいます。


 あと、南原さん普通。
 嫌いじゃないけど、うまくもない。

 
 以下、ネタばれ。
 でも
 
 別にいいよね!
 
 
猫娘(みたいなー)をさらったテロリスト一味。
彼らは、

何なんと、飛行機でアメリカにいってウイルスを1000万円で売ろうとしていたのだ!


・・・・・、なんかいろいろな意味で驚愕・・・・


だがしかし、なんか知らんけど、飛行機内で感染が始まって、

高嶋さんが、

「うわーん、助けて!」
 
と 、女性に泣きつきます。工藤さんでしたよね。

それで工藤さんは、

「これはわれらアラーの大志を実行すための、大いなる計画には、犠牲がつきものさ!」
 と、人がバタバタしんで行くのをスルーします。
 たぶん、キッチーさまでございます。




 なんとかLが飛行機に飛び込みますが、


「世界を救うには、もう人類を滅亡させるしかない!」

 とか、言われてしまいます。

 乗客みんな瀕死なのに、
 
 工藤さんだけは元気です。

 
  それで、理解できないのですが、ウイルスやっつける薬を投与して、なんとかほぼ死んだ
少女も助け、ハッピーエンドでした。



   
 でも、全然面白くない、日本の若者アリキな映画でした。



 
 続編がありませんよーに!

にほんブログ村 映画ブログへ


邦画好きな人がいたらごめんなさいね。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

 
スポンサーサイト

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして!

早速のご来場!THANK YOU!です。
勝手にリンクしちゃいました。
Lって皆、好きなんですねえ~ライトのことも忘れないでやって!
アニメの方は良かったですね。

No title

コメントありがとうございます。
前作2作は、かなり原作に忠実とわいえなかったですしねぇ。
Lははまり役ですから、みんなチェックはするのでしょう。
ライトの番外編はどうなるんでしょうかなぁ^^/
プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。