茶栗鼠の映画評論 The thirty days of night

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The thirty days of night

hor53576-01.jpg

盆踊り様、ありがとうございます m(__ __ )m

 輸入盤のDVDで在られた為、英語字幕しかなかったのですが、高校卒業までに英検準一級を取得することを親に確約してしまった茶栗鼠には、

 英語を勉強しろという啓示にしか思えませんでした・・・・・


ああと、ですね。

サム・ライミさんちのプロデュースだったんで、
ものすごく嫌な予感がしていたのですが、存外に楽しめました

あらすじ。


アラスカにある最北の町バロウ。この町では一年に一度、太陽が30日間昇らず、外界からも閉ざされる。
バロウの保安官、エベンは妻のステラと疎遠になり、ステラは飛行機に乗る予定。
しかし、夜になって以降、怪奇な現象が続いてく。
そしてエベンは発電所で無残な遺体となった、ダグを発見。

それから、終わることのない30夜が始まるのだったぁッ!


あらすじ完(最後反復してる)






いや、なんていうかね、ジョシュ・ハートネットがかっこいい!
 
snapshot20080210013914.jpg

 いや、ね、あんまり意識したことのない俳優さんだったんですよ。
『パラサイト』、『パール・ハーバー』、『ブラックホーク・ダウン』、『ブラック・ダリア』、色んな映画にでてるんですが、日本にいるせいかあんまりなじみがなくて・・・・・。

 で、肝心な箇所といえば、やっぱり流血シーンなのかもしれないですが、
 
 けっこーいい感じでやってくれます。

 いい感じの残虐さと、生理的な不愉快さのない感じ。

 こう、いきなりやってきた吸血鬼たちと戦う話かと思ったら、消極的に逃げてるんですよね。
 相手はブルース・ウィリス似のヴァンパイアのボスといっしょに町の人々をあらかた食いつくしているのです。
 それを屋根裏に隠れて、静かに過ごそう、というお話です。

 難点をいえば、
 あれだけいい感じに殺していただけるのなら、欲がでてしまうので、思う存分やっていただきたかった事でしょうか。
  
 それ以外に、日本未公開になる所以がわかりません。

 確かに、一般的に皆が観て喜ぶ映画ではありません。確かに、でも『ブラッド』よりもこっちの方が楽しめたのは事実です。
 あと、ジョシュ・ハートネットかっこいい。

 なんかね、『●REC』的な子が登場するのですが、


 snapshot20080210010247.jpg

 そこは結構潔くないです。
 She was just a girl! みたいなことを言っていて、やっぱりそこは斬新さに欠けるな、って思いました。
いえ、この映画、全編通して夜で、しかもアラスカの雪がびょーびょー吹いているところなのですよ。ですから、人間が閉鎖空間に耐えられずに冷酷になっていく、っていうのもなかなか見どころとしては、あってもよかったんじゃないかと思います。


 そして彼らの運命とは!


 snapshot20080210022150.jpg
 
 日本未公開の理由が皆目見当もつかないのです・・・・。

 


最後に:盆踊り様、ありがとうございました!!!



 1応援の協力お願いします_ね→にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

良かったみたいですね~

もともとはゾンビと吸血鬼の専用のブログにしたかったのですが
もはや脱線・・修復不可で、映画なら何でもいいや~ブログに・・・

しかし持ってるゾンビと吸血鬼はすべて出す予定です・・・

で『30 days of night』まだ観てません!買ってから8ヶ月経つのに・・・・
そろそろ観ましょう・・劇場公開あきらめて・・・

盆様、英語話せましたかね?

盆踊りさん、こんばんはぁ。

うーん、ありそうでないですねぇ。日本の映画配給会社はあまり、この条件では出したくないのでしょう。
吸血鬼は『トワイライト=初恋=』なんかが近く輸入されるでしょうから、それに便乗しなければもうないでしょうねぇ。
ヴァンパイアファンなら、『ブラッド』よりもこっちにくいついちゃいますね。
うーん、たぶん、普通の人は、あんまりおもしろくないって言うだろうけど、吸血鬼とかの類が好きな人なので、結構楽しめました^^/

おっと・・

見逃しました・・・英語は話せません・・4月に米国行くのに・・・姉宅訪問。

自分は今頑張っているところです。

そうなのですかぁ、英語は話せないですかぁ。
アメリカ、一回は行ってみたい(仕事で)国ですねぇ。
親戚が外国にいると便利でよさそうですねぇ^^/
プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。