茶栗鼠の映画評論 スピード・レーサー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピード・レーサー

 寒いですね、皆様。
 最近、4時からやっている『古畑任三郎』の再放送を観て、感名を受けております。
 昨日、

 今週の土日あたり、GEOのお得クーポンメール:土・日は九州・四国地方限定で旧作80円!といった旨のメールが届くのではないか、と期待しておりました。

 ですが、来週の14~16日だそうです。

 今秋の休みが都合がよいのですが、仕方ないですね。

 それと、今日の映画は素晴らしかったです。
 

 生まれながらの天才レーサーが、愛する家族とカーレースを守るため危険なラリーに挑むアクション・ムービー。『マトリックス』シリーズのアンディ&ラリー・ウォシャウスキー兄弟が同作以来、再びメガホンを取り、吉田竜夫原作の名作アニメ「マッハGoGoGo」を実写化。主人公を『ロード・オブ・ドッグタウン』のエミール・ハーシュが熱演するほか、豪華キャストが脇を固める。“ウォシャウスキー兄弟印”の視覚効果で描かれる革新のスピード世界は必見。

 N0013654_l.jpg


 あらすじ。

 天才的なカー・レーサーのスピード・レーサー(エミール・ハーシュ)は、地方大会で優勝し、巨大会社のスポンサーを断る。
 しかし現在のレース界では、巨大
 メジャーなレースで不正を行なっているロイヤルトン・インダストリーズ社の秘密を知ってしまう。激怒したオーナー(ロジャー・アラム)は彼を脅すが、強気で怖いもの知らずの彼はロイヤルトン社を打ち負かすため、難関のクロスカントリー・レースに挑む。(シネマトゥデイ)



『マトリックス』のウォシャウスキー兄弟がメガホンを勝ち取った本作ですが。


 008.jpg


 ここまで素晴らしいCGだったとわ。
 興行収入的には失敗作だったのですが、このようないいテンポの映画は久々です。

 こう、真田弘之さんが、ちょっとチラっとでてましたねぇ。
 あと『LOST』のマイケル・フォックスも。

 なんだか、ちょっと画面にちょくちょく出てくる、ラーメンって単語とかが気になったり

 全体的に、腐敗の進んだレース界を変える為に奮闘するのですが、社会性はなくて、主人公スピードがいかにして試練を乗り越えていくか。
 自分が走る意味を見つけることができるのか。
 そして優勝し、家族を逆境から救い、レース界を変えることができるのか。


 普通の感じがしますが、とてつもなくかっこいい映画でした。
  
 こう、家族の絆っていうテーマもあったんですが、それはしっかりとした土台で描かれているのでご安心を。

 最高の作品でした。
 新年明けてからいい作品ばっかりで、来週の2009年GEO祭りで、嵐の予感です。
 

 以下、日本語吹き替え版評論。




007.jpg





 あのね、あのね。
 違うの。
 カツーン(あえてこの表示)さんが嫌いじゃないの。そりゃ、嵐の方がいいと思ってますけどね?
 なんか、その、あの、つまり言いたいのは、


 驚くほどの 
 
 スティッカーヴォイス。
 もう、今年は STICKER OF THE YEARが開催される年となってしまいましたね。



 あと、声が小さくて聞こえなかったり・・・・・。 
なんか、素人がやってる感があって、


あるぇ、配給元ってアルバトロスなのですかぁ?
なんて言っちゃったりしちゃうのですよ。
 ごめんなさい。
 つい、違和感ってのは怖いですねぇ。



いえ、違うんですヨ!?

 ただ、違和感がぬぐえないなぁ、って話です。
 素晴らしい、ね、その、活動をされているわけじゃないですか。あれですよ。・・・・ネ?


 こう,やってる人(中の人)は嫌いじゃないのですよ?


 でもね、人にはできることとできないことがあるでしょ?
 いーたいことわーかるでーしょ?
 I fuck'n hate entertaimant voice actor.(たぶん、綴りが違うと思うけど)。


 
 。。。
 まとめ。

 
 
 レース映画でも楽しめ、巨大な陰謀と戦う映画とも観れ、恋愛ありコメディありアクションあり、CGありの娯楽傑作。

 それが『スピードレーサー』なのです。

 
 こちらのバナーからどっかへいけるんで、応援お願いしますね。
 っていうか、すっごいランクが落ちたんで、よろしくお願いしますね。
 でも、嵐の方が好きなのは譲れないので。いえ、それ以前にRIPとかが好きなんですけどね。いや、この頃の(これ以上いうと、一般の方は理解できないので略)→にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スピード・レーサー

レーサーXの正体はバレバレですが、あのOPの兄とのエピソードは良かったですね。兄貴かっこいいです。 ストーリーは、子供の頃からレースに夢中の青年が、憧れの兄の悲劇を乗り越え成長し、妨害を受けながらもマッハGoGoGo。 結構目が疲れるんですよね…これが難点とい

コメントの投稿

非公開コメント

マッハGOGOGO!

リアルタイム『マッハGOGOGO!』の世界の私はスルーでした。
まったくの別物としてみれば面白そうですね?(予告は何回も観た・・)

No title

こんにちは!
意外や意外、これ面白かったですよね~^^
ちょっとしたドタバタ感や「ファミリー愛」もありですし…
お父さんや弟などもとにかくなんか物凄くキャラクター感(??)があって、
非常によかったです★

確かに 棒には驚きでしたが…
所詮アイドルなので棒なのは仕方ないんですが
(本業の声優さんをなぜ使わないんでしょう…^;;;;)
それにしてもあのボソボソ声だと、超イケてないBOYな感じで
物凄い違和感がありましたよね~^;


No title

盆踊りさん。
やっぱり原作を知ってると、どうも違和感がありますよね、まぁ、吹き替えならもうまったくの別モノとしてみれちゃうわけですが・・・・・。
原作が好きで、映画化されたらこれは地雷だな、っておおいですよね^^

ヨヨさん

なんだか、興行収入的に失敗だったんですが、監督が好きだったんで観てみました。以外と面白かったですねぇ。
なんか、赤西さんつらいことでもあったんでしょうか。気取っているのか、マイクとの距離がつかめてないのか。「TAXI4」のお笑い芸人も「カンフーパンダ」のアイドルとかも、全然微妙で、もういい加減にしろよって感じでした。
プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。