茶栗鼠の映画評論 幸せのちから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せのちから

 こんにちは。
 茶栗鼠です。
 
 こう、映画の種類で点数違うことってあるよね(前フリ)
 こう、たらんてぃーのの映画なら、まぁいっかみたいなことあるよね(超前フリ)
 『アダム・パッチ』すっごく好きです。(俄然前フリ)。


 img_454057_23861727_0.jpg



 70点ぐらい。

 余談ですが、この子供はウィルの実子だそうですよ。
 『地球が静止する日』にも出演してます。
 本番中、父が演技だからといって、あんなに怒鳴られたらビックリしちゃうよね。

 サクセスストーリーとして、一番やっちゃいけないのは、

 やったー成功したぁー、とかで終わるのが、だめじゃないかと。

 そこまでの紆余曲折が、問題点になるわけで。

 途中、CMをご覧になったかたは分かると思いますが、
「ママは僕の所為で出て行ったのかな?」

 と、子供が言います。

 それは泣けるシーンなのでしょうが、CMで観ちゃってるのと、なんだかママが出て行った経緯が分かりづらかったので、ドキンと来ませんでした。

 
  うーん、『フォレスト・ガンプ』を期待してはいけないですね。

 どうでしょうか。
 
 あと、どれだけの優れているのか分からなかったです。
 ルービックキューブを解いたのが、実話かな、とか思ったり。
 それはどうでもいいんですけど。

 どうしよう。
 心を打たれない。

 言いたい事が、なんだったのかが、分からなかったです。

 人生の教科書的な映画だった、とは言い当て妙ですね。

 
 こう、こんなことを云って申し訳ないのですが、

 赤いいい車にのった男が、
 株は儲かるよー、と言ったので、即行でくらいつくのはどうでしょうか。 

 全体的な雰囲気は、いい感じでした。

 主題を、原題どおり、幸せの追求、として見なくちゃ、いけませんでした。

 あとから気付いても遅いのでした。
 
 うん。

 こう、凄まじさがあまり足りませんが。
 結構な、万人ウケしやすいヒューマン映画でしたね。
 自伝としては、まぁ、90点ぐらいはいくんじゃないでしょうか。 


 75点(ヒューマン・ドラマ点)。
 にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。