茶栗鼠の映画評論 『アイ・アム・レジェンド』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『アイ・アム・レジェンド』

 005_20081226184102.jpg

 あらすじ
 2012年、ウィルスが流行し人間は死滅したかにみえた。そして、有能な科学者のロバート・ネビルだけが生き残った。
 彼は孤独と闘いながら、愛犬サムとともにほかの生存者の存在を信じて無線で交信を続ける。
 太陽の光が消え去ると、いっせいにうごめき出す不気味な影、“ダーク・シーカーズ”と闘いながら、彼らを使い研究を進める。
 しかし、ある事件で自暴自棄になった彼は・・・・・・
 感想。

 うん。
 ベーコンは残念だったね。(遠い目で一言)

 
 まぁ、一言言わせて貰うと、これはゾンビ映画じゃないですからね?
 バイオ期待してた、って云う人はちょっと趣旨を間違えてない?
 っていうか、ゾンビ物が好きなら、『~of the dead 』シリーズを看破して、これ、絶対に本編とパッケージあってないだろうってくらいの地雷を、ゾンビ映画だからという高尚(茶栗鼠にとってはね!)な理由で踏みつけたことがある方なら構わないです。

 でもね、『バイオ』期待したのに~~~って言われてもネェ。


 結構な、大作でしたが。
 
 まぁね、予告編が違うのは、アレじゃん。
 ね?
 いえ、だからアレじゃん。アレですよ~。


 ・・・・・いーたい事わーかるでーしょ?(分からないだろうし、+流行物をまだ使う茶栗鼠)

 いえ、色々な方が見られているので、『HOSTEL』が大好き発言ぐらいでとどめておきたいので。
 まぁちょっと語るとしたら、、日本は資本主義に走って、テレビドラマも視聴率獲得の為に、コミック原作か、うねうねうにうにしたアマと、ジャニーな野朗が出ないとダメなんだよね。それにどう考えても海外テレビドラマの方が金かかってるじゃない。ちゃんとしたところに。それなのになんで、日本でわざわざ面白くないもの作るかネェ。っていうか、何、茶栗鼠は邦画嫌いなのに。

 っていうかね!
 地方の深夜番組で、よくハリウッドスターが福岡にやってきたら、ジョージ・クルーニーとお友達になろう!とかいう企画のテレビ番組観るけど、それが苛々しちゃうんですよ!てめぇ、いつクルーニーファンになった。ジョニーは流行物にするなあばばばばあばぁー。

  


 あ
 ・・・・・、ごめんなさい・・・・・


 つい、語っちゃいました。 
 まぁ、tooture(スペルミスかも)云々言い出す前にストップできでよかったのです。

 そんなこんなで、『バーン・アフター・リーディング』入れてくれたら嬉しいのです(四月ごろだって)


 で、この映画は、やっぱりSFとしてよかったと思います。
  
 皆、ストーリーは矛盾だらけっていうけど、そんなのは映画じゃないのです。 
 完ぺき主義者がいるのは映画が完璧じゃないからなのですよ。
 
 なので、ヒューマン物では(完璧な)ないので、、迫り来る感染者、彼は世界を救えるのか!っていうのが一番の主題じゃないでしょうか。
 
あと、原作と違うのは、確かにむかつきます。



  あの、語るけど、語るけど、『GOTH実写版』
 知ってる人が居たら、一緒に観ましょう。

 『ひぐらし』になりそうだねぇ~。

 
 原作と違うのは、むかつくよね。

 オツイチさんの小説、好きだけど、もう、あれはないわ。
 い~た~(以下略)。

 うん。
 
 原作と違う時点で原作好きは鑑賞をよさざるを得ないですね。
 キャント ヘルプ ウォッチングですね(何気に授業の復習)


 点数は、うーん。まぁまぁよかったよ。
 観ればいいじゃない。
 気になるなら。
 あと、『宇宙戦争』が面白くない人は、面白くないと・・・・・

 92点(SF・アクション点) 

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。