茶栗鼠の映画評論 『ブレイブ・ワン』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ブレイブ・ワン』

          D112337703.jpg
 
 あらすじ。
 ニューヨークでラジオ番組のパーソナリティを務めるエリカ(ジョディ・フォスター)は、婚約者であるデイビッド(ナビーン・アンドリュース)との挙式を目前に控えていた。
 しかし、ある日の夕暮れ、愛犬を連れて散歩に出かけた2人は3人組の暴漢に襲われ、エリカは意識不明の重体となり、デイビッドは命を落としてしまう。 
 そして復讐に燃えるエリカは、銃を片手に夜を徘徊する。

 vczfらえがえ

 いやぁ、あれですね。
 銃を片手に徘徊するのは構わないんですが、
 もうちょっとビックリしたかった。

 なんやかんやで、苦悩がないですねぇ。
 人々が、悪を殺す罪に苦悩しつつも、っていうのがありかと思いましたが。
 
 殺しては逃げ、殺しては逃げ。あはは。

 警察は何もしてくれない、だから自分で殺るしかねぇ!的なのは素晴らしいです。
 
 でも、ジョディ・フォスターがうにうにしながら、数人殺してもネェ。
 
 なんだかなぁ。

 「どろろ」じゃないけど、結構な人数殺して欲しかったナァ。それか目的の人々だけ、バコバコ殺していくのがありだと思います。
 
 うーん、「フライト・プラン」のが面白かった。
 欠点が多い作品で、ちょっとご都合主義があって、サイードが出ててビックリ。 
 
 そんな映画。
 
 でも、結構茶栗鼠は、CGとアクションには優しいですから、やっぱりこういう作品には厳しいのかな。
 切り株の点数も、改めて見ると、やっぱり好きだから、点数は低いですし。
 
 平等に観てみると、やっぱり、点数は
 78点ぐらいかなぁ。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログへ
 
スポンサーサイト

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。