茶栗鼠の映画評論 Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!(原題『MR. BEAN'S HOLIDAY』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!(原題『MR. BEAN'S HOLIDAY』

 さて、GEOで3作品のDVDを借りたら、スクラッチカードがもらえるのをご存知でしょうか。
 それが目当てで、近くのGEOに行って打算したわけですが、

「もうしわけありません。キャンペーン中では、旧作は対象外なんです」


 といわれました。
 なんだか、チケット的な物まで残り二枚なので頑張ってみようと思います。
 それで、今日血まみれな映画でばかりではいかん、と思い、茶栗鼠はコメディ三昧で行こうと思いました。




 で、「Mr.ビーン」です。
 この前、一回目の劇場作品を観ましたが、好きな作品でした。 



 それで今回の作品ですが、邦題どおり、大迷惑じゃないですか(__ __;) 
 軽犯罪ばっかり繰り返すビーンさんの映画となりました。(前回同様、器物損壊が多い) 

 001_20081206170629.jpg



 あらすじ。
 くじでヨーロッパ旅行をゲットした、ビーンさん。
 そしてヨーロッパへ行くと、案の定やらかします。

 もちろん、定刻に列車には乗れないわ、人のバッグに牡蠣忍ばせるわ、道端の自転車乗って壊すわ、親切な人のバイクを盗もうとするわ。 
 
 これがビーンじゃなかったら、ヤバイなぁという押収の数々です。


 
 列車の前で、貰ったカメラでなんかキメたかったビーンさんは、通りすがりの男性にカメラを持つように頼みますが、その人のコーヒーをぶちまけて、しかも怒っちゃいます。



 終いにはギリギリまで撮影させて、男性を置き去りにしちゃいます。
 でも車内には男性の息子が。
 なんかヤバイなぁって思ったのか、ビーンさんは子供に話しかけますが、 


 前回みたいに笑ってくれません。
 ・・・・・・・・・・・・・、まぁそれもそうですが。


 それからかなりドジをして、バッグと有り金とパスポート置き忘れします。


 それから彼らの旅が始まったのでした。


 感想。

 さてこの映画を観ていて、綿密に構成されているつもりなのでしょうが、あまり面白くありません。
 
 っていうか、長いかもです。
 こう、笑いのレベルがちょっと落ちたかナァ、って思っちゃいますし。


 005.jpg



 この後の展開が分かっちゃいますし。


 チケットを落とすのですが、
 
 これは強風で飛ぶだろぅな、

 
 と思ったら、20メートルほど飛んでいきました。

 いや、飛びすぎでしょう;;



 そんなこんなで、女優の方とドライブすることにして、子供と再会して、カンヌへ目指します。
 
 茶栗鼠は、これがもう少し面白くなかったら早送りで観ていたでしょう。
 
 
 でも、ここはやっぱMr.ビーン。
 このミス!の小説よりも最後に複線が繋がっていたんですヨ!「何日間の奇跡」の裏の解説への嫌味)
 
 
 最後あたりが面白かったです。 
 映画をぶち壊しにしておきながら、女優を喜ばせつつ、ハッピーエンド。
 
 あの屋上からビーチへのシーンは凄かったです。
 よく思いついたナァと感じました。

 アメリカの批評家たちが、これは失敗だな、と言っていました。
 どうなんでしょう。
 茶栗鼠は嫌いな映画ではありませんでした。
 でも、なんだかこう、異国へ行ってどうのこうのっていう設定からノリ気にはなれなかったのかも、です。
 
  61~9点。

 このバナーから、お願いしますです^^→bにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

ローワン・アトキンソンだぁ!

個人的にはもはや「懐かしいひと」に笑。
でも、TV(NHKだっけ?)で『Mrビーン』やってた頃は
クスクスして見てましたー。
(あのなんとも言えないギョロ目が・・・)

「コメディアンってやっぱすげぇなぁ」って思いますね!
スベったり引いたりもしますが、
尊敬できる人種です。

ローワン・アトキンソンって、
『ホット・ショット2』(懐っ!)にも出てましたね。
めちゃくちゃ喋ってましたけど笑。

炭酸さん、こんにちわ。

TVは面白かったです。
やっぱりあの頃は若かった。うん。
作り上げられてて、あと、今回はぬいぐるみの熊がでてこなかったのが気になります。彼は相棒じゃなかったんでしょうかなねぇ。
ローワンさん、「イングリッシュ~」と「ラットレース」っていうのに出演されてて、両方とも面白かったです。
でも、ビーンの続編作らないってるんで残念です。(まぁ、興行収入がよかったから、また作るかもですけど)
プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。