茶栗鼠の映画評論 REC

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

REC

あー。うー。

「善き人のためのソナタ」を、レンタルして観ています。

あれって、配給がアルバトロスなんですね。ついぞ意識しませんでした。

 「●REC」観たいです。
 でも、レンタルビデオ屋さん、1本しか入荷してません。へんてこりんな邦題がついて、苛々することなく、原題です。
 本当にびっくりしました。
 「ゾンビを間近でとる10の法則」
 とか、になるかと思ったんですけどネェ。(題名のところは冗談)

 っていうか、なに?
 スペインが嫌いなの?
 それともリメイク版の「QUENTIN」を大量入荷するわけですか?

 まぁ、皆知ってるでしょうけど、これですね↓

 

 

 あと、 「ビバリーヒルズ・チワワ」が大ヒットしている最中、ジョン・トラボルタが声優を勤める、犬の映画がでるそうです。

 
『BOLT』

まぁ、1pだけお願いしますにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

 猫可哀そう。
 それと、鼠みたいなの可愛い。

 映画犬のボルトは飼い主の少女が誘拐されたと、現実と空想を混同してしまう映画です。

 ディズニーお得意の分野じゃないでしょうか。
 
 
スポンサーサイト

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

ボルトは楽しみです。
猫キャラが可愛いっぽいのよね。
初めてティーザー観たとき萌え萌えしたですよ!

ハリウッド・リメイクが決まっちゃってるとなんかオリジナルが盛り上がらなくて残念ですね。スウェーデンのヴァンパイア映画、日本でも上映してほしいんだがー。どうなることやらです。

 こんにちはです。Pさん。
 返信が遅れてすいません。
 
 動物系は好きなんですが、『Dog and cat』あたりは、なんか可愛さを愛でるだけでストリーラインがなくて残念です。いいのは、「101匹ワンちゃん」ぐらいで、猫の活躍する場はないんですねぇ。
 やっぱり動物はディズニーに任せる以外ないのかな。
 あ、友達に、待ち受けの画面を見せた時、
「うわ!不吉!」 
 って言われました。
 
 猫が三匹並んでいる画像ですが、黒かったので不吉らしいです。アメリカでもそうなんでしょうか、観ませんネェ。黒い猫。

 
 ハリウッドでもう公開されてるんですけど、なんか「SAW5」に押されちゃってますネェ。ホラー映画でありがちな二週目で落ち込む感じでしたし。スウェーデン映画だったんですね。「○REC」。 ついぞ言葉でメキシコあたりかと;;

あ。違くてですね。
スウェーデンのヴァンパイア映画は"Let the right one in"という映画のことです。recでなくて。recたんは本文通り、スペイン産ですわな。
スウェーデンのほうのもハリウッド・リメイクが早々に決まってしまって、オリジナルの公開が危ぶまれておるのですよ。アメリカでも一部の都会で限定公開だったので、日本公開はなさそうな気配。せめてDVDで観たいものです。

ところで、うちの猫、黒猫なんですが、不吉ですかね・・・。
アニメじゃないけど、クリスティーナ・リッチ主演のニャンタッチャブルが面白かったですよ。猫活躍!三毛猫ホームズみたい。

こんばんわです。Pさん。
いやぁ、そうだったんですか。
いま、トレイラーを観て、いい感じの映画だなぁと思いました。

黒猫、可愛いですねぇ。小さい頃もいいですが、大きくなって時々懐かれるのが可愛いです。
あと、エドガー・アラン・ポーあたりの植え付けじゃないですか?黒猫は怖い説っていうのは。(多分違う)。黒猫が門等的なところに鎮座している写真なので、今度アップしておきますね^^
プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。