茶栗鼠の映画評論 REST STOP DEAD AHEAD

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

REST STOP DEAD AHEAD

 198786viewrsz90x.jpg


映画ミステリ特集! 
 ぱちぱち~。

 ね!
 それで、今日はどんなミステリというか、
 ミスショットかな?かな?

 今日の映画は『レスト・ストップ』です。
 では、そのミステリ映像を。

 kage.jpg

 もうこいつ死んだだろうと思われるほどの爆発、後の、ウジウジした女(主人公)。

 一秒後↓
 
 081128_1650~02
 
 これは指を食いちぎられて、左腕の手首周辺を切ってアクティブかつ(以下略)


 さぁ、もうミステリーは起こっている! (パクってません)


 
 それでは正解写真を観てみよう。

 ↓

 again.jpg

 でも後ろには

 
 vadfva.jpg
 誰もいない!

 
 これは難しいミステリーでしたねぇ。
 
 ただでさえ鑑賞している人は、疲れているのに。

 


 あらすじ。

 なんかありがちに、オラ達はラスベガスさいって成功するだ!  っていうような奴等が、カリフォルニアでキチガイたちに殺されてしまいます。
 カップルがほぼ家出でドライブして、彼女がトイレしたいからさぁ、休憩所寄ってよと、彼女がいいだし、もう野外ですればいいレベルのトイレで用をたします。
 
 で、彼氏が勿論いるわけないのです。
 まぁ、一ぽちしていただければ、協力していただければ、試験で更新できなかった分もできるんじゃないかと、思いますので、できれば、時間があれば・・・・・、押しちゃいなよ!(あくまでも軽くいきたい茶栗鼠)→
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

 彼氏がいなくなったニコールは、その後、なんやかんやします。
 もう、なんやかんやです。
 縷説すれば、
 キャンパー(キャンピングカー)があったので乗せてくれ!と頼みますが、何でか扉が開きません。
 理由は不明です。
 その後、トイレの用具箱みたいなところに、女性がいました。
 扉は開かず、なんか血を吐いて死んじゃいます。
 そして戻ってみると、消えていました。
 あからさまにもう止めてー!です。(「ひぐらし」は無駄を承知で観るつもりです)。
 
 そしたら、カレシの車が合ったんでぇ、乗っちゃいます。
 ラッキー☆ 
と思っていると、エンジンがかかりません。
 
 不思議そうにやっていると、横からトラック男がやってきます。
 トラックに乗って。
 ニコールはきゃーきゃー行ってますが、まったく説得力がありません。
 緊迫感もないです。
 逃げ出すのですが、ギリギリじゃないです。
 ヒョイっと逃げます。

 その後、怒鳴りつけますが、演技が下手です。
 
 その後、キャンパーが走ってたんで、無理やり乗ったら、
 奥さんがキチガイで、兄弟がキチガイで、父親はキチガイで、息子は奇形です。  
「私はカレシと思ったの」、といいます。
 そしたら元の場所に降ろされます。


 で、保安官事務所があります。
 その保安官事務所に保安官がやってきます。
 
 1970頃から、怪奇!謎のトラック男は活動しているらしいので保安官何やってんだって話になりますけど、まぁ仕方ないですよね。
 もう諦めてますから、安心しろ?
 
 
 それで保安官がニコールに向かって
「おいおい、安心しろよ」 
 とかいいます。
 それでね、トラック野朗にね保安官が質問するけど、
「いやぁ、迷ったっていうから逮捕できないヨォ」
 といって、ニコールを怒らせます。
 
なんか格好のいいこといってると、
 遠くから助走をつけて、ライトをつけたトラックに引かれちゃいます。
 横から思いっきりライトが照っていますが、軽くスルーしちゃいます。
 
 それで警察官を助ける為に、トイレに引きずります。
 そしてまたなんやかんや世間話としゃれ込みます。
「はは、俺は息子がいるんだ。俺のマネばっかりしやがって」
 
 そこらへんの触りは、もう飛ばしていいと思います。
 
 っていうか、なかなか死にません。
 足なんて粉々なのに。
 

 そしてトラック男がトイレに放火するので、
「俺を撃ち殺せ!」
 とデービット・モース張りです。(『ダンサー・イン・ザ・ダーク』より)
 

 撃ち殺すならいいですが、頭を一回撃っても死にません。 そして二発目で殺しますが、死体が消えます。
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、もーいーよー。
 
 そして命からがら、天窓から脱出し、間違えて彼氏を殺し、
 トラック野朗を焼き殺します。
 
 でも、
 そこからの、
 死なぁない。 
 意味分からなぁ~い。
 和製ホラーかぁ~い。
 
 
 冒頭の爆発に巻き込まれますが、ちゃっかり死にません。
  
 あからさまに釈然としないんで、そして苛苛苛々したので、酷評しておきました。
 
 エグイシーンは少ないです。
 拷問も面白くないです。
 キャンパー誰なんやよ。
 
 結果。
 意味分からない。
 日本のホラーみたいな終わり方。
 拷問微妙。
 奇形意味なし。

 すごいねぇ(ある意味)
 
 
 点数は、つけたくないですねぇ・・・・・。
 
 
スポンサーサイト

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。